« 今年も終わりです。 | トップページ | ウィンタースクール終わりました。 »

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます。

 2003年に生まれた「そら」は、今年の5月で6歳となります。小学校入学を控えた「年長さん」です。

 子どもであれば、日常の遊びの中で学ぶことから、はっきりした形をした教育の場へと移っていく準備期間ということになります。「そら」は、子どもたちの支援をする組織として、何をどんなふうに学べてきたのでしょうか。

 子育て支援の必要性は叫ばれ続けてきました。それに伴って、さまざまな支援制度が生まれたのは、長らく子育ての支援に関わってこられた人々が声をあげてきた結果なのだろうと思います。私たちは、その結果をもって、世の中にはこんな支援が必要なのだと実感することもできます。「さんりんしゃ」は連日たくさんの親子で賑わっていますし、ガイドヘルプはたくさんの障害をもつ子どもの放課後を支えられています。

 しかし、私たちは「形」を維持することに専心するのではなく、本当に必要とされるものを絶えず生み出していけるように、ひとりひとりの子どもたちの生活を眺め続けなければなりません。その意味では、この5年半ほどの間にこれから作っていかなければならないものはずいぶん見えてきたように思います。

 いつの時代でも、「制度」は多数派から順番に手を差し伸べます。少数派は、あれやこれやと理由をつけられて、後回しにされます。いつかは多くの注目が集まって、形が整えられていくのかもしれません。それでも、子どもたちと家族にとっての「今」は、待ったなしです。99%の子どもたちや家族が社会に支えられていたとしても、何の支援も得られない1%がいるとすれば、その人々にとって目の前の世界はどれほど絶望的で見通しのもてないものでしょうか。

 「そら」の真価が問われるのは、これからです。誰かの生活を支えていくのに必要なものはたくさんありますが、その中でも一番に重要なものは「人」であると、私たちは信じて疑いません。ひとりでも多くの人に、志を共有していただき、子どもたちのためにそれぞれの立場からできる支援にご協力を願えればと思います。

 本年も「そら」と、この世界に生きる全ての子どもたちをどうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人そら
理事長 地主明広

(追記)
 本年も様々な方々から年賀状を多数いただいておりますが、経費節約のため、失礼ながら利用者の皆さまおよび現役スタッフへの年賀状は控えさせていただいております。何とぞご了承くださいませ。

P10101952_2

少数の関係機関等にのみ、こんな年賀状をお送りしています。ハガキをデジカメで撮影したため、ちょっと見えにくいかもしれませんが・・・。

|

« 今年も終わりです。 | トップページ | ウィンタースクール終わりました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。