« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

今年も終わりです。

今年も残すところあと1日となりました。

昨日のウィンタースクールの報告を更新しようとしていたのですが、2時間近くかけて作成した記事がココログの不具合で消えました。さすがに書きなおす気力はありません・・・。報告は年明けにします。

本年も実にたくさんの方々にお世話になりました。ありがとうございました。どうぞ皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

ウィンタースクール2日目

今日は「精華町ウィンタースクール2009-10」の3回目でした。年内の活動はこれでおしまい。次回は年明けになります(「そら」の営業はまだまだ続きますが)。

今日の活動の報告、といきたいところですが、12月25日にあった第2回の報告がまだでしたので、まずはそちらからです。できれば今日のぶんも年内になんとか更新したいと思ってますが、期待しすぎずにお待ちください。

Pc250072

まずは、12月25日の第2回。場所は南山城養護学校です。クリスマス当日でも学生スタッフがたくさんでうれしいです。学生リーダーは藤井さん(佛教大2)、サブリーダーは木村さん(佛教大1)の佛大コンビ。

Pc250014

午前はシチューづくり。写真入りの手順表を見ながらの調理です。

Pc250022

低学年だとまだまだ野菜を切るのも一苦労。後ろから手を添えます。

Pc250092

調理室のガス台は数が限られているので、カセットコンロをフル活用です。何しろ子どもが20人もいますので・・・。

Pc250094

ちなみに、シチューはホワイトシチューとビーフシチューを選べるようにしてみました。適度な選択肢があると、子どもたちの活動参加も広がります。

Pc250090

当然ですが、みんな作るよりも食べるほうが好きです。

Pc250088

お皿をきれいに洗うのって単純に見えて、けっこうたくさんの工程がありますから、簡単なことじゃありません。がんばっています。

Pc250074_2

午後は創作活動でした。毎年恒例のカレンダーと年賀状づくりです。こちらはカレンダー。

Pc250073_2

こちらは年賀状。力作ぞろいです。

Pc250072_2

1回目の活動報告でも写真が載った彼ですが、よく撮れているので今回も掲載してしまいます。最近のスクール活動では、一番の「画伯」ですね。

Pc250047

きょうだいたちも楽しそうでよかったです。きょうだいにも「参加したい!」と思ってもらえる活動であり続けられるようにがんばります。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

ウィンタースクールがはじまっています。

いよいよ年末ですが、先週から障害をもつ子ども向けのプログラム「精華町ウィンタースクール2009-10」がスタートしてます。すでに12月23日、25日と活動を終えました。

年末はばたばたとしており、活動のたびにブログ更新するのは難しそうなので、ひとまず開校式の日(12月23日)の様子だけ簡単にご報告しておきます。

Pc230026

朝から木村要町長が様子を見に来てくださいました。いつも気にかけていただき、ありがとうございます。

Pc230022

この日のリーダーは川本さん(同志社女子大3)、サブリーダーは柚木さん(滋賀大1)。町長のあいさつに思わず正座です。

Pc230027_2

この日のスケジュールは午前にスノードームづくり。午後からは映画観賞です。

Pc230029_2

スノードームと言っても、もちろんかまくらをつくるわけではなく、ペットボトル工作です。

Pc230040_2

ファンタのペットボトルの形が好評でした。

Pc230040

完成品せいぞろい。水の中にいろいろとただよっています。

Pc230042_2

クリスマス前だったので、こんなツリーへの飾り付け工作も加えてみました。工作のスピードが子どもによって全然違うので、時間を調整するねらいもあります。

Pc230047

午後からは映画観賞。ずっと集中できる子は少ないので、途中退席しておもちゃで遊んだりしても全くOK。

Pc230058_2

最後はいつものごとくパラバルーンです。

Pc230045

場所は、むくのきセンターでした。いつも快適に使わせていただいています。ありがとうございます。

子どもの参加16名。学生スタッフ13名でしたが、南山城養護学校の先生が5名も来て下さり、なんとか乗り切れました。本当にありがたいことです。この冬はずいぶん学校の先生に助けていただくことになりそうです。よろしくお願いします。

また、時間に余裕があれば、他の日の様子も掲載していこうと思います…。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

今日はさんりんしゃのクリスマス会でした。

今日は、「つどいの広場 さんりんしゃ」でクリスマス会を行いました。例年と同じように、午前と午後の2回に分けています。0歳から3歳の子どもたちがたくさん来てくれました。以下、写真とともにご報告です。

Pc170024

おとといからクリスマスツリーを設置して、この日のためにムードを高めていました。

Pc170001

午前のほうが参加は多かったです。事前の申し込みが20組を超えていたので「部屋に入りきれるだろうか・・・」と少し不安に思ってましたが、ベビーベッドを移動させたりしたら、けっこうすんなり入れました。

Pc170002

西川さん(同志社女子大3)による絵本の読み聞かせの後・・・、

Pc170005

サンタ登場! 子どもたち以上にママたちから歓声があがってました。

Pc170011

0歳の子どもにとっては、「人生初」のサンタからのプレゼントです。

Pc170016

人生初のトナカイ体験も。

Pc170019

ちなみにサンタ役も西川さんでした。本物のサンタは来週の今ごろにみんなの家にやってくる、はず。

Pc170033

午後もほぼ同内容ですが、読み聞かせをしてくれたのは山形さん(同志社女子大3) 。先日、保育士試験に無事合格したそうです。おめでとう! 読み聞かせに練習の成果が出てました。

Pc170037

そして、再びサンタ登場。プレゼントは喜んでもらえたかな? この後は、サンタと子どもの撮影会状態で、にぎわっていました。

Pc170042

眠っている間にサンタがやってきてしまった子も・・・。まあ普通のサンタはそういうものですけども。

Pc170043

ちなみにサンタ役も山形さんでした。今日は朝から最後まで、ずっとがんばってくれました。

午前と午後合わせて、35人ぐらいの子どもが来てくれました。サンタの衣装を着た子どもやクリスマスカラーの子どもなどもいて、とっても華やかでした。ありがとうございました。

次の行事予定としては、1月28日に岩城さんのおもちゃ講座がありますので、どうぞお楽しみに(今日から、さんりんしゃでの申込受付を開始しています)。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

クリスマス会第一弾終わりました(後編)

さて、さる12月13日に行われた障害をもつ子ども向けのレクリエーション「クリスマス会」の報告後編です。※報告前編は、こちらをご覧ください。

Pc130071

午後の活動は小学4年以上の子どもたちが、10人参加。学生スタッフのリーダーは川本さん(同志社女子大3)、サブリーダーは岡本さん(関西大1)でした。

Pc130091

まずは、おやつ作り。クッキーを作りました。粉をこねる感触がダメな子が多いので、袋に入れてこねるなどの工夫をします。

Pc130100

のばして、型抜き。

Pc130102

長細いのもおいしそうですね。

Pc130105

オーブントースターに入れたら、あとは焼きあがりを待つだけです。

Cimg4852

全員の完成品はこちら。型抜きを使っているので、同じ形も多いですね。お皿を「クリスマスツリーっぽく並べてみた」そうです・・・。

Pc130034

おやつ後はクリスマスカードとラッピング袋づくり。カードはこんな可愛いのができました。

Pc130037

いつも工作に情熱を燃やしているおなじみの彼は、同じ材料からこんなサンタを作りました。

Pc130038

開くとこんな感じ。オリジナルヒーローがたくさん描かれています。

Pc130035

ラッピングしたクッキーも合わせて、おみやげとなりました。

Pc130025

おやつは、ミスドの「期間限定 ドーナツリース」。クリスマスらしさを出せていたんじゃないでしょうか。いつものおやつよりもちょっとお値段高めでしたが、用意してよかったです。

Pc130026

食べ終わったら、ちゃんと後片づけ。いろんな人が読んでいることを想定して書きますが、彼は音楽聞いているわけではありません。イヤマフは、音に対して敏感な子どもにとっての大切な支援ツールです。

Pc130029

最後はクリスマスソングを歌って、サンタ登場。午後のサンタは、子どもにやってもらいました。いつも学生がやっていますが、活動の中で子ども自身が他の子どもに対しての役割を担うというのは、なかなか新しかったと思います。

午後の活動を支えてくれたのは、学生スタッフ13人でした。このクリスマス会が終わり、学生たちは、ウィンタースクール準備モードです。子どもたちに良い年末年始を送ってもらえるようにスタッフ一同がんばりますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

クリスマス会第一弾終わりました(前編)。

報告が遅れてしまいましたが、13日の日曜日、レクリエーション事業として障害をもつ子どもたち向けの「クリスマス会」を行いました。場所はむくのきセンターです。

午前が幼児から小学3年、午後は4年生以上の二部制で、たくさんの子どもたちに来てもらうことができました。写真とともにご報告します。

なお、このホームページの更新担当者は午後からの参加だったので、午前の内容は写真からの「想像」がじゃっかん含まれているかもしれません。

Pc130020_2_2

リーダーは沖原さん(同志社大4)、サブリーダーは山下さん(佛教大1)でした。学年は違いますが、ふたりとも高校から活動を続けているので、けっこうベテランです。

Pc130034_2

まずは楽器とクリスマスリースづくり。この後に音楽会を予定しているので、演奏を聞きながら子どもたちが自分で使えるものを作りました。

Pc130031_2

そろえられた材料を物色する子どもたち。

Pc130035_2

そして、カメラに理想的なポーズをとってくれる、きょうだいたち。クリスマスリースも作ったはずなのに、写真にはおさまっておらず・・・。

Pc130013

音楽会の前に、はらぺこあおむしのペープサート。これまた手ごろな写真がありません・・・。

Pc130057_2

続いて、サンタバンド登場。

Pc130067

手作り楽器を鳴らしながら、いっしょに音楽を楽しめました。

この後、おやつを食べる予定だったのですが、時間がなくなってしまったので、子どもたちには持ち帰ってもらいました。子どもの参加が14人、学生スタッフが19人でした。ちなみに、病気で休んだ子が3人いましたが、みんな新型インフルエンザです。どうも保育所の流行がすごいみたいですね。どうぞ皆さん、まだまだ油断せずにお気をつけください。

小4以上の子が活動した午後の様子は、「後編」の更新をお待ちください。ちなみに明日は「さんりんしゃ」のクリスマス会です。

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

とりあえず更新

気がつけば、12月も10日になっていました。今月最初の更新です。

子どもたちの活動の連絡や報告はないのですが、関連事項などを。

精華町では平成17年に「次世代育成支援行動計画(前期計画)」というのを策定しました。長い名前なのですが、簡単に言ってしまえば精華町として「子ども」や「子育て」についてどんな目標をもって進めていくか、というのを定めた計画です。

それから5年が経ち、平成21年末で前期計画は終了します。そのため、後期計画を策定すべく、先日から「精華町次世代育成支援対策地域協議会」が行われています。「そら」の代表や親の会会長なども委員に入っており、昨日は協議会の第3回でした。協議会には、町内の子ども・子育て関連のキーパーソンがずらりと名を連ねています。

今後も協議会は開かれますし、パブリックコメントなども求められる予定です。子どもや子育てに関して町民の声をとどける機会として、みんなでうまく活かしていけたらと思います。

そして、今夜は職員研修。先日にもご報告した研修の2回目でした。今日は山城にある「横手通り43番地『庵』」にて「アセスメント」を中心とした研修でした。内容をかみくだいて説明するのはちょっと難しいですが、グループワークを含んだ研修で、自分たちの支援をたくさん反省させられる内容になっていました。勉強になりました。

今週末にはレクリエーション事業の活動があるので、またその報告ができるだろうと思います。文字ばっかりの報告は読みにくいですね・・・。次の更新をお楽しみに。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »