« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

気分転換ネタ

画像の加工テスト。

Img_1558

たとえば、少し前の活動で撮ったこんな写真を、

Img_1558_watercolor_1_2 

水彩画風(クリックすると拡大表示)。

Img_1558_pointillism_1

点描画風。

Img_1558_oilpainting_4

油絵風。

なかなかうまくいきました。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

サマースクール3日目

一昨日の7月25日は精華町サマースクール3日目。工作&ピザづくりの日でした。とてもとても暑い日が続いていますが、欠席する子もなく、みんな元気に参加してくれました。

この日の活動は精華町の「ふれあい体験教室」として、小中学校の特別支援学級生と養護学校生がいっしょです。この夏から初参加の子どもがたくさんで、うれしい一日となりました。以下でご報告します。

Img_1967

場所はかしのき苑。リーダーは学生スタッフ代表の藤井さん(佛教大3)だったのですが、なぜか彼女の写っている写真が1枚も残っていません・・・。

Img_1972

午前は、マーブリングうちわづくりとプラ板づくりです。毎年、暑中見舞いづくりが定番でしたが、今年は少し手のかかるものにしてみました。うちわのベースはこんなのやで!

Img_1961

ローラーを使ったりするのも楽しいです。道具って本当に大事。道具ひとつで楽しめるものの幅がぐんと広がります。

Img_1969

うちわですので、まるいのに棒がついた形になるはずなのですが、

Img_2001_2 

いつもの工作好きの彼にかかると、まったく別のものが・・・。いちおう棒はついてます。

P7250037

プラ板では、アクセサリーを作りました。色マジックを塗って焼くと、大きなビーズみたいなのができます。

P7250040

やや得意気な感じ。

P7250061

昼食を終え、午後は運動会とミニピザづくりです(運動会はホールで行ったため、写真が全体に薄暗く、ここでは割愛します)。

Img_1992

ギョウザの皮を使ったミニピザです。ちっちゃくてかわいいピザが簡単にたくさん焼けます。パリっとした生地が、本格ピザっぽいのです。

P7250079

完成品と手順表。フライパンで簡単に焼けます。

P7250085

ツナとかコーンとかチョコバナナとか、美味しくできました。 こうやって写真で見るとスムーズな進行ですが、人数が多いため、一度に全員が部屋に入れません。午前も午後も部屋を2か所に分けて、半分ずつの時間で場所を入れ替わるなどして、どうにか乗り切りました。

子どもは定員MAXの20名。スタッフは学生19名、職員2名、そして養護学校の先生が6名も手伝いに来て下さいました。ありがとうございました。終了後、かなりのにわか雨と落雷が続いてましたが、みんな無事に帰宅できたのでしょうか・・・。

次回のサマースクールは8月6日。少し間隔が空きますね。でも小4から高3までの子は、8月1日にレクリエーション事業があります。申し込んでいる子どもたちは、どうぞお楽しみに。

| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

サマースクール2日目

昨日は、精華町サマースクールの2日目。南山城養護学校にて、「流しそうめんを作ろう&水遊びをしよう」の活動を行いました。

16年目にしてはじめての「流しそうめん」企画。いつも企画案にはあがりつつも、実現に至らなかった企画が、ついに。

以下、写真とともにご報告です。

Img_1933

学生リーダーは山本さん(同志社大3)。子どももインタビュー気分でノリノリです。

Img_1801

流しそうめんをするのですが、そうめんは手作りできないので、手打ちうどんもいっしょに流すことにしました。そんなわけで小麦粉をこねこね。

Img_1804

ふみふみ。

Img_1851

ころころ。

Img_1838

ぐるぐる。

Img_1843

とんとん。

Img_1879

ぐつぐつ。

Img_1831

ちなみに、なかよしきょうだいコンビはピンク色のうどんを作りました(そうめんっぽく)。とても楽しそうです。

Img_1883

さあ、いよいよ「流し」のときがやってきました!

Img_1893

うどんもそうめんも流れていきます。

Img_1895

みんないったいどんな気持ちで流れてくるそうめんをすくっているのでしょう。

Img_1898

まあ、君も食べたまえ。

Img_1923

食後は、ビニールプールなどたくさん出して、みんな大好き水遊びです。

P7210045

他の日との選択だったため、子どもは11名とやや少なめ。学生が試験期間に入り、人員的に厳しい日だったため、養護学校の先生にたくさん助けていただきました。本当にありがとうございました。

ひどく暑い日が続いてますね。どうぞ子どもたちもスタッフも体に気をつけて、次回の活動に来てください。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

精華町サマースクール2010開校!

一昨日、7月18日から精華町サマースクール2010が開校しています。

養護学校生と特別支援学級生のためのプログラム。1995年にはじまったので、今年で16回目を数えます。多くの小中学校は今日が終業式のはずですが、養護学校は先週末が終業式だったので、一足早くサマースクールがはじまりました。

今夏もできるだけがんばって夏の子どもたちの様子をお伝えしていきたいと思います。

Img_1715

記念すべき開校のリーダーは岡本さん(関西大2)でした。多くの大学生は試験を控えている中で来てくれています。本当にありがたいです。場所はむくのきセンター。

Img_1734

午前はたこやきづくりでした。関西の家にはけっこうあるたこ焼き器。各家庭のご協力に感謝です。

Img_1718

子どもが好きなウインナーとかチーズとか入れます。

Img_1756

とてもよく集中して取り組めたようです。

Img_1748

ここからまあるくなっていく過程は子どもたちにとっても楽しいことでしょう。

Img_1768

きれいにまんまるです。

Img_1762

いただきまーす。

Img_1767

うまいで。食べてみ。

Img_1771

午後は大スクリーンで映画観賞。ちょっとぼやけてますが、「トゥース」っぽくなってます。なぜ春日。

Img_1783_2

最後はおなじみパラバルーンです。パラバルーンがひゅーんと飛んでいく瞬間が撮れました。これがけっこう盛り上がります。

Img_1787

参加は、子ども13人(うちきょうだい3人)、学生スタッフ21名、職員2名でした。南山城養護学校からも先生が3名手伝いに来て下さいました。いつもありがとうございます。明日21日は南山城養護学校をお借りしての活動です。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

第2回レクリエーションのお知らせ

今年度2回目の障がいをもつ子どもむけレクリエーションのお知らせです。精華町に暮らす障がいをもつ子どもならば、幼児から高3まで参加できます。

いつも同じ日の午前と午後で学年を分けて実施していますが、今回は日にちを分けました。小3以下のちびっこは8月21日に田辺公園プールで遊びます。小4以上は8月1日にむくのきセンターでおひるごはんづくりをしたいと思います。

レクリエーション事業に登録をしてくださっている方のところには、もう少しすると案内が届きます。未登録の方は、登録をお願いします。

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

第2回レクリエーション チラシ

第2回レクリエーション 申込書

学校や幼稚園などはいよいよ夏休みに入りますね。暑く長い休みを楽しく乗り切るために、うまく活用してもらえたらと思います。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

京親協さんでお話をさせてもらいました。

Dvc00073

ずいぶん更新が滞っていました。子どもたちの夏休みを目前に控え、ばたばたとしています。

報告したいこと、お伝えしたいことなどもたくさんあるのですが、1点だけ。本日、そら代表が「京親協」に招かれて、研修講師をしてきました。京親協とは、「京都障害児者親の会協議会」の略称です。

府下の多くの市町村に、障害をもつ人たちの「親の会」があります。京親協は、その親の会の連絡組織のようなものです。そこから、親の会とボランティアの関係などについて話をするように求められ、「なぜボランティアが集まらないのか? ~親の会とボランティアの未来~」という演題で、各地の親の会の役員さんなどに向けて2時間ほど話してきました。

学生ボランティアの時代から、あちこちの「親の会」と関わりながら、親たちと支援者が協働していくためのモデルを考えてきた者としては、感慨深いものがあります。同時に、講演後に何人かのお母さんと話をしながら、この10年ほどの間に「福祉サービス」が増えたことの負の側面を改めて痛感することとなりました。

「親の会」には「親の会」にしかできないことがたくさんあります。「そら」として行う支援を充実させつつ、「親の会」もまた維持発展できるように、これからも尽力していきたいと思います。拙い話を聞いて下さった各地のお母さん方、ありがとうございました。また不明だった点などあれば、気軽にお問い合わせください。

(8/26追記)

京親協さんのほうで講演内容をすべてテープ起こししてくださいました。概要が次号の「京親協だより」に掲載される予定ですが、概要では、せっかくのテープ起こしがもったいないので、話の意味がわかりにくいところなど少しだけ修正を加えた上で、以下から読めるようにしておきます(長いし、話し言葉を文字化したものなので、あんまり読みやすいものではないです。ご了承ください)。

7/13京親協講演録(PDF)

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

たなばたフェスタ報告。そして、ウェルサンピア京都プールの行く末について。

さる6月27日、今年度1回目のレクリエーション事業「たなばたフェスタ」を、むくのきセンターにて催しました。

今年度から参加する新しい顔ぶれも加わり、みんな元気いっぱいの活動になりました。その模様を、行事当日は別の仕事のため、オープンからまだ間もないイオンモール京都をくまなく歩き回っていた更新担当者が、想像力豊かにご報告します。

Img_1507

場所はおなじみのむくのきセンターです。とても広いスペースなのですが、これだけ子どもとスタッフが集まると、そうは見えないですね・・・。

Img_1508

学生リーダーは藤井さん(佛教大3)、サブリーダーは長沢くん(立命館大3)。立命生のリーダーは久しぶりです。

Img_1522

午前は小学校3年までのちびっこグループ。まずは七夕のたんざくづくりです。

P6270063

かんせーい!

Img_1550

続いては、ホットケーキづくり。タネをこねこねその1。

Img_1555

こねこねその2。

P6270016

ちいさなホットケーキがでっかく見えます。

Img_1579

手遊びなどして、最後はいつもの作品紹介で終わりました。今回もきょうだいたちがスタッフ顔負けの大活躍です。

ちびっこたちが帰り、1時間半が経つと、今度は午後の部がはじまります。小4から高3まで。

Img_1581

午後の部の学生リーダーは田中さん(同志社女子大2)、サブリーダーは田川さん(同志社女子大2)。「現代子ども学科」コンビです。夏休みに向けて、着々と新しいリーダーが育っています。

Img_1599

まずは楽器作りと七夕飾りづくり。午前と違い、工作の時間を長くとっています。

P6270110 

暑い日でしたから、フローリングの床がひんやりして気持ちよさそうです。

Img_1604

楽器は、でんでん太鼓的なものとマラカスみたいなものを作り、

P6270170

七夕飾りで星に願いを込めました。この写真だと小さくて見えませんが、将来いろいろとやりたいことがあるようです。

P6270142

工作が終わると、音楽会。学生スタッフの中には、音楽経験のある人がけっこういるのです。でも、バイオリンはすごいなぁ・・・。子どもたちが作った楽器も、ここで使われました。

P6270161

音楽遊びなどをその後もみんなで楽しんだわけですが、

P6270144

工作好きの彼は、楽器や七夕飾りでは飽き足らず、ホワイトボードにオリジナルヒーローを書いて過ごしたのでした。「ブラックマンネクスト」らしいです。2011年に公開されるのだそうです。

子どもの参加人数は、午前が20人で、午後が12人。学生スタッフは、午前と午後合わせて31人でした。たくさんの参加、ありがとうございました。おつかれさまでした。

レクリエーションは8月にもまた予定していますので、どうぞお楽しみに。ただ、レジャープールでの活動にしたいのですが、ウェルサンピア京都が大学の用地として売却されてしまったため、この数年お世話になってきたプールが使えない可能性が高そうです(あのプールが無かったら、近隣住民が行ける大きなレジャープールは無くなってしまいますね・・・)。他に近場で手ごろなところが見つからなければ、もしかすると今年度はプールを断念せざるをえないかもしれません。

リンク先の記事を読むと、落札者である大学(そら代表の母校)が「遊技施設は市民に開放する」と言っているようなのですが、今のところ今夏に開放されるという情報は得られていません(※下に追記あり)。というか、問い合わせ先さえわかりません・・・。どなたか情報ありましたら、教えてくださいませ。

追記:↑のように書いていたら、学生が大学に聞いてくれました(学生関係の事務窓口での情報らしいので、公式発表とかではありません)。それによると「プールは開放 or 転売 or 取り壊してキャンパス」だそうです。ウェルサンピアの宿泊施設はどうしてくれてもかまいませんが、プールは地域のためになんとか残してほしいものです。私見ですが、「国際交流や地域連携の拠点」を作るために、地元の親子連れが楽しめる場を無くすのは本末転倒と思います。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »