« 七夕企画をしました。 | トップページ | サマースクールがはじまっています! »

2012年7月21日 (土)

学生スタッフ研修がありました。

間もなく夏休み中の一大イベント「精華町サマースクール」がはじまります。多くの学生スタッフが障害をもつ子どもたちと活動するのですが、さる6月27日、学生スタッフによる学生スタッフのための研修がありました。

京都府自閉症協会が6月16日に開催した自閉症セミナーに、学生たちの一部が参加したため、そのセミナーの「報告会」という形で行われました。ちなみにそのセミナーは『あたし研究』という有名な本を書かれた小道モコさんが講師をされ、自閉症当事者としての様々な体験をお話しくださるものでした。

Cimg4199

研修会場はそら事務所です。研修をするにはやや手狭ですね・・・。

Cimg4201

「受講生」の学生スタッフたち。たぶん大学の講義よりも熱心に聞いています。

Cimg4207

研修担当スタッフが小道モコさんがお話されたエピソードを紙芝居など使って解説。

Cimg4217

ちょっとしたグループワークなどもありました。

Cimg4221

子どもにとって、どんな文字フォントが読みやすいのか、について検討。これもモコさんの講演の中にあった話題でした。

Cimg4231

事前にリハーサルまで重ねた成果はあがったのではないかと思います。研修班の皆さん、おつかれさまでした。

研修の中でも触れられていた通り、モコさん個人のエピソードが「自閉症」の方たちみんなにあてはまるわけではない、ことを踏まえつつも、私たちが関わる子どもたちは多くが自分の体験について話すのが難しいわけなので、「語れる」自閉症の方からたくさんのことを学べたらと思います。

外部研修にもどんどん出て行って学びましょう。9月に予定されている以下の研修もお知らせしておきます。

講演会「自閉症スペクトラムの理解と支援」(NPO法人Create)

|

« 七夕企画をしました。 | トップページ | サマースクールがはじまっています! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。