« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月26日 (土)

感謝状をいただきました。

Dvc00001

京都障害児者親の会協議会(京親協)という組織があります。京都府下にある障害をもつ人たちの親の会がひとつになって結成されたものです。設立が1969年。今日は、ホテルルビノ堀川というところで、40周年記念式典がありました。

その中で親の会活動に対して長年にわたって支援・協力してきた個人・団体に感謝状が贈呈されることとなり、「そら」も精華町障害児者育成会からの推薦を受けて、感謝状をいただきました。

昔から親の会とともに歩んできた「そら」として、京親協から感謝状をいただけるというのは有難いことです。一方で、今の「そら」があるのは、多くのお母さんたちの支えがあってのことですから、こちらからも感謝状を贈らなければいけません。代表個人は、精華町で「そら」を立ち上げるより以前にも、各地の親の会にお世話になっています。たくさんのことを学ばせていただきました。

これからも自分たちにできることをひとつひとつがんばっていきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

「ふれあいのつどい」中止だそうです。

9月27日(日)に予定されていた「精華町障害児者ふれあいのつどい」ですが、中止になりました。

障害児者ふれあいのつどい 開催中止(精華町)

連休に入る前から既に関係者には伝わっていましたが、改めてお伝えしておきます。リンク先にある「諸般の事情」とは、新型インフルエンザの流行です。屋内行事ですし、これだけ広まっていることを考えると、仕方ない気もします。

大住シンフォニックバンドさんの演奏など楽しみにしている人が多かったでしょうし、とても残念ですが、来年にまた期待しましょう。

実は「そら」でも子どもたちとスタッフがたくさん参加する予定になっていました。中止になって、このまま何もしないのはもったいないので、スタッフ研修を予定しています。内部研修なので、ここで内容の告知はしません。でも、また報告はできたらと思っています。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

赤ちゃんフォーラム

 一昨日の9月13日、けいはんなプラザにて「赤ちゃんにやさしい都市づくりフォーラム」が行われました。

 そのイベント中で、おなじみの「子育てサポート結」が「子育てフリーマーケット」を開催しました。フリーマーケットに出店するお母さんのために託児が必要ということで「そら」の学生スタッフが協力してきたので、その様子など少しお伝えしたいと思います。

Dvc00033

講演やシンポジウムなどもあったのですが、フリーマーケットはイベントホールで行われました。

Dvc00015

こちらが会場です。子育て中のママがたくさんお店を出しています。

Dvc00025

子どものおもちゃや洋服などは、すぐに使わなくなったり着られなくなったりしますから、フリーマーケットを通じて他の子どものために役立てられるというのがよいですね。

Dvc00024

こちらが託児コーナー。一般のお客さんも利用できます。

Dvc00017

学生スタッフ8名が、地域子育てパートナーさんや「結」のスタッフといっしょに活動しました。ママから引き離されて泣き続ける子ども、楽しくて帰りたがらない子ども、いろいろです。

Dvc00032

企業ブースでは、さまざまな企業・団体が子育て関連の商品の展示や販売など行っていました。会場で見かけた着ぐるみその1。

Dvc00027

着ぐるみその2。ブルーベリーです。

上の写真でも見てわかるとおり、イベントホールだけでもかなりの数のお客さんが訪れていました。このブログでちょくちょく登場する相楽福祉会さんもパンを販売されていましたし、先日の記事でお伝えした「つくるところ」さんもおもちゃの工作体験をされて大人気でした。

また地域の子育て関係のイベントで協力できる部分があれば、お手伝いさせていただきたいと思います。

ちなみに、けいはんなプラザでそんなフォーラムが行われているとき、

Dvc00034

すぐ近くのアピタタウンでもフリーマーケットが行われていました。駅前のガーデンシティでも月末にフリマが予定されてますし、最近の精華町はフリマが大人気です。

| | コメント (2)

新型インフルエンザへの対応について

 新型インフルエンザが全国的に流行しており、精華町内の小学校や養護学校などでも学級閉鎖が起きています。子どもたちと多く関わる「そら」としても、さまざまな状況を想定して今後に備えておく必要があります。

 そこで、9月15日現在での「そら」としての対応方策についてまとめました。子どもが感染した場合とスタッフが感染した場合の両方に備えています。ガイドヘルプや「わけわけ」の利用者の皆さまには深く関係しますので、特にご覧いただきたいと思います。

「新型インフルエンザへの対応方策について」(PDFファイル)

 子どもたちも、スタッフも、手洗いやうがいをきちんとして、くれぐれも予防に心がけましょう。

Ugai_12_3

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

サマースクール2009打ち上げ!

前の記事に書いた「結」のひろばが終わろうとする頃、かしのき苑では、「精華町サマースクール2009」の打ち上げが始まろうとしていました! 長かった夏休みが終わり、今こそ互いの労をねぎらうときです。

昨年に引き続いて、養護学校生親の会のお母さんたちがおいしい手作りご飯を用意してくださいました! 詳細は以下で。

P9080026

参加者は保護者、学生スタッフなど計40名あまり。交流広間がいっぱいになりました。

P9080046

がんばったスタッフたちにお母さんたちからありがたい感謝の言葉をたくさんいただきました。そして・・・、

Dvc00012

超豪華料理の数々が! 揚げ物、炒め物、サラダ、煮物、ごはんもの。それぞれとても手が込んでいます。

Dvc00014

ひじきのサラダとか、チャプチェとか、ごぼうの肉巻きとか、スパニッシュオムレツとか、ラタトュイユとか、チヂミとか、チキン南蛮とか、ライスコロッケとか・・・、和洋中そろった品揃えはそのへんのバイキングをはるかに超えていました。ひとり暮らしの学生はもちろん自宅に暮らす学生でさえも大感激です。

Dvc00015

壁際には、なんとスープバー的なものまで! 写真に入りきりませんでしたが、この横には大量の肉じゃがも。

Dvc00027

ちゃんとデザートまであるのです。女子学生感激のよりどりみどり。

Dvc00032

レアチーズケーキとかフルーツポンチとか梨とかブドウとか。

P9080025

あまりに美味しそうなので、当然、すぐこんな感じになります。

P9080024

ものすごくたくさん作っていただいたので、育ち盛りの学生がお腹いっぱいになっても、無くならないほどでした・・・。

P9080030

おいしい料理ももちろんのこと、お母さんたちからゆっくり話を聞けるというのが、とても意義あることなのです。昨年よりも全体に話がはずんでいたように思いました。座席指定とかって、やっぱり大事ですね。

P9080037

今年はクイズなどの企画も組まれてました。チーム名を決めるために、4テーブルそれぞれ約10人ずつで勝ち抜きじゃんけんをしたら、勝ち抜いてきたのが職員3人と親の会会長だった、というミラクル。やはり何か強い力で結ばれているのでしょうか。

P9080028

楽しいMCもあり、本当になごやかで温かな打ち上げとなりました。お仕事などで参加できなかったお母さんからも差し入れなどさまざまなご配慮をいただき、恐縮しています。打ち上げというよりも、お母さんたちからスタッフへの謝恩会のような感じでしたね。本当にありがとうございました。お母さんたちもスタッフも無理なく元気になれる形でまた続けていけたらと思います。

今後もスタッフ一同、期待に添えるようがんばります!

| | コメント (0)

「結」主催の子育てひろば

今日は午前中に、子育てサポート「結」主催の「子育てひろば」がありました。新祝園駅前のガーデンシティで買い物をされる方は、告知のポスターをよく見かけられていたのではないかと思います。

場所はせいかガーデンシティ2階の本屋さん前。時間は10:30~11:30。前回もたくさんの親子が参加していましたが、2回目はさらに盛況でした。

Dvc00007

参加はたぶん20組ぐらい。簡単な工作に子どもの笑顔がいっぱい見られました。保育所や幼稚園に通っていないと、工作の機会もあまりないでしょうね。

Dvc00008

そのほかにも、大型絵本の読み聞かせなど。

Dvc00010

「結」代表の松本彰子さん。先日のセミナー分科会での司会進行という大役を終えたと思ったら、今日の「ひろば」開催。次は「赤ちゃんにやさしい都市づくりフォーラム」内での子育てフリーマーケット企画を控えています。大忙しですね。

ちなみに、次回は10月7日(水)を予定されているそうです。「そら」の「さんりんしゃ」とは違って、買い物のついでにふらっと立ち寄ることができる子育てひろば。どうぞ足を運んでみてください。

この結による「ひろば」がお開きになるころ、かしのき苑では「そら」と「親の会」による別の企画がはじまろうとしていたのですが、その模様はまた改めて更新します。

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

第8分科会

京都では昨日から「第8回全国子育てひろば実践交流セミナー」が行われています。全国各地から「子育てひろば」に関心をもつ人や実践家が集まり、交流したり学びを深めたりしています。

今日は二日目なのですが、分科会として京都府下の多様な「ひろば」を見学してまわる「バスツアー」が組まれています。そらの運営する「さんりんしゃ」が「第8分科会 山城南バスツアー」のコースに含まれていたので、朝から参加して案内&他ひろばを見学してきました。

第8分科会の参加申込者12名+セミナースタッフで貸切バスに乗車。市内の花園にある「花園会館」を9時に出発すると、精華町には1時間ほどで着きました。

Dvc00002

「さんりんしゃ」を見学する参加者の皆さん。今日は親子1組だけしか来ていませんでした。日曜日なのでパパさんなどが来てくれることもちょっとだけ期待していましたが、ふだんは開いていない曜日の臨時開所だったので、自然なこととも思います。

Dvc00003

さんりんしゃの中身はこのブログでもわかるので、他の見学先となった「ひろば」をご紹介しましょう。こちらは木津川市役所の近く。

Dvc00015

「よっといで」という名前です。築50年の味わい深い民家を改修されています。

Dvc00012

すでに新聞などでも繰り返し取り上げられました。一言で説明するのは難しいですが、「高齢者や子育て世代の交流スペース」「周辺住民の憩いの場」などと紹介されたりしています。先日は木津川市長を囲んでのイベントもあったとか。この日は特別に開けていただいたので、セミナー参加者で貸し切り状態。ふだんは実に老若男女さまざまな方が来られています。

Dvc00008_2

とてもおいしいランチが日替わりでいただけます(要予約)。この日はおいしい手作りカレー。とても手間がかけてあって、おかわり続出でした。サラダの野菜も手作りの有機野菜。

Dvc00011

デザートにヨーグルトババロア(スイカ付)、あんデニッシュ(焼き立て!)、コーヒー。おみやげのパンも飛ぶように売れていました。

Dvc00010

アットホームな雰囲気にみんなすっかり和みました。いい笑顔。

Dvc00024

満腹になり、みんな眠気に襲われつつバスに揺られ、着いたのは最後の見学地「つくるところ」@JR松井山手駅前。

Dvc00025

NPO法人関西子ども文化協会、NPO法人プラスアーツ、京阪電鉄などが協働されています。もとはTSUTAYAだったという真っ白でキレイな建物。

Dvc00033

左のほうにちっちゃいのがたくさん並んで見えてますが、これは子どもたちの「名札」。すごい数ですね。

Dvc00035

「関係づくり」をコンセプトに、子どもに関連するさまざまな取り組みをされており、参加者からたくさんの質問が出ていました。思ったよりも時間がなくて、少し急ぎ足の進行にはなりましたが。

全くタイプの違う3つの「ひろば」。いろんな子育て支援のやり方がある、ということを参加者みんなで知ることができたのではないでしょうか。さまざまな形の支援があることで、さまざまな子ども・保護者が支えられる可能性も広がるのだと思います。木津川市にも先日からつどいのひろばが開設されていますし(アルプラザ木津の2階にあります)、山城南部における子育て支援の広がりを感じることができたバスツアーでした。

参加者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。この機会に得られたものをそれぞれの今後に活かしていきましょう。

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

ふたたび(みたび)京都テルサにて

子どもたちの2学期が無事にスタートする中、職員2名が参加している相談支援従事者研修(3日間コース)は今日で最終日を迎えました。

2日目と3日目は、高次脳機能障害、発達障害、視覚障害、聴覚障害、精神障害、知的障害など、さまざまな障害に関係する支援者・当事者からのお話を聞く時間がほとんどでした。今やすっかり専門分化して「縦割り」の障害者福祉なので、貴重な機会が得られたと思います。すぐれた実践家や話の上手い当事者の方が講師を務めておられました。ちなみに「知的障害」部分の講師は、相楽福祉会関連の方たち。楽しい話で、会場を一番なごませていた気がします。

修了証も無事いただきましたし、今後に活かせたらと思います。それにしても、座学で丸3日はさすがに長かったです・・・。

Dvc00028

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »