« 30000ヒット御礼 | トップページ | ベビーマッサージ講座終わりました。 »

2010年3月14日 (日)

卒業

年度末を迎えました。卒業シーズンです。

今日は精華町に在住する南山城養護学校生の「卒業生を祝う会」でした。

養護学校では、高等部の卒業式が3月10日に取り行われ、既に終わっています。今日の「祝う会」は、同じ地域の中でともに成長してきた子ども、保護者、スタッフが集まって、卒業を祝おうという毎年恒例のイベントです。いつものごとく、写真入りで報告します。

P3140003

場所はかしのき苑でした。卒業生が生まれた頃のヒット曲『どんなときも』が流れる中、高等部の卒業生3名が入場します。

P3140004

今日はいつもの「そら」の活動と違って、司会進行も親の会のお母さんが中心です。手作りの幕をくるくると開いていくと「ご卒業おめでとう」。みんなの目をひいて、盛り上がります。

P3140005

全体としてはこんな雰囲気。子ども、保護者、スタッフ、学校の先生を合わせると70人ぐらいの参加でした。

P3140006_2

企画の趣旨からいって、どうしても「お祝いの言葉」を聞く時間が多くなり、子どもたちが集中するのは難しいので、すぐに会食を開始して、お弁当を食べながら話を聞きます。

P3140024

お弁当を食べ終わったら、場所を移動して、ビンゴゲーム。進行は、田中さん(同志社女子大1)と柚木さん(滋賀大1)。

P3140029

台紙にはイラストのほか、卒業生の顔写真なども混ぜてみました。

P3140032

そして、おなじみの「はらぺこあおむし」読み聞かせ。実はこの間に、デザートの準備が進められているのです。

P3140043

ふたたび広間に戻って、ケーキを食べながら、今度は主に卒業生と保護者から言葉をもらいました。子どもたちはみんな進路も決まり、4月から新しい生活が待っています。また、それぞれのお母さんは親の会の会長やPTAの会長として、この地域の子どもたちやお母さんたちのために尽力されてきました。本当にありがとうございました。

P3140063

大学等を卒業する学生スタッフからもそれぞれ言葉をもらいました。こちらもまた4月から仕事や大学院など新しい道を歩んでいきます。そして、子どもたちからのプレゼント贈呈と、

P3140064

感謝の言葉をもらいました。こちらこそいつもありがとうございます。

P3140070

スタッフには、活動で得られたものを今後の人生で活かせてもらえたらいいな、と思います。そのためにも、この節目にしっかりと活動を振り返ってみてください。そして、今後とも疎遠になることなく、活動に顔を見せてほしいです。よろしくお願いします。

P3140073

最後は卒業生が「花道」をくぐりぬけて、「祝う会」は終わっていきました。

私たち「そら」は、「福祉サービス事業所」として単に制度で定められた支援をするだけでなく、同じ地域に暮らす者どうしが喜怒哀楽を分かち合い、支え合うことも大切にしていける精華町を作っていきたいと思っています。その意味で、これだけの企画が「親の会」と「そら」の協働で実現できている精華町はやっぱり素晴らしいと自画自賛したいです。

今日の主役はもちろん卒業生ですが、丁寧な進行と印象に残る演出をいろいろと考えてくださった親の会の小田さんと島崎さんも影のMVPです。ありがとうございました。

ちなみに、

P3140088

活動終了後、スタッフは居残って、新入生スタッフを募集するためのポスターを作製し、

P3140085_2

その奥では、スタッフとお母さんが4月の「新入生歓迎会」の企画を練っているのでした。いよいよ新年度。みんなで良い活動を作っていきましょう。

|

« 30000ヒット御礼 | トップページ | ベビーマッサージ講座終わりました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。