« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月21日 (月)

☆障がい児レクリエーション☆

 第4回目の“障害児レクリエーション”の日程が決まりましたので、お知らせ&ボランティア募集開始のお知らせです☆
 
  『☆お楽しみ会☆』  
  日程:2008年2月17日(日)
  場所:かしのき苑
  参加対象: 精華町在住「障害児レクリエーション」
        
に登録している子ども
  
AM:幼児~小学3年生
    
(子どものみ参加)*きょうだい・保護者の付き添い可
 
 PM:小学3年生~高等部3年生
    
(子どものみ参加)*きょうだい・保護者の付き添い可

  時間:AM(10:15~12:30) 
      PM(13:30~16:00)
  内容:AM 体で遊ぼう・スノードーム作り
      PM チョコレート作り・プレゼントカード作り
  
  参加費:AM 500円(調理材料費など)
       PM 500円(調理材料費など)
  持ち物:AM 飲み物・タオル・はさみ・ペン・のりなど
       PM エプロン・飲み物・タオル・はさみ・ペン・のりなど
  
  申込期限:2008年1月31日(木)
      *登録されているご家庭には、後日案内が郵送されます*

  申込・活動内容問い合わせ NPO法人そら
                   (TEL:0774-93-3814)
                   (FAX:0774-93-3937)

  ♪.゜✢.ボランティアスタッフ募集.゜.✢♪
   
『お楽しみ会』を一緒に盛り上げてくれる
   学生ボランティアスタッフを募集します☆
   この活動を初めて知った!という学生さんも大歓迎です!
    ぜひ連絡をお待ちしています☆
    参加申し込み締め切り→2008年1月31日(木)
    ⇒締め切りました!
    申込連絡先  → nposora2003@yahoo.co.jp  
    

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

ボランティア活動推進フォーラム

 イベントの告知が少し続きますが、府の教育委員会主催でボランティア活動についてのフォーラムがありますので、ご案内しておきます。

『学び合い、支え合い』
ボランティア活動推進フォーラム
~地域の絆づくりにつながる
  ボランティア活動をめざして~

日時 平成20年2月2日(土) 13:00~16:20
会場 ガレリアかめおか(亀岡市余部町宝久保1番地1)
定員 200名
参加対象 関心のある方どなたでも

全体会 受付12:30~ 開会行事13:00~
13:10~ 基調講演「地域の絆づくりにつながる
                   ボランティア活動」
      講師:名賀亨さん
        (華頂短期大学社会福祉学科准教授)
13:50~ 実践発表「私たちのボランティア活動」
       ①府立園部高等学校普通科
              人間福祉コース生徒
       ②篠町子ども「心の教育」推進委員会
                        (亀岡市)
分科会
14:30~ テーマ別分科会「ひろがれ!ボランティア、
                  つなげよう地域の絆」
  ①「親のための応援塾」支援ボランティア
     (「親のための応援塾」実施小学校
                   PTA実践報告)
  ②子どもの体験活動支援ボランティア
     (長岡京市女性の会実践報告)
  ③「ふくし」ボランティア
     (府立洛水高校実践報告)
  ④安全ボランティア
     (京都学園大学
       防犯パトロール隊実践報告)
  ⑤読書ボランティア
     (府立網野高校実践報告)
  ⑥環境保全ボランティア
     (府立北稜高校実践報告)
全体会
16:00~ 総括講演(分科会講評) 名賀亨さん

申し込み 参加申込書に必要事項を記入の上、
       FAXで。送付先:075-414-5883
       申込書はそらの事務所にもあります。
問い合わせ 京都府教育庁社会教育課
         (075-414-5883)

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

地域力再生フォーラム

 お世話になっている京都府山城広域振興局が、山城地域ではじめて「地域力再生フォーラム」を実施するとのことですので、ご案内しておきます。

やましろ発 地域力再生フォーラム
「地域・NPO・大学・行政の協働・交流を考える」

 日時 平成20年1月19日(土) 10:00~11:30
                  (分科会は12:00~)
 会場 フォーラム会場:ゆめりあ うじ
      (JR宇治駅前市民交流プラザ4F 会議室1)
     分科会・交流会場:協働ラボ・うじ
      (立命館大学大学院政策科学研究科
                                          地域研究交流拠点)
         京都文教大学「サテライトキャンパス」

 内容 第一部 パネルディスカッション
     第二部 分科会・交流会

 詳細は、以下をご覧ください。
http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/ki-kikaku/saiseiforum.html

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

☆さんりんしゃ☆

 2008年のつどいの広場“さんりんしゃ”は、明日より開所します☆
 昨年は、学生ボランティアが遊びに来てくれたり、クリスマス会を行うなど、新しい取組を行いました。本年も楽しく、居心地の良い“さんりんしゃ”作りを行っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
 ☆お知らせ☆
 2007年12月12日(水)に行った“わくわくクリスマス会”の写真販売を開始しました☆
 さんりんしゃにある申込用紙に必要事項を記入の上、保育士までお渡しください。
 申込期限は2008年1月31日(木)です。*お渡しは、2008年2月19日(火)以降です*
 お子様の可愛らしい笑顔をぜひご覧ください♪

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年は、4月から常勤職員が3名となり、学生スタッフも新しい顔が増えて、法人としての活動の幅が少し広がった1年であったように思います。さんりんしゃは週4日開設となり、連日にぎわっています。障害をもつ子どもたちに関連する活動も参加人数・利用人数が増え続けて、人口増加率日本一の精華町らしさを実感するばかりでした。

 「そら」は、精華町という地域にこだわりを持って、支援を行っています。他地域のお住まいの方からすればきっと不満もあるでしょうが、ひとりひとりの子どもを大切にしたいと思えば、人口35000人のエリアでさえも広く感じられます。

 「少子高齢化対策」という言葉はなじみ深いものになりました。子育てがしやすい環境が必要だという認識は、どうやら広まっているようです。ただ、人口の減少を抑えるために「子どもが増えなければ困るから」という理由で進められる「対策」が、子どもにとって本当に良いものになるのかどうか。大いに疑わしいと思っています。未来ある子どもたちにどんな大人になってほしいのか、どんな生き方をしてほしいのか、どんな社会を作ってほしいのか、のビジョンはほとんど語られることがありません。

 マスメディアが伝える「子ども」の問題は、学力が下がったとか、体力が無くなったとか、そんな話ばかりです。「資源がない国では国際競争力をもった『人材』を育てなければいけない」など、経済・社会の側から期待される人間像が語られ続けています。一方で、その期待に応えられない者の幸せについては、いったい誰が考えているのでしょうか。また、その期待に応えられることで、本当に私たちは幸せになれるのでしょうか。

 その結果として追い詰められ、子どもにも大人にも生きづらさを抱えた人がたくさんいます。障害をもつ人々も多くがここに含まれます。人よりも何かが「できる」ことはたしかに幸せなことですが、「できない」ことを不幸にしないために、私たちはどうすればよいのか。

 子どもたちが自信をもって生きていく力をつけることが必要です。そして、未来の人生に希望をもてる社会であることが必要です。そのためには、子どもたちひとりひとりが、管理される集団の一員としてではなく、ひとつの人格として大切にされているという確信を持てるように大人たちは努力しなければならないでしょう。

 「そら」はそのために尽力しているつもりですが、この大きな目標は、小さなNPOの力だけで達成できるものではありません。行政の力、NPOの力、企業の力、家族の力、地域住民の力。すべてが集まって、はじめて実現可能となります。

 日本中に誇ることのできる子育て支援の「精華モデル」を構築できるように、さまざまな立場の人と結びつきを深めながら、新年もがんばっていきたいと思います。どうぞ皆様の力を貸して下さい。

NPO法人そら 理事長
地主 明広

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »