« せいか祭り2009、ありがとうございました。 | トップページ | 山城南圏域中堅職員研修 »

2009年11月16日 (月)

せいか祭り2009レポート

さあ、せいか祭り2009の様子をレポートします!

もちろん「そら」のお店中心のレポートですが・・・、お祭り全体の雰囲気もなんとなく知ってもらえるようにします。ネット上を探し回っても、なぜかせいか祭りの情報はあまり見つからないので(おかげで祭りの直前はこのブログのアクセス数がずいぶん伸びてました)。

ちなみに京都新聞による、せいか祭り2009の記事はこちらです。もう21回目だったのですね。ということは、平成元年から? 知りませんでした。

まずは簡単に前日準備の模様を。

Pb140016

ここ数年の定位置となっているコーナン側右端のテント。たくさんの学生スタッフが設営にがんばりました。心配されていた雨もやんでくれて、よかったです。

Pb140020

こんなレイアウトになりました。テント半分だと少し手狭でしたね・・・。景品交換の場所も必要なので、これが精一杯。

Pb140018

お伝えしていたとおり「そらのゴルフやさん」なのですが、な、なんと!

Pb140019

「そら」のナナメ前に精華ゴルフセンター「レインボー」さんが本物のゴルフ体験を出店することが発覚。同じゴルフだわ、看板にも虹がかかっているわで、「かぶりすぎやろ」とあわてました。「本物」を前にして、はたして子どもたちは遊んでくれるのか・・・?

Pb140021

ちなみに「そら」の隣は精華町養護学校生親の会による、かわいい手作り物品の販売です。昔はゲームのほうも親の会が運営していたのですが、今では「そら」の大切な活動です。

Pb140022_2

準備完了。こうして、あとは本番を待つのみとなりました。

そして、一夜が明け、11月15日、日曜日。

午前9時30分、せいか祭り2009スタートです!

Pb150021_2

お天気にもめぐまれ、朝から本当にたくさんの人が来ていました。この写真は11時半ぐらいですが、昼からはさらに増えてました。

Pb150022

別角度からの写真。奥へと進んでいくと・・・、

Pb150038

「そら」のテントです。子どもたちがたくさん来てくれています。ただゲームをやってもらうだけでは面白くありません。今年もいろいろ工夫をしました。

Pb150031

工夫その1。看板を持ってのアピール。お客さんがテント前に増えると、何をやっているかがわかりにくくなってしまうので、カラフルな看板を手に声を張り上げます。

Pb150028_2

手作りの「そら」エプロンも目立ってましたね。「そら」って何だ、と思ってくれた人が少しでも多くいてくれたらいいのですが。

Pb160003_2 

工夫その2。ゴルフゲームがうまくいかなかった人子どもにも「ラッキー賞」のチャンス! 箱に入った4種類のカード(写真クリックで拡大)から「おやつカード」を引き当てたら、お菓子をゲット。それ以外のカードならば・・・、

Pb150027_2

「○○を探せ!」ゲームにチャレンジ。会場内にいる「サンタ」「魔女」「ジェントルマン」のいずれかを探します(要するに「ウォーリーを探せ」の三次元版みたいなもんです)。見つかれば、カードと交換に景品ゲット。

Pb150026_2

やはり一番人気はサンタでした。あちこちから「サンタだ!」とパパママに伝える子どもの声がたくさん聞こえて、親子のコミュニケーションにも一役買えた気がします(ちなみに「まだ11月なのに来てしまったあわてんぼうサンタ」という設定でしたが、それはあんまり伝わらなかった・・・)。カードをもって「見つけた!」と来てくれる子どもたちもうれしそうで、企画した甲斐がありました(実は昨年から構想を練ってました)。カードと景品を交換していると、「なんかもらえるのか」と人が集まってくるのに悩みましたが・・・。

Pb150033_2

「2週間遅刻してきたハロウィン魔女」も、お菓子配っていると思われて、対処に悩んだみたいです。でも、こちらも大人気でした。子どもが「見つかるまで帰らない」と言って、困っているママがいたようで、すいません。予想していた以上に来場者が多かったので、少し難しくなってしまったかもしれません。

Pb150008

「ジェントルマン」(写真後方)は昨年に引き続いて2度目の登場でした。特徴は帽子とバラの花だけなので、見つけるのが難しかったはず。

Pb150041

こちらはコスプレ・・・ではなく、本物です。

Pb150039_2

会場で目立つもの同士として、せんとくんとも親交を深めました。

Pb150029

この日の奈良県代表がせんとくんなら、京都府代表は山田府知事でしょうか。木村要精華町長といっしょに来場され、「親の会&そら」のテントにも立ち寄ってくれました。ありがとうございました。

Pb150049

お店のほうは、午後になっても来客が途絶えることなく、全部でのべ753人の子どもたちが来てくれました! 繰り返し遊んでくれる子どももいて、本当にうれしかったです。インフルエンザの影響を心配したのですが、あまり来場者数には関係なかったようです。

Pb150004 

ところで、お店を出す一方で、養護学校の子どもたちは学生スタッフとお祭りをまわっていました(その間、お母さんたちは手作り物品の販売をする、という仕組み)。

Pb150019

「エコレンジャー」のペープサートを楽しんでいる子どもや、

Pb150071

やさしいおねえさんとゴキゲンの子どもなど、全部で20名以上がお祭りに参加しました。「○○を探せ!」ゲームを企画してしまったために、スタッフが思ったよりも必要となり、直前までスタッフの確保に苦労したのですが、こちらの活動も無事に終えることができました。

ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。「そら」は来年も祭りを盛り上げられるようにがんばります。また「せいか祭り2010」でお会いしましょう。

あ、スタッフの集合写真を撮るの忘れました・・・。せっかく20名以上も集まったのにもったいない。

仕方がないので、

Pb150076

終了後のサイゼリヤでの打ち上げの様子を載せてしまいましょう。「ミラノ風ドリア」率の高さに、学生らしさを感じることができます。こんな「そら」は、いつでも学生ボランティアスタッフ大募集中。詳細は左サイドバーの「ボランティアQ&A」などに書いています。興味をもった人は、気軽に連絡ください!

ちなみにサイゼリヤの厨房にはたいてい1人しかおらず、すべての調理は包丁を使わずにできるようになっているらしいですよ(豆知識)。

|

« せいか祭り2009、ありがとうございました。 | トップページ | 山城南圏域中堅職員研修 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。