« 精華町サマースクール2010 | トップページ | たなばたフェスタ報告。そして、ウェルサンピア京都プールの行く末について。 »

2010年6月18日 (金)

同志社国際高校で話してきました。

昨日と今日は、同志社国際高校の授業でサマースクールや子どもたちのことについて話をさせてもらいました。毎年、時間をとっていただいて、本当に感謝感謝です。

Img_1489

前半は学生スタッフからボランティアとしての目線で活動を語ってもらい、後半は代表がNPOとしてのなりたちや子どもたちの多様性について話しました。

上下の写真は、今日の前半を受け持ってくれた同志社大学3回生の山本さん(国際高校卒業生)のプレゼンの様子です。自身の高校からの活動経験を踏まえて話をしていました。なお、昨日は、同志社大学3回生の三山くんが同様にがんばってくれています(せっかくの雄姿を写真撮るの忘れてました。ごめんなさい・・・)。

Img_1490

ちなみに、これは選択科目「国際理解講座」の授業の中です。「そらの活動が国際理解?」と思われるかもしれませんが、ひとつの世界に生きる多様な人々がお互いを知ることの大切さ、という意味では同じです。そういう文脈の中で私たちの活動を位置づけてもらえたら、とてもうれしいです。

話を聞いてくれたのは、2日で計60人ぐらい。活動の申し込みが少しでも多くあったらいいな、と思います。国際高校の皆さん、連絡を待ってます。

|

« 精華町サマースクール2010 | トップページ | たなばたフェスタ報告。そして、ウェルサンピア京都プールの行く末について。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。