« 土だるま増殖中。 | トップページ | スプリングスクール2009開校! »

2009年3月16日 (月)

卒業シーズンです。

 昨日3月15日は「卒業生を送る会」を行いました。

 すでに養護学校は卒業式を終えています。精華町在住で高等部を卒業したのは3名。4月からは社会に出て、それぞれの形で仕事をしていくことになります。

 この国の大学・短大への進学率は5割を超えています。そんな中で養護学校生は多くが18歳から本格的に働かなければなりません。厳しい話だと思います。「そら」では通所施設などを運営していないので、養護学校を卒業するとどうしても関わりが薄くなってしまいがちです。それでも自分たちの力の及ぶかぎりでこれからも生活の一助となれればと思っています。

 また、「卒業」は私たちが何をやってこられたか、を見つめ直す大事な機会でもあります。一生の中で「子ども」とされる期間は短いものですが、その後の人生を左右するぐらいに大事な経験を積み重ねていく期間でもあります。そんな大事な時期に私たちは十分な支援をしてこられてのかどうか。しっかりと反省して、これからの支援へとつなげていきたいと思います。

 今日のイベントの参加者は子ども24名(うちきょうだい6名)、保護者20名、学生スタッフ24名、学校教員7名、職員3名でした。合計78名。個と個の結びつきが弱まる一方の地域の中で、これだけの関係者が卒業を祝うために集まれるというのは、精華町が築き上げてきた財産なのではないでしょうか。同じ精華町に住まうものとしての結びつきを、これからも大事にしていきたいものです。

P3140031_2 こんな感じで、交流広間がいっぱいでした。

P3140058_3 大学4回生のスタッフも「学生スタッフ」としては卒業です。ひとつの区切りとして「ありがとう。長年おつかれさまでした」。でも、「そら」からの卒業はありません。きっと社会人になってからも休日などに来てくれると期待しています。

|

« 土だるま増殖中。 | トップページ | スプリングスクール2009開校! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。