« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ウェルサンピア京都にて

昨日8月30日は今年度第2回目のレクリエーション事業「プールで遊ぼう!」でした。

学齢の子どもにとっては、おそらく夏休み最後のプール。お天気を心配しましたが、プール日和になりました。ブログ更新担当者は他の仕事で行っていないため、写真中心でご報告します。

P8300256

ウェルサンピア京都レジャープール。夏期のみの営業です。車で行くのが便利ですが、新田辺や三山木からバスに乗っても行けます。精華町から行っている子どもは多いはず。

P8300277

昨年は8月の上旬に来ましたが、暑さのピークを過ぎたためか、今年の方が人は少なかったようです。

P8300261

午前は幼児~小3まで。きょうだいも含めて、子ども11人。初参加の子もいました(写真の掲載許可をもらい損ねてしまったので載せられませんが、とってもかわいかったです・・・)。

P8300008

日々の生活でいろいろなことを不安に感じる半面、スライダーとか絶叫系とかは大丈夫な子がたくさんいます。不思議なものです。

P8300032

こちらはカーブの多いタイプ。

P8300276_2

P8300266

P8300272

みんないい顔しています。

P8300282

低学年組の活動が終了。スタッフは午後に備えます。

そして、午後。小学4年生以上です。こちらは参加7名。

P8300293

P8300035

P8300289_2

P8300034

こちらもみんな最後のレジャープールを満喫しました。

明日からみんな2学期のはじまりです。今のところインフルエンザ感染の情報は入っていませんが、油断は禁物です。手洗いうがいを心がけましょう(多くの子どもたちにはこれがとても難しいわけですが・・・)。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

南区なつまつり

「そら」の法人事務所は精華町の祝園榊ヶ坪、「子どもスペースわけわけ」は祝園杉本というところにあり、このあたりは「南区」と総称されます。「わけわけ」の開設にあたり、南区の皆さまには大変お世話になりました。今も子どもたちのことを温かく見守っていただいています。

8月23日、その南区のなつまつりがありました。「そら」として、少しでも地域のお役に立てるようにと、スタッフが祭りのお手伝いさせていただきました。

P8230028

地元の子どもたちが写っている写真は載せていいのかどうかわからないので、スタッフ中心の写真ばかりになりますが。

P8230033

P8230035

P8230038

地元地域の支えがなければ、放課後の子どもたちの居場所を運営していくことはできません。子どもたちに限らず、障害をもつ人々が地域で生活していくには、身近に暮らす多くの人々の理解や支援が不可欠です。これからも南区や精華町のためにできることを私たちなりにやっていきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

サマースクール12日目(最終日)

今日はサマースクール12日目。夏休みはあと少し続きますが、サマースクールとしては今日が最終日でした。

かしのき苑にて、「夏祭り」をしました。親子参加ということもあって参加人数はこの夏で最多。ラストにふさわしく、にぎやかな活動となりました。

開始を15時過ぎからと、いつもより遅めに設定して、まずは縁日風ゲーム。スタンプラリーをしながら、簡単なゲームをして各部屋をまわります。今日はお母さんたちも縁日スタッフです。

P8270257_2

輪投げとか、

P8270256

射的とか、

P8270277

ゴルフとか、

P8270276

モグラ叩きとか、

P8270010

ヨーヨー釣りとか、スーパーボールすくいとか、

P8270302

魚釣りとか、

P8270270

工作で風車を作ったりとか、

P8270315

こんな不思議な部屋とか(わかりにくいけれど、ミラーボールとかがまわっていたりします)、順番にまわりました。

P8270317

そして、夕食。1枚の写真では全体がおさまりません・・・。

P8270026

ちなみに、とってもおいしいハンバーグ弁当でした。

P8270325

その後、綿菓子やかき氷を食べて、

P8270052

隣の相楽作業所の駐車場をお借りして、花火大会です(作業所内で職員研修中にも関わらず、使用を許可していただいた相楽福祉会さま、ありがとうございました)。

P8270330_2

毎年のことなのですが、ろうそくにつけた火が風でどんどん消えます。花火から花火へと火を移していくのはよくある手ですが、少し危ないので、あまりしたくありません。どなたかいい方法を知っていたら教えてください。

P8270087

終盤は筒型花火で盛大に。矢継ぎ早に火をつけていき、例年以上に盛り上がりました。

P8270333

最後は恒例の集合写真です。今日は最終日にふさわしく、子ども・保護者・スタッフそれぞれの持ち味が発揮された「精華町サマースクール」らしい活動になっていたように思います。

今日は精華町の太田教育長も見学に来て下さっていました。後援や事業委託等をいただいている精華町行政や関係団体の皆さま、さまざまな形でのご支援を賜りましたことに厚く御礼申しあげます。

活動について助言をいただいたり、毎回の活動に1~2名ほど当番として協力いただいたり、親子参加の活動時はばりばりと仕事をしていただいたお母さんたちにも、お礼を言いたいです。ありがとうございました。今の時代にこんな良い形で活動ができているのは、京都府広しと言えども精華町だけではないかと感じています。今後も家族と支援者の二人三脚で子どもたちのより良い生活を考えていけたらと思います。

そして、今夏も大事な大事な夏休みの時間を子どもたちのために使ってくれた、80余名の大学生・高校生ボランティアスタッフへ。職員もボランティアも「そらスタッフ」としては同じ立場なのだから、一方的にお礼を言うのは少し変で、お互いに「おつかれさま」と言うべきなんじゃないだろうか、といつも思っったりするのですが、それでもやはり他にもやらなきゃならないことがたくさんある中で力を注いでくれていることに、本当に本当に感謝せずにはいられません。

みんなのおかげで夏休みの間、精華町の子どもたちは「家でテレビを見っぱなし」とか「何もすることのない福祉サービスに預けられっぱなし」にならずに過ごせています。これだけのプログラムが絶えず向上しながら運営できているのは、新鮮な気持ちを忘れることなく、みんなが若い情熱と力を注いでくれるからに他なりません。心から、ありがとうございました。そして、これからも子どもたちの活動に力を貸して下さい。まだまだ上を目指して、がんばっていきたいです。よろしくお願いします。

「そら」の集団活動としてはまだ30日のレクリエーションを残していますが、ひとまずサマースクールは無事故で終了しました。今日も病欠は出ています。子どもたちには、みんな元気に2学期を迎えてほしいと思います。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

サマースクール11日目(キャンプ)

24日午後から25日のお昼まで、アクトパル宇治で「サマーキャンプ」をしてきました! サマースクールの11日目です。

現地からも携帯でちょっとだけブログを更新してみましたが、いよいよ本格的に2日間の日程の全貌をお伝えします。盛りだくさんだったので、いつもよりも縦に長い記事になりそうです。

P8240003

開設10周年を迎えたアクトパル宇治。「そら」の活動では、すでに何度か利用させていただいています。とっても使いやすくて、ありがたいです。

P8250097

唯一の悩みの種であった「携帯圏外」の問題もFOMAのみ解消されていました。施設が広いので、これは助かります。

P8240004

ひろびろとしたロビーで、スタートです。リーダーは平田さん(同志社女子大3)、サブリーダーは伊藤くん(同志社大3)。大役です。

P8240005

アクトパルにはこんな小川があり、水遊びが楽しめます。子どもたちがたくさんいました。

P8240021_2

葉っぱを流してみたり、水の流れを楽しんだり、過ごし方は人それぞれ。小さな魚やカニなどもいたみたいです。暑すぎない日で、水は少し冷たいくらいでした。

P8240030

もうちょっとハードな運動を好む子は、アスレチックへ。

P8240039_2

長い長いローラーすべり台。お尻が痛いです・・・。

P8240258

子どもたちがそんなふうに遊んでいる間に、フリーのスタッフとお母さんたちは炊事棟でバーベキューの準備をします。炭で火をおこすのは、けっこう時間がかかります。

P8240254_2

手際よくできあがっていく大量の焼きそば。

P8240262

焼きおにぎりをお手伝い。

P8240280

もちろん肉や野菜も。おかずの持ち込みも自由です。特定のものしか食べられない子もいますが、雰囲気だけでも楽しめたらそれでオッケーです。

お腹がふくれる頃には、あたりも暗くなって、

P8240052

キャンプファイアー開始! 火の神が現われています。

P8240302

子どもたちのキャンドルに火を灯してから、

P8240064

点火! 激しく燃え盛ります。

P8240321

火を囲んで、歌ったり踊ったり楽しめました。炊事棟とキャンプファイアー場の場所が近いのも、動きやすくてよかったです。キャンプファイアーが終わる頃には、完全にあたりは真っ暗になっていました。

P8240333 

「泊まるのはまだ難しいけど、バーベキューなどは楽しめる」という子も多いので、ふたつのコースに分けています。日帰りの子どもたちは、ここで終わりの会をして帰宅しました。

宿泊する子どもたちは、この後、大浴場へ。消灯は9時半。朝までぐっすりの子、お腹がすいて眠れない子、夜中に目が覚めてしまう子など、いろいろでした。

P8240335

そして、子どもたちが寝静まってから、スタッフは深夜の反省会です。みんな夜更かしには慣れています。

P8250340

翌朝、子どもたちは7時起床。6時頃には目が覚めている子がたくさんいました。食堂でおいしい朝食をいただきます。

P8250085_2

食後、部屋を片づけてから、みんなでシールラリー(スタンプラリーのシール版)に出発。チェックポイントをまわります。

P8250345

チェックポイントでは、記念撮影もしてみました。

Dvc00017

精華を出発する前に地元の自治会長さんからスイカをいただいたので、シールラリー後においしくいただきました。ありがとうございました!

P8250090

そんなこんなで写真をたくさん撮りすぎて、掲載しきれないほどの2日間でした。きっとみんな今夜はよく眠れるんじゃないでしょうか。親子参加の活動ということで、お母さんたちにもたくさんいろいろなことを頼んでしまいました。どうぞお疲れのでませんように・・・。年に1回のキャンプですが、誰ひとりケガも病気もなく、無事に活動を終えることができて、本当によかったです。

いよいよ次回はサマースクール12日目。夏祭りで締めくくります。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

アクトパル宇治にて

アクトパル宇治にて
先月からドコモ携帯がつながるようになっていたアクトパルにて、キャンブ中です。せっかくなんで試しに携帯から更新してみます。

現在22時30分。バーベキューもキャンプファイアーも終わり、日帰りの子たちは帰宅しました。宿泊する子たちもほとんどが就寝しています。さすがに高学年の子はまだまだ眠りませんね…。1年生は風呂をあがるとすぐにばったり寝てしまいました。

明日も安全に快適にプログラムを進めていきたいと思います。また詳細は報告しますのでお楽しみに!

写真はキャンプファイアーですが、たぶん表示が横向きです。ごめんなさい…。

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

サマースクール10日目

今日は精華町サマースクールの10日目。むくのきセンターにて工作&調理のプログラムでした。子どもたちにとってはやることがはっきりして、活動しやすいプログラムのためか、参加が上限いっぱいの20名と大規模な活動になりました。

目がまわるほどあわただしかった一日の様子は以下で。

P8210026

今日は朝から木村要精華町長が来て下さいました。子どもたちのことをいつも気にかけてくださっています。ありがとうございます。

P8210034_2

午前の工作は風鈴&ヨーヨーづくり。風鈴はペットボトル製ですが、吊るすとけっこうさまになっています。鈴をつけているので、音色もよいです。

P8210036_2

風鈴。力作の数々。

P8210096

こちらはヨーヨー。ガチャポンの容器にビーズを入れ、マーブル模様にした紙粘土を貼りつけています。

昼食をはさんで、午後は2班に分かれます。「調理→手遊び」班と「手遊び→調理」班。どうして分かれるのかと言えば、子どもの数が多すぎていっぺんには調理を進められないからです。

P8210278

メニューは白玉フルーツポンチづくり。スイーツづくりに励む野郎ども。調理はばたばたしていて、あまり写真が残ってません・・・。

P8210252

完成品の写真すら取りそこねて、残ったやつを事務所で撮影。白玉だけ食べない子どももいました。白玉しか食べない子どももいました。オレンジジュースで作った寒天入りです。

P8210103_2

たわむれるふたり(その1)。

P8210101_2

たわむれるふたり(その2)。

P8210092

たわむれてはいないけれど、楽しそうなふたり。

P8210083_2

リーダーは中川さん(同志社大4)、サブリーダーは長尾くん(同志社大2)でした。膨大な事前準備をこなし、今日も走りまわりました。参加人数の多い日の取りまとめは本当に大変なのです。調理活動があると、なおさらです。おつかれさまでした。

サマースクールもあと2回となりましたが、まだキャンプと夏祭りが残っています。最後までスタッフ一同、気を抜かずにがんばります。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

京都テルサにて

今日は京都府主催(京都府社協実施)の「相談支援従事者初任者研修」の1日目。代表を含む職員2名が参加しました。

 Dvc00066

目の前の業務に追われ、なかなか研修機会を確保するのは難しいのですが、知識や技術を高めていくのはもちろんのこと、この先さまざまな支援を行なっていくためにも受講しておくことが必要な研修です。3日コースなので、9月にかけて、あと2回あります。

今日は自立支援法や個別支援計画について、みっちり講義を受けました。選挙を間近に控えて、障害福祉施策の行方はひどく流動的になっています。しかし、たとえどんな政局になったとしても、子どもたちや家族にとって必要なもの大切なものが変わるわけではありません。振り回されないように足場を固めていきたいと思います。

余談ですが、今日の午後の講義を受け持たれた谷口明広さんと、そら代表はおよそ10年ぶりの再会でした(ちなみに名前が漢字までいっしょです)。彼は、おそらく日本一の話術をもった車イスの大学教授です。5時間の講義にも関わらず、まったく飽きさせませんでした。見習いたいものです・・・。

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

サマースクール9日目

お盆が明け、精華町サマースクールは9日目。いよいよ終盤に入ります。

今日の活動場所は南山城養護学校。内容はうどん作りと水遊びでした。お盆前の餃子づくりも大変でしたが、うどんも簡単にはできないのです。スーパーならば1袋数十円で売っているうどん玉のありがたみがわかる活動になりました。

Dvc00047

今日のリーダーは小澤さん(同志社大3)、サブリーダーは柚木さん(滋賀大1)。子どもの参加は14名でした。

P8170049_2

小麦粉に水を混ぜて、こねます。ねとねとした感触が苦手な子も多いので、フリーザーパックを活用。

P8170061

こねた生地は寝かせないといけないので、その間は別室で大型絵本の読み聞かせや手遊びなどします。

Dvc00057_2

そして、足で踏んでコシを出していきます。これはちょっと面白い。

P8170252

次に麺棒でのばします。小さな子にとっては、力が要ります。

P8170073

伸ばした生地を切るのが、また一苦労です。製麺機を使ったり、ナイフを使ったり、子どもによって使う器具を変えていきます。

P8170267

できあがったうどんと、今日の手順表。うどんの出来も人それぞれです。細麺から「すいとん」のようなものまでありました。何分ゆがいても、芯が無くならなかったり・・・。

P8170263

ふだん食べているうどんとはずいぶん違うので、食べない子も出てしまいます。子どもが自分の力で作ることと、美味しく作るのを両立させるのは、なかなか難しいです。

P8170276

午後は、水遊び。今日は暑くて、理想的な気候でしたね。

P8170284

水の中に入ると、みんな表情がほぐれます。

P8170306

目線はあっちでも、ちゃんと指はVサイン。

P8170316

調理活動も水遊びもスタッフのエネルギーを大きく消耗させますが、子どもたちの笑顔でまたみんな元気になれます。次回は、8月21日にむくのきセンター。風鈴と冷たいデザートづくりの夏らしいプログラムです。

| | コメント (2)

2009年8月16日 (日)

新聞記事になりました!

8月15日付の京都新聞に、先日のサマースクールの様子が掲載されました!

新聞をとっていない人も、他の○○新聞を購読してしまっている人も、京都新聞のサイトで読めます→こちら

新聞社のサイトの記事は時間が立つと消えてしまうことがあるので、本文のみ以下にコピペしておきます。

親子でカレーづくり楽しむ
精華・障害児ら「サマースクール」

 京都府精華町内の障害児らの「サマースクール」が14日、同町南稲八妻の町地域福祉センターかしのき苑で開かれ、父母らと一緒にカレーづくりを楽しんだ。

 同町養護学校生親の会が主催し、町内のNPO法人(特定非営利活動法人)「そら」が運営に協力した。

 約20人の親子が参加。「そら」の学生ボランティアが作った写真付きのレシピを手本に、カレーを作った。「息子と料理をするのは初めて」という父親もいた。子どもを手助けしながらジャガイモやニンジンなど野菜を切り、カレールーと一緒に煮込んで、昼食として味わった。

 食後には、苑内でミニ運動会もあり、玉入れや台車引き競走などを楽しんだ。

小さな記事ですが、やっぱりうれしいですね。リンク先の写真もとてもいいのを使ってもらえています。昨日の活動はやっぱり「パパ」に注目してほしかったので。

取材してくださったのは、京都新聞の吉岡記者でした。ありがとうございました。ちなみに取材のきっかけは、木村町長が定例の記者会見で、サマースクールのことを紹介してくださったからだそうです。ありがたいことです。

ちなみにこの活動の様子は、当サイトでも既に紹介していますので、未見の方はご覧ください。企画の意図も細かく説明していますし、お父さんたちの勇姿もたくさん見られます→こちら

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

サマースクール8日目

今日はサマースクール8日目。お盆だからこその企画を組んでみました。

それは「お父さん」の参加できるプログラムです。

お母さんと比べれば子どもと接する時間が短く、平日は仕事で忙しく、週末は家でゆっくりしたいはずのお父さん。長めの休みがとれるお盆こそ、子どもたちといっしょに活動に来てほしい!と思いました。「そら」が法人化するよりも以前には企画したことがあるのですが、およそ9年ぶりの実現です。

P8140052_2

「親子参加(お父さんの参加推奨)」で募集をしたところ、参加が9家族。そのうち5家族でお父さんが参加してくれました。親子参加の活動でも、いつもならば学生スタッフをつけます。しかし、今日はあえてつけませんでした。お父さんに子どもとコミュニケーションをとってほしかったので。

P8140054

午前中は「カレーづくり」。ふだん食事をつくることのないお父さんでもカレーならばなんとかなります。子どもの手をとって野菜を切る姿がたくさん見られました。

P8140063

活動後の総括では、「学生スタッフよりも、お父さんのほうがしっかり子どもに調理をさせようとする」という話が出てました。そして、いつもより子どもたちは落ち着いて調理に集中できているようにも見えました。お父さんといっしょだと、「ちゃんとやらなければ」と思いやすいのでしょうか。

P8140082_2

基本は「親子参加」なので、もちろんお母さんが参加のところもあります。カレーなんてお手のもの。

P8140100

休憩時間になぜか血圧測定。ついつい腕を入れてみたくなる気持ちは、大人でもわかりますよね。

P8140263

午後は「体を動かそう」ということで、親子運動会。

P8140307

「アブラハムの子」。照れずにいっしょに踊ってくれるお父さんたちはかっこいいです。

P8140289

他にも、手遊びや・・・

P8140300

これは巨大な「なべなべそこぬけ」。「なーべなーべそーこぬけー。そーこがぬけたら・・・」

P8140301_2

「かえりましょー♪」

P8140302

できた!

P8140313

午前中にカレーと並行して、ゼリーを作ってました。体を動かした後のおやつにぴったり。

P8140317

せっかくの親子参加なので、チェキ(インスタントカメラ)で親子を撮影して、こんなおみやげを用意してみました。

P8140320

みんなに贈呈して、今日の活動は終了です。複数のお母さんから「またやってほしい」という意見もいただけたので、また企画できるといいですね。今日のリーダーは沖原さん(同志社大4)と川本さん(同志社女子大3)、前記した理由からスタッフは少なめの15名でした。

ちなみに今日は京都新聞の記者さんが取材に来て下さいました。はたして記事になるのでしょうか?

| | コメント (2)

2009年8月12日 (水)

サマースクール7日目

今日は精華町サマースクールの7日目。後半戦突入です。

午前中は餃子&焼きそばづくりで、午後は水遊びのプログラム。17日に予定している活動とどちらかを選択してもらったので、子どもの参加人数は14人と少なめでしたが、それでも調理は事前にかなりのドタバタが予測されていました。はたしてどうなったかは、以下でどうぞ。

P8120106_2

今日の会場は南山城養護学校。リーダーは畑口さん(同志社大2)、サブリーダーは木村さん(佛教大1)。連日、遅くまで事務所に残って、準備をしてくれていました。

P8120259

調理開始! いつものごとく手順表をみながら進めていきます。作り慣れていないものは見通しがもちにくいので、いつも以上に事前準備が大切です。

P8120055

ミンチ肉をこねる感覚が苦手な子が多いので、フリーザーパックに入れてもんでいます。やぶれにくいし、重宝します。

P8120069

包むのに、ぎょうざの型を使う子もいました。専用の道具に皮と具を乗せて、ふたつに折りたたんでいきます。真剣なまなざし。

P8120079

手作りなので形もいろいろですが、自分で作ったという達成感があれば、それで十分ですよね。

P8120075

餃子と焼きそばを両方作るのは大変なので、焼きそばだけ作って、餃子は他の子が焼いたのをもらう子もいます。活動の中での小さな支え合いです。

P8120061

彼は調理の傍らでとても面白いものを見つけてしまったようです。

P8120084

できあがった焼きそば&餃子の一例。いい焼き色がついて、なかなか美味しそう。全体に薄味でしたが、みんなよく食べてました。そらがNPO化するよりも昔、子どもたちと餃子づくりをしたものの作業が大変すぎてうまくいかず、活動を手伝ってくれた親御さんからとても不評だったことがありました。今や、それに焼きそばをつけてもちゃんとできます。成長の証しです。

P8120088

午後は中庭で水遊び! 大きなプールもいいですが、こういうのも子どもたちには大好評で、水のかけあいなどして盛り上がります。

P8120294

スタッフもいっしょにずぶぬれになって遊べました。ぐずぐずした天気が続く中で、いいお天気になって本当によかったです。子どもたちのきょうだいもすごく楽しそうで、スタッフのよき「おにいちゃん・おねえちゃん」っぷりが発揮されていたと思います。今日の学生スタッフは22名。活動回数を重ねた高校生の動きがすごくよくなってきて、今後がますます楽しみです。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

サマースクール6日目

 お盆に突入して、夏休みは折り返し地点。精華町サマースクールも今日で前半の6回を終了しました。

 今日のプログラムは外出で、目的地は奈良にある「浄化センター公園ファミリープール」。前日から天気予報は雨で、はずれることを祈っていましたが、やっぱり朝から雨でした。決行するかどうかで非常に悩んだのですが、「どうせ濡れるんだし」ということで行ってきました。

 結果的には、「決行してよかった」内容になりました。報告は以下で。

P8100250

ファミリープールは近鉄「ファミリー公園前」駅で降りて、徒歩5分ぐらいのところにあります。プール入場前に写真撮影。雨のために中止と勘違いした家庭が多く(中止の場合は8時に連絡すると予告してあったのですが…)、予定より子どもの数が5名も減ってしまい、10名でした。スタッフは学生ボランティア18名、職員3名、養護学校教員2名。リーダーは小林さん(同志社女子大3)、サブリーダーは福島さん(同志社大4)。

P8100065

予想通り、雨天のためガラガラ。写っているのは、すべてサマースクールの参加者のみ。まるで貸し切りのようでした。

P8100063

角度を変えてみても、やっぱり他のお客さんはひとりも写っていません。

P8100118

大型スライダーもほとんど並ばずにすべり放題。

P8100115

おかげで、子どもが勇気を出して滑るのを係員さんにゆっくり待ってもらえます。他のお客さんに気をつかったら、なかなかこんなふうにはいきません。

P8100268_2

造波プールとか、子ども用の浅いプールとかもゆったりと楽しめました。

P8100085

昼食。雨のためか、売店はひとつしか開いてませんでした。そのため、お目当てだったポテトを食べられなかった子がいました。ざんねん。

P8100103

みんな最後まで元気で、「雨だから寒い」とか子どもには関係ないということがよくわかった活動でした。とはいえ、途中で雷の音がして休憩時間が延長されたり、スライダーが閉鎖になったりもしたので、決行はぎりぎりのところの判断だったと思います。子どもをスクールに参加させている間の家族の予定もいろいろありますし、今後の「雨天中止」プログラムの進め方は要検討です。

チケットの購入や入場なども含めて、いろいろとご配慮いただいたファミリープールの職員の皆さん、ありがとうございました。たぶんまた来年もお世話になります!

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

レクのお知らせ

 児童育成課より委託を受けている「障害児レクリエーション事業」の第2回目を、8月30日に行います。ただいま実施中の「サマースクール」とは違って、こちらは幼児さんも含めて参加できます。詳しくは以下のチラシをご覧ください。

「プールで遊ぼう!」チラシ(PDF)

 昨年も同様の活動を行いましたが、今年もウェルサンピア京都のレジャープールに行きます! 夏休み最後の日曜日をしっかり楽しみましょう。活動に登録してくれている家庭には近日中に郵送またはファックスで案内が届きます。未登録の方は登録の上、申込ができます。もちろん全く登録料などはかかりません。登録希望の方は、「そら」までご連絡ください。

 雨の多い夏になっていますね。いよいよ夏休みも後半。すかっとした暑さを期待しましょう。

Summer_i48s_2 

| | コメント (0)

サマースクール5日目

 今日は精華町サマースクールの5日目。この夏の活動としては、はじめて南山城養護学校をお借りしての活動でした。そして、子どもたちがみんな大好きな「プール」にも入りました。

P8070051

午前中は、二部屋に分かれての工作。午後からのプールで浮かべて遊ぶ船を紙パックで作りました。こちらは図書室。

P8070056

こちらは音楽室。ちなみに今日のリーダーは職員の村田がつとめました(学生スタッフの数がギリギリだったので)。サブリーダーは岡本さん(関西大1)。

P8070121

完成した船。水に浮かべて、紙コップ部分に水を入れると、前に進むようにできています。

P8070225_2

なぜか船以外のものができてしまう子もいるわけですが、そんなの気にしない。

P8070060

そして、楽しいお昼ごはん。これは食堂をお借りしています。

P8070081

お昼前から雷・大雨・洪水注意報が出たために「もしかしたら屋外プールは中止にせざるをえないかも・・・」と、大量のビニールプールを大慌てで用意したりもしていたのですが、天気が好転して予定どおりにできました。よかった!

P8070111

25メートルプールを貸し切り状態です。精華町内にはこうした活動で使えるプールが少ないため、本当にありがたいです。

P8070099

水の中の子どもたちは本当に幸せそうです。水の感触、体の浮く感覚、水面のきらめき。他では味わえない喜びがたくさんあるのでしょう。

P8070110

子どもたちの急な欠席が相次いだため、予定よりちょっと少ない17名の参加。大学生・高校生等のボランティアスタッフが20名、そら職員が3名、そして南山城養護学校の先生にたくさんご協力いただきました。ありがとうございました。なお、8月12日と17日にも養護学校を利用させていただくことになっています。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

せいかガーデンシティ横

そらの活動とは直接関係ないのですが、先日から「せいかガーデンシティ」横の歩道(おいしいケーキ屋さんの前あたり)に、

Dvc00047

水が出ています。普段は出ていないのですが。

Dvc00048

こんなハンドルみたいなのを回すと水が出たりして、ちょっと楽しいです。

Dvc00050

ちょっと水が深めのところでは、子どもたちが遊んでいる姿もよく見られています。

Dvc00051

「道路に親しむ」ために、8月16日まで水を流してくれているそうです。小さな子どものちょっとした水遊びによいのではないかと思います。小学生が自転車で水の中に突入したりしているのが少し遊び方として気になるところですが、それさえなければ親子で楽しめそうです。そら事務所近くの小さな情報でした。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

サマースクール4日目

 今日は精華町サマースクールの4日目でした。

 サマースクールの中には数回「お出かけ」の日があります。今日は「映画を見に行こう!」。過去に久御山や奈良の劇場まで出かけたことがありましたが、高の原イオンができたおかげで、新祝園からは急行電車でひと駅。現地集合だって可能です。いい時代になりました。

 「アンパンマン」「ボルト」「NARUTO」「ポケモン」の中から、子どもたちに観たい映画を選んでもらい、もちろん事前に全て座席予約。行ってきました。

P8040049

映画の上映時間が異なるため、今日はふたつの班に分かれての出発となりました。あまり知られてませんが、障害をもつ子どもたちの電車賃は「療育手帳」の等級によって変わってきます。また、駅員さんに手帳をひとつずつ提示しなければいけないので、たくさんの切符を買うのはけっこう大変です(買い方のルールも鉄道会社ごとにまちまちだったりします)。

P8040051

イオンに到着。写ってませんが、今日のリーダーは畑口さん(同志社大2)と山下さん(佛教大1)。

P8040061

まもなく入場です。売店も楽しみのひとつですね。

P8040184

チケットをちぎってもらい、入場。館内の写真はありません(盗撮を疑われても困るので)。ちなみに子どもたちの一番人気は「ボルト」でした。劇場に慣れていないため、上映中に入退場を繰り返す子もいましたが、チケットを取っていた子の中でまったく映画を見られなかったという子はひとりもいませんでした。

P8040067

お昼ごはんはフードコートで自由選択です。うどんとか、

P8040211

牛丼とか、

P8040199

マクドとか。マクドナルドが好きな子は多いですが、特定のメニューしか食べられない子が多いです(外食はマクドナルドしか食べられない子もいます)。ハンバーガーが食べられる子は少数派。

P8040083

映画を見るのがはじめから苦手な子は「散策コース」を選びました。こちらはイオン内の好きなところで一日ゆったり遊びます。

P8040194

「そら」で日常的に行っている個別の外出支援とは少し違って、集団ならではの楽しさも少し味わえた一日でした。次回のサマースクールは8月7日です。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

今日は卒業生向け企画でした。

 「そら」では年に2回ほど、「OB・OG会」というのを催しています。

 これは「そら」の設立(2003年)以降に養護学校を卒業した成人向けの企画です。学齢期とは違って、長い長い夏休みなどはありません。それでも余暇の過ごし方は課題です。そして何より、卒業するとみんなばらばらの通所先に行くようになるので、お互いに会うことが無くなってしまいます(学齢期の「親の会」でいっしょに活動していた保護者どうしも含めて、です)。

 今日は、今年度の「OB・OG会」第1回目でした。今回も懐かしい顔が一堂に会しました。

P8020188

 内容的には学齢児向けの企画と似ています。今日の午前中はうちわ作り。ただ、集中力や落ち着きは「さすが成人さん」と思わされます。

P8020192

こうしてみると、もうほとんどスタッフとの区別がつきません。実際のところ、年齢も学生スタッフと同じくらいとか少し上ぐらい。

P8020225

いつもの調理室での昼食ですが、おとな向け企画ですので、メニューは少し豪華にしてみました。そうはいっても、フライドチキンとかポテトとかですが・・・。要望を聞いてみても、食の好みは子どものときからあまり変わっていないのです。

P8020236

午後は「縁日」風に。もぐら叩きが好評でした。

社会人になった元・学生スタッフにも来てもらって、再会を懐かしむ場にもなったらいいと期待しています。しかし、現実は厳しく、日曜日でも仕事等で来られない人がほとんどです。週末に行き場がない「元・子どもたち」と、週末も関係なく働き続けねばならない「元・学生スタッフたち」。考えさせられます。

まったくの制度外でやっている活動なので、あまり頻繁にはできませんが、次回をお楽しみに・・・。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »