« ☆さんりんしゃ☆ | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月19日 (水)

「つどいの広場 さんりんしゃ」でのボランティア活動について

「さんりんしゃ」で学生ボランティアが活動する場合の、活動内容、活動条件は以下のとおりです。

「つどいの広場 さんりんしゃ」でのボランティア活動

☆活動内容

・さんりんしゃには子どもたち(0~3歳)がお母さんといっしょにやってきます。子どもたちの楽しい遊び相手になることが、主な活動です。

・さんりんしゃは特にプログラムを組んでおらず、子どもたちも好きなときにやってきて好きなときに帰ります。いつ、誰が、どのくらいの人数やってくるのかは、わかりません。

☆活動条件

・乳幼児と関わる活動をしてみたいと思う大学生・高校生

・ただし、さんりんしゃの開所は平日火曜~金曜の10時から15時半のため、長期休暇を除けば、大学生が講義のない日に活動するのが一般的です。

・「週末活動」「スクール活動」と比べると、違う点がたくさんあります。

・子どもがこの世で最も信頼する「お母さん」も顔なじみの保育士もいる中で、少しずつ子どもたちと関係を作っていくことになります。

・ごはんを食べさせたり、オムツを換えるとかいったことはありません。ただ、「遊ぶ」活動です。もちろんお母さんや保育士からいろいろな話を聞くことはできます。

・子どもは好きなときに来て、好きな時に帰ります。いつ、誰が、どのくらいの人数来るかは、事前にわかりません。すごく子どもが多いときもあれば、2・3人のときもあります。

・プログラムを組んでいる場所ではないので、遊び方は子どもとボランティアの間で決まっていきます。

・一口に「遊ぶ」といっても、0歳児と3歳児では全く遊び方が違います。

・つまり、「支援者」というよりも純粋な「遊び相手」としての側面が強いため、ボランティア自身の目標設定が大切になる活動と思います。

・小さなお部屋ですし、1日あたりのボランティア数は2人ぐらいが限度と思います。

・申し訳ないのですが、交通費等の支給はありません。

|

« ☆さんりんしゃ☆ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。