« ハロウィン企画 | トップページ | 10月の「おにいさん・おねえさんと遊ぼう」(さんりんしゃ) »

2008年9月30日 (火)

「ふれあいのつどい」終わりました。

 昨日は「精華町障害児者ふれあいのつどい」でした。
 活動報告を書こうと思ったのですが、イベント自体の概要は京都新聞に掲載されたので、リンクを貼っておきます(ただ、新聞社の記事はすぐに消えてしまうことも多いので、下に引用もしておきます)。掲載されている写真もそらの学生スタッフと子ども。ぴったりです。

京都新聞9月29日記事

運動会やゲームで400人交流 
精華で障害者らのつどい(京都新聞)

 精華町障害児者ふれあいのつどい(同実行委主催)が28日、京都府同町下狛の「むくのきセンター」で開かれた。障害者ら約400人が参加し、運動会や音楽演奏などで交流した。

 ゲームや音楽を一緒に楽しみ、障害者や福祉に対する理解を深めてもらおうと、同町社会福祉協議会や作業所などでつくる実行委員会が毎年開催している。

 会場では、高校生や大学生などの学生ボランティアや民生児童委員らと障害者が協力しながら、釣りゲームやうちわ作りなどの工作を楽しんだ。

 午後からは、京田辺市を中心に活動するブラスバンド「大住シンフォニックバンド」によるコンサートも行われた。参加者は音楽に合わせて体を動かすなど、会場は盛り上がりを見せた。

 「大学生などの学生ボランティア」は、ほぼ100%が「そら」のスタッフのはずです。昨日は15人ぐらいの参加で、養護学校の子どもたちとペアを組んで活動しました。むくのきセンターのアリーナはとても広いので、子どもたちにとっては自由に走り回れて開放的な場所です。

 他にも、幼児から卒業生まで元気な姿をたくさん見ることができて、なかなかいいイベントでした。実行委員の皆さんも参加された皆さんもおつかれさまでした。

|

« ハロウィン企画 | トップページ | 10月の「おにいさん・おねえさんと遊ぼう」(さんりんしゃ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。