« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

祝・新入学

4月になり、子どもたちの通う学校にも、また学生スタッフが通う大学にも新入生がたくさん入ってきました。

さる4月25日に、養護学校生親の会による新入生歓迎会がありました。南山城養護学校に新入学した子どもたちを祝う集まりです。「そら」も新1回生を含む学生スタッフたくさんで協力してきましたので、お伝えします。

P4250093

場所はかしのき苑。いつものごとく、交流広間がいっぱいになりました。

P4250094

この日は司会進行もお母さんたちです。とてもわかりやすい進行だったので、学生スタッフにとっては良いモデルになったんじゃないでしょうか。

P4250099

今年度、精華町在住で南山城養護学校に新入学したのは、6名でした。小中高、学年などはばらばらです。皆さん、ご入学おめでとうございます。

Img_1127

この日はそのうち3人が参加してくれました。他の子どもたちとも、またすぐに出会えることになるでしょう。

P4250111

新入生はもちろん在校生もみんな自己紹介しました。マイクについたふわふわが気になる・・・。

P4250120

おやつを食べながらの自己紹介などを終えて、移動します。ざぶとん運びをお手伝い。

P4250135

大ホールに移動してからは、写真を撮るのが非常に難しい「しっぽ取りゲーム」とか、

P4250138

「そら」の活動ではおなじみの「キャタピラリレー」とか、

P4250164

やはりおなじみの「台車リレー」とか、

P4250167

パラバルーンなどをして活動を終えました。この日の参加者は、全体で80人ぐらいだったので、パラバルーンの人数としては史上最多だったかもしれません。

P4250182

これから、少し新しい顔ぶれでの1年がはじまります。子どもも保護者も「そら」スタッフも一緒によい活動を作り上げていけたら、と思っていますので、どうぞ皆さまよろしくお願いします。

やや余談的になりますが、この日の活動後、

Img_1204

新人学生スタッフの歓迎ミニイベントが催されました!

Img_1217

ちなみに、ブログ更新担当者はその頃、平城遷都1300年で盛り上がる奈良をひたすらガイドヘルプの利用者さんと歩いていました・・・。みんなでおいしいお好み焼きを作って食べるなどしたようですね。写真から推察するには、けっこう互いに打ち解けることができたのではないでしょうか。

何回生であるかを問わず、年間を通じて学生スタッフ募集中ですので、活動希望者はどうぞ気軽に連絡をくださいませ。

| | コメント (0)

2010年4月24日 (土)

「わけわけ」協力金改定と移送サービスについて

以下は、放課後に「こどもスペースわけわけ」を使っている(または、今後使う可能性がある)養護学校生の保護者向けのご連絡です。

一昨年の「わけわけ」開所以降、「子どもの居場所事業」としての利用については、利用者の皆さまから(決して安くはない)運営協力金を頂戴してきました。

一方で、学校から「わけわけ」までの車での移動に関しては、完全に無償で実施してきました。これは「福祉有償運送」としての指定を受けずにお金を受け取れば、「白タク営業」として違法になるからです。高額の「ガソリン代」を名目として請求するのも認められていません。

福祉有償運送を開始するには、特別なドライバー講習の受講や、地元自治体などが組織する「運営協議会」での承認などいくつかのハードルがあります。「そら」では、それらをクリアすべく準備を進めていました。

そして、2010年4月1日付で京都運輸支局より、福祉有償運送の事業者として認めていただくことができました。5月1日より、養護学校からわけわけまでの移送を「福祉有償運送」として行いたいと思います。

それに伴い、「わけわけ」における「子どもの居場所事業」において利用者の皆さまよりいただいている運営協力金の額を値下げいたします。「わけわけ」の利用に伴う支払額が、移送サービス料金を含めても、これまでよりも安くなるように設定しました。

なお、移送サービスには、精華町からの補助があります(全体としての支払い額を下げられるのはこのためです)。利用にあたっては、役場に書類を提出していただく必要があります。詳しくは、以下のPDF文書をご覧ください(利用者の皆さまには、改めて同文書を配布させていただく予定です)。

今後ともよろしくお願い致します。

わけわけ協力金の改定と移送サービスについて(PDF)

Photo

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

スプリングスクール4日目(最終日)

今日は精華町スプリングスクールの第4日目。すでに多くの地域の小中学校は始業式を迎えており、今日は養護学校の子どものみの活動です。ちなみに、養護学校の始業式は明後日で、入学式は金曜日。

最高のお天気の中で、電車に乗ってお花見に行ってきました。以下、今日の活動報告です。

P4060154

学生スタッフのリーダーは小澤さん(同志社大4)、サブリーダーは三山くん(同志社大3)でした。今やベテランのふたり。

P4060091

新祝園駅から近鉄に乗って出発です。

P4060092

電車がとても混雑している中で、「とにかく外を見たい」子や「長い時間立っているのは耐えられない」子、「電車が出発するときの音が大嫌い」な子など、子どもたちの行動も様々でしたが、他の乗客の皆さんから、あたたかく声をかけていただけました。ご年配の方が多かったためか、車内にとても寛容な空気が流れていて、ありがたかったです。

ちなみに、目的地にちょっとずつ近づいていることがわかるように、途中の駅名を矢印でつないだプリントをそれぞれの担当スタッフに渡して、ひとつずつ駅名を消していく工夫をしています。このおかげで安心して電車に乗り続けられる子がたくさんいました。

Img_1059

地下鉄も含めると約50分かけて、ついに京都府立植物園に到着です。

P4060105

こういうのを「満開」というのでしょう。気候も良く、お花見には最高の条件がそろいました。P4060114 

桜の下でお弁当を食べる子たちもいれば、

P4060102

売店やレストランで食事をする子もいます。最高の陽気の中、外で食べるごはんは美味しいです。

P4060109_2

「花より団子」ばかりではなく、広々とした植物園内もたくさん散策できました。

Img_1063

人工物にあふれた社会の中で、自然が好きな子はとても多いのです。

P4060131

植物園内の「未来くん広場」には大型遊具もあって、しっかり体を動かして遊べました。

P4060153

遊び疲れて、帰りの電車では、こんな感じです・・・。

参加者は子ども14名、学生スタッフ16名、職員2名でした。今日は高校生スタッフがすごくがんばってくれました。頼もしいことです。

新学期スタートまで、あと1日ちょっと。充実した春休みになったでしょうか? 子どもたちもスタッフもスプリングスクールの感想をぜひ聞かせてください。そして、今後の活動へとつなげていきましょう。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

スプリングスクール3日目

年度が変わりました。

朝のテレビ番組編成が変わって子どもがびっくりとか、学校の担任やクラスが変わってしまうとか、新年度ならではの話が次々と飛び込んできていますが、まだまだ春休みは続いています。

そんなわけで、今日行われたスプリングスクール3日目のご報告です。

Img_0987

場所はむくのきセンター。リーダーは山本さん(同志社大3)、サブリーダーは木村さん(佛教大2)。今日から新学年で表記します。

Img_0989

午前中はなんと「そばめし」づくり。事前に「そばめし」にするか「焼きそばとごはん」にするかを参加者に確認したところ、大半が「焼きそばとごはん」。食べ(させ)たことのない「そばめし」を選択するのは、勇気がいる決断だったようです。

P4040102

細かく刻めれば理想的だけど、どんな大きさでも炒めてしまえば、けっこう何とかなるものです。

P4040130

調理の日はあわただしいので、写真が思うように撮れてません。ソースのいい匂いが漂っていた「炒め」をとばして、いきなり完成!

P4040129

ソースが足らなくなり、「ちょっと薄味」という評判もありましたが、「焼きそば」も「そばめし」もみんなよく食べてました。ブログ更新担当がつい1週間ぐらい前に神戸の某動物園で食べたそばめしよりずっと美味しかったです。いや、お世辞ではなく。本当に。

P4040147

午後は、工作。ペットボトル水時計づくりです。

P4040158

ペットボトルに絵を描いたり、キラキラしたものを入れたりしてから、色水を入れます。中間部分はゴムホースの切ったものを差し込んでつなぎ、ビニールテープでぐるぐる巻きにします。

P4040153

全面ピンク。

P4040169

水がコポコポと音を立てながら流れ落ちていく感覚が好きな子どもはとても多いです。「水時計」としての機能は果たせなくても、おもちゃとして十分に楽しめます。

P4040189

たくさん並べると、とてもキレイです。

P4040181

今日は午後のメインプログラムが終わってからの写真が豊富です。その1。よくわからない遊びをするふたり。

P4040175

その2。精華町社協(社会福祉協議会)さんがボランティアグループの活動を紹介するDVDを作るらしく、「そら」も活動の様子などを撮影されました。撮影に来て下さったのは「ITボランティア」の皆さんです。ありがとうございました。完成品にはどの子が映っているのでしょうね。上の写真は、撮影について打ち合わせをする新学生代表の藤井さん。

P4040200

その3。終わりの会をしようとすると、いつも来ている仲良しきょうだいコンビが「何かやりたい」と言いはじめ、なんと子どもたちの作品紹介&作品の手渡しをしてくれました(スタッフからは本当に何も誘ったり頼んだりしていないのです)。

誰から助言を受けるでもなく、「たくさんハートを描いてくれました。これを作ってくれたのは、○○さんです」などとひとつずつ作品を紹介して、ふだん大学生のスタッフがやっていることを完全にコピーできている小学生ふたり。子どもたち、大学生スタッフ、お迎えに来た保護者など数十名を前に堂々とした司会っぷり。ぶっちゃけ今日の活動で一番感激しました。学生スタッフはこんなふうに子どもたちのモデルにもなっていることを、自覚しておかないといけませんね。

欠席がひとりいたため、子どもの参加は19名。スタッフは学生20名、職員3名、社会人1名、学校教員1名でした。ありがとうございました&おつかれさまでした。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »