« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月19日 (火)

新人職員からのごあいさつ

子どもたちが入学、進級などして10日あまり。学校の短縮授業も終わり、少しずつ新しい生活に慣れつつあるところでしょうか。

少し遅くなってしまいましたが、ご報告です。「そら」には、4月1日より常勤の職員が加わりました。新卒の女性職員です。

以前から「そら」と関わりのある人には既によく知られている彼女ですが、仕事をはじめるにあたって、本人より自己紹介文を書いてもらいました。以下よりどうぞ。

はじめまして! 4月からNPO法人そらで働くことになりました。川本倫子(かわもとのりこ)と申します。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします(^^)

今年の3月に卒業した大学では、福祉と心理学を学びました。また、教育の分野にも興味があり、地域の幼稚園と小学校にスクールサポーターとしてボランティアに行っていました。体を動かすことが大好きで、高校時代は女子サッカー部でキャプテンを務めていました。今では趣味でフットサルを続けています。

私と「そら」の出会いは、友達に誘われて参加した、2007年のサマースクールでした。それから4年間、学生ボランティアとして参加させていただいていました。私にとって「そら」は、居場所の一つでした。子どもたちと関わるたびにその魅力に魅せられ、笑顔を見るたびに元気をもらっていました。子どもたちともっと関わっていきたい、少しでも支えになりたいという気持ちが今の私を「そら」へと導いたのだと思います。「そら」の理念である≪たったひとつの人生を選べるように支える≫という考え方を大事にして、「そら」に関わるみんなの≪たったひとつの人生≫が豊かになる社会を目指していきたいです。

「そら」を通じて出会った子どもたち、保護者の方々、地域の方々、先輩職員、そしてボランティアスタッフみんなとの繋がりを大切にして、「そら」がみんなの安心できる楽しい居場所になるように、一生懸命ベストを尽くしていきたいと思います。

まだまだ未熟なところだらけですが、どうぞよろしくお願いいたします★★

「そら」の学生スタッフ代表を経ての就職となりました。これで「そら」の常勤職員は4名となります。

新年度も「そら」をどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

スプリングスクール4日目

4月3日、スプリングスクールの4日目が行われました。暦の上では新年度1回目ですが、この春休みに行なってきたスプリングスクールの最終日です。

この日は「お弁当を作って、花見に行こう!」。毎年、恒例になりつつある企画です。以下、写真とともに報告します。

Sany0002

学生リーダーは木村さん(佛教大3)、サブリーダーは千葉くん(同志社大2)でした(学年は4月からの新学年で表記しています)。場所はかしのき苑。

Sany0028

午前は調理室で、お弁当を作ります。子どもたちの到着前には、調理器具の煮沸消毒や調理材料の小分けで、調理室は大わらわなのですが、そうした準備のおかげで、子どもたちはスムーズに調理に入っていけます。

Sany0009

手順書を見ながら、順番に進めていきます。毎回、泣く子が続出の玉ネギみじんぎりは、今回もありました。

Sany0017

みじん切りにした玉ねぎを炒めます。香ばしいにおいが・・・。

Sany0029

玉ねぎをひき肉と混ぜ合わせます。ひき肉が手にはりつく感触がダメな子も、手袋でへっちゃら(これはお母さんが用意してくれました)。

Sany0046

そしてハンバーグ完成。お弁当のメインおかずですね。

Sany0011 

もちろんハンバーグだけではなく、他のおかずも作ります。サブおかず代表はポテトサラダ。じゃがいもをすりこぎでぐにぐに。

Sany0049

弟といっしょに参加したおねえちゃんに双子の卵が! なんだかうらやましい。

Sany0052

完成! 彩りよくできました。見るからにおいしそうです。

Sany0056

できあがったお弁当をもって、かしのき苑を出発します。目的地はけいはんな記念公園。20分ぐらい歩くうちにおなかはぺっこぺこ。

Sany0067

到着しました。桜を見るにはちょっと早かったけれど、梅などきれいに咲いていました。

Sany0077

手作りのお弁当を味わい、

Sany0078

自然を散策する子や庭園でコイにエサをやって楽しむ子、アスレチック遊具で遊ぶ子もいました。

Sany0076

お天気に恵まれた本当によかったです。子どもの参加は16名(きょうだい2名)、学生スタッフ20名、学校の先生1人、そら職員4名でした。ありがとうございました。

なお、これまで最大でも「3」だった「そら職員」数が「4」になっている理由は、こちらをご覧くださいませ。

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

スプリングスクール3日目

3月31日、22年度の最終日にスプリングスクールの3回目「体を動かそう&映画を見よう!」が行われました。

午後からは大スクリーンでアニメ映画を楽しんだのですが、今回は午前中のプログラム紹介を中心に報告してみたいと思います。このブログにはけっこう「障害児 レクリエーション」などで検索かけてやってくる人も多いのです。参考にしてもらえるかもしれません。

Img_2031

学生リーダーは柚木さん(滋賀大2)、サブリーダーは槙野さん(同志社女子大1)でした(学年は3月までのものです)。

Img_2070

「体を動かそう」は、小さな運動会みたいなものです。スケジュール(競技)はこんなふうに絵を入れたものを貼り出しておきます。

Img_2040

キャタピラリレー。

Img_2036

「そんな子どもじみたものやってられっか!」という感じの彼は、横向き高速回転で。

Img_2042

デカパンリレー。子どもとスタッフが2人1組で、でっかいパンツに入って、走ります。

Img_2059

台車リレー。これは、子どもを乗せて走ってもいいですし、

Img_2057

「そんな子どもじみたものやってられっか!」という彼にはひっぱってもらいましょう。

Img_2071

これは子どもたちにはおなじみの「しっぽとり」。この遊びを知っているかいないかで、年齢がばれるかもしれません。

Img_2068_2

腰からしっぽをぶらさげて、それを奪いに走ります。ルールがわかりやすく、盛り上がります。

Photo

じゃんけん列車。「じゃんけん」がけっこう難しい子どももいますが、「負けたら、後ろにつながって、どんどん長くなる」感じはみんな楽しめます。じゃんけんが難しい子には「じゃんけんカード」的なものを用意してもいいですね。

Img_2092

なべなべそこぬけ。最初は2人からはじめて、だんだん人数を増やしていき、

Img_2095

最後は全員で「そこがぬけたらかえりましょー」。どんなに大きくなっても、ちゃんと裏返るのが面白いです。

Photo_2

手遊び。これは「アンパンマン」の手遊びです。同じ手遊びでも、スピードをすごくゆっくりにしたり、すごく速くしたりすると、また違う楽しみ方ができます。

Img_2105

パラバルーン。いつも活動のラストを飾ることが多いのですが、この日はなんと、

Img_2112

子どもがマイク片手にパラバルーンを仕切ってくれました。すごい!

子どもの参加が13人、学生スタッフ16人、そら職員2人でした。ありがとうございました。子どもたちみんなで「映画」を見ることの難しさ、についても書きたいのですが、それはまた後日。

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

スプリングスクール2日目

3月27日に行われたスプリングスクールの2日目の様子をご報告します。場所はむくのきセンターです。

Img_1903

学生リーダーは田中さん(同志社女子大2)、サブリーダーは岡本さん(関西大2)でした(学年は3月までのものです)。

Img_1906

この日の午前中は「楽器づくり」。ヨーグルト等の空き容器を使ったマラカス的なものと、紙皿を使ったカスタネットを作ります。

Img_1912

真剣な表情。

Img_1917

卒業した高3生も年度内までは参加できるので、先日の「卒業生を送る会」で送りだされた子も来ていました。ラストスプリングスクール。

Img_1925

切ったり、貼ったり、描いたり、それぞれに得意なことも苦手なこともあります。得意なことは自分で、苦手なことはスタッフが手伝って進めていきます。

Img_1958

お昼ごはんをはさんで、午後は音楽や体を動かす遊びを楽しみました。

Img_1982

穏やかなよい笑顔。

Img_1970

音楽の時間には、午前中に作った楽器が大活躍。けっこういい音が鳴るのです。

Img_1997

スタッフと力を合わせた競技をしたり、

Img_2005

カゴが手ごろな位置までやってきてくれる玉入れをしたり、

Img_2015

長い長いジャンケン列車をしたり、

Img_2022

パラバルーンをしたりしました(今回の写真は、みんなが中に入っている瞬間です)。

子どもの参加は18人(うちきょうだい2人)、学生スタッフ18人、学校の先生2人、そら職員3人でした。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

スプリングスクール開校!

春らしい陽気が見られるようになってきましたね。少しブログの更新作業が遅れてしまってますが、ひとまず3月22日に行われたスプリングスクール2011初日「お好み焼き&おもちゃを作ろう!」の模様をお送りします(以降の日程ぶんも順次アップします)。新年度1回目の更新なので、活動の紹介の意味も込めて、いつもより丁寧に説明を加えていきます。

Img_1788

学生リーダーは山下さん(佛教大2)、サブリーダーは中田さん(同志社女子大1)でした(※学年は22年度)。障害をもつ子ども向けの集団プログラムは、学生スタッフが主体となって、企画準備進行などを行います。この日の活動場所は、かしのき苑。近鉄新祝園駅から100円のコミュニティバスで8分です。

Img_1794

朝の会で呼名や歌、スケジュールの説明などをしたら、部屋を移動。この日は調理室でお好み焼きづくりです。個別に写真入りの手順書を配って作ります。

Img_1801

調理は活動の目的がわかりやすいので、人気があります。必要なサポートはさまざま。補助したり、ときには代わりに作業したり。ときには、じっと見守ることも大事です。

Img_1804

共同作業を通じて、信頼関係も強いものになっていきます。自炊しない学生でも、子どもたちよりは上手にできる、はず・・・。

Img_1814

待ち遠しい焼きあがり。

Img_1813

完成! カメラ目線の写真を撮るのはなかなか難しい。

Img_1824

ランチタイムの後、午後のプログラムがはじまるまでは、おもちゃでゆったり。

Img_1829

こんな遊びがいっしょにできる子もいます。ちなみに代表はこの子とトランプで神経衰弱をしてボロ負けしたことがあります。子どものもつ力はとても不思議。

Img_1884

午後のプログラムはおもちゃ作り。これまたやさしい手順書を見ながら作っていきます。

Img_1864

2種類のおもちゃを作りました。こちらは「ぴょんぴょんガエル」づくりの様子。指でおさえて離すと、「ぴょん」と跳ぶおもちゃです。

Img_1859

高学年ともなるとハサミの扱いが上手になってきます。

Img_1870

絵を描くのが苦手なら、シールを貼るのもあり。材料を子どもに合わせて揃えます。

Img_1888

作品をアップで撮った写真がなかったのですが、こんな「けん玉」もできました。高価な材料は使ってません。ほとんどリサイクル工作です。

Img_1896

工作後は、簡単な手遊びとパラバルーン(写真に映っている大きくてキレイな布)。やさしい音楽の中でゆらゆらと揺れるパラバルーンを見ていると、身も心も癒されます。

Img_1894

最後はみんなで終わりの会。活動が終われば、子どもたちはまた家族のもとに戻っていきます。私たちの活動は、週末や長期休暇の過ごし方に悩む子どもたちにとっての居場所であるとともに、家族にとっての休息でもあるのです。

Img_1875

そんな活動に取り組む「そら」は、いつでも学生ボランティアスタッフを大募集中。スタッフにとっては、社会や地域とつながるチャンスです。少しでも興味をもったら、どうぞ気軽に連絡ください。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »