« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

こねっく見学会をしました

先週の23日(水)、「こねっく」にて次年度の事業説明会を実施しました。すでに前回の更新でご報告しています。

説明会に続いて、24日と28日に「見学会」を行いました。教室での子どもたちの様子を実際に見ていただき、ホールでのプログラムは事前に撮影していた動画を放映しました。

「こねっく」にはマジックミラーがないため、子どもたちからも見学者の姿が見えてしまい、プログラムの進行に影響します。また、日によってプログラムや課題の内容も大きく違うので、見ていただいた内容がどんな子どもにも当てはめられるわけではありません。それらの理由から、見学会は昨年度までやってきませんでした。

今回、見ていただいた結果として通所を決めてくださった方もおり、よかったです。見学会の実施にあたっては、卒園児保護者会「こねリン」のお母さんからも少しお手伝いをいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

事業説明会をしました

130123_104952

今日は「発達支援ルームこねっく」にて、来年度の事業説明会でした。

「来年度」とはいっても、4月から通所を開始しようと思うと、それまでに保護者の方からの聞き取り、子どもの発達検査、役場への各種書類の提出…、などけっこうやらねばならないことは多く、これでも事業説明会の時期としてはギリギリです。

来年度も小集団or個別のプログラムを、ひとりひとりの子どもに合わせて丁寧に進めていきたい、と思っています。

十数名の保護者の方々とたくさんの保健師さんたちが参加してくださいました。また、今年はこねっくの卒園児保護者会「こねリン」からも2人のお母さんが来てくださり、子どもを実際に「こねっく」に通わせた体験談をお話ししていただくことができました。私たちにとっても元気づけられる内容でした。

「どんなことをしているのか、説明だけではわかりにくい」という声も受けて、今年は別に見学日も設けるなどしています。たくさんの親子に通ってもらえる場所になれば、と思います。

いろいろと資料を配りました。その中の1枚だけを以下からダウンロードできるようにしておきますので、どうぞ関心のある方はご覧ください。

「わたしたちのおもい」

| | コメント (2)

2013年1月19日 (土)

障害者基本計画ワークショップ

今日は精華町の障害者基本計画行動計画ワークショップでした。第3回目です。

「ライフステージ別の一大事」と「緊急災害時に困ること」の2グループに分かれて議論をしているのですが、今日は現状についての学習会をするとのことで、「そら」代表も「障害をもつ子ども(と家族)が受けられる支援について」と題して、25分ほど地域の社会資源についてのお話をさせていただきました。その他にも、相楽支援センターや社会福祉協議会、町福祉課などからも報告がありました。

町内の資源がなかなか増えないことについて、事業所や行政などの支援者にとって耳の痛いご意見もたくさん頂戴しました。

「そら」としても、「本当はなんとかしたいんだけど」という言い訳ばかりしているのは嫌ですので、現状維持ではなく、新しいものを生み出せるように頑張りたいと思います。実際に絶えずそれを目指して活動しているつもりです。

そのためには、多くの方からの協力がさまざまな場面で必要です。新しい社会資源ができるには、人、物、お金、場所など、多くの条件をクリアする必要があります。いずれも簡単ではありません。が、乗り越えねばならない壁です。

ワークショップは次回が最終回ですが、精華町の未来に向けて何か明るい道筋が参加者に共有されて終われるような場になればと思います。

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

ニュースから

活動報告などではありませんが、たまには。

昨日、日本の自殺者が15年ぶりに3万人を下回った、というニュースがありました。

いろいろな理由が言われているのですが、最近の自殺統計で自治体別の数値を公表していることが、各自治体が熱心に取り組むようになった一因とも指摘されています(参考)。

精華町はどうか、気になって見てみました。知らなかったのですが、平成23年の精華町の自殺死亡率は近畿では最も低く、全国の市町村の中でも2番目に低い数値でした(2.74)。

人口の年齢構成なども影響すると思うものの、多くの自殺が複合的な理由から起きてしまうことを考えると、福祉の水準もいくらか影響しているのではないかと思います。ゼロというわけではなく、亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げますが、少し希望の見える数字でした。

24年は12月分のデータがまだ公開されていませんが、昨年よりは多く、11月までに3人の方が亡くなられているようです。

生きづらさを感じる人に対して、さまざまな角度から支援の手が差し伸べられる精華町であることを望みますし、私たちの支援もその一部でありたい、と思います。

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

ウィンタースクール最終日

冬休み最後の週末です。今日はウィンタースクール最終日。「凧を作ろう&初詣に行こう」の日でした。

初詣は毎年いろいろな場所に行ってますが、今回は地元の神社にお参りしてきました。写真とともにご覧ください。

Cimg6998

場所はかしのき苑。学生リーダーは東口さん(同志社女子大2)、サブリーダーは小倉さん(帝塚山大2)でした。

Cimg7002

午前中は工作。お正月らしく、凧作りです。

Cimg7001

ちょっと見えにくいですが、これが手順書。ビニール凧を作ります。

Cimg7010

この工作の中心となるのは、やはりビニールにどんな絵を描いていくか、でしょう。

Cimg7014

少しスタッフがお手伝い。

Cimg7027

「私はかわいい」とつぶやく猫。

Cimg7051

とても几帳面な水玉。

Cimg7054

ポケモンシールも登場。

Cimg7036

こんなお手本をまねて描く子もいました。

Cimg7069

凧に描かれる凧。

Cimg7033

絵を描き終えたら、組み立てていきます。

Cimg7057

別室で作ったってかまいません。

Cimg7007

なんだか凧作りは難しそうで、自信もなくて、ふざけているばかりだった彼も、

Cimg7045

ちょっとできたことをみんなに褒めちぎられているうちに、

Cimg7049

どんどんやる気になっていきます。自信って大事。ほめるって大事。

Cimg7038

ビニールひもをつけたら完成。たこ糸よりもこっちのほうがからまりにくいようです。

Cimg7078

工作が終わると、お昼ごはんタイム。

Cimg7089

おにぎり。

Cimg7085

くまモン弁当箱とふりかけ。

Cimg7079

巻き寿司。

Cimg7087

ほっともっと。

Cimg7122

こちらは落ち着けるロビーで昼食をとっています。

P1060044

お昼頃、おととしから小学校の先生になった元・学生スタッフの平田さんが顔を出してくれました。今は3年生の担任をされているそうです。「そら」での経験を活かしてくれているはず。

Cimg7131

ごはんを終えたら、初詣に出発です。

Cimg7137_2

精華台の街の中を歩いていきますが、子どもにとってはけっこうな距離のはず。

Cimg7134_2

それでも、みんな元気いっぱいです。

Cimg7139

稲植神社に到着しました。他にも参拝客がちらほらと。

Cimg7159

初詣などをしながらシールを貼っていく形式。

Cimg7141

手を清めてから入ります。

Cimg7164

そして、参拝。

Cimg7152

スタッフお手製のおみくじで大吉です! 良い一年となりますように。

Cimg7172

参拝後は精華台1丁目にある「かおり公園」で遊びました。

Cimg7171

ターザンロープなどの遊具も楽しい公園ですが、もちろん凧揚げもしています。けっこうちゃんとあがっていました。

Cimg7187

こうして精華町ウィンタースクール2012-13は幕を閉じました。今日は特別支援学級生と支援学校生がおよそ半分ずつぐらい。終わりの会のとき、子どもたちに一日の感想を聞くと、たくさんの手があがって、とても印象深かったです。

Cimg7098

参加者は、子どもたちが19人、ボランティアスタッフ25人、職員3人、学校の先生1人でした。

この冬休みも多くの方々や関係機関にご協力を賜り、無事に事故もなく活動を終えることができました。本当にありがとうございました。

冬休みはまだ一日残っています。どうぞ体調管理に気をつけて、元気に始業式を迎えてください。学生スタッフたちはもうすぐ試験期間ですね。がんばって単位とってください。

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

ウィンタースクール3日目

さる1月4日、2013年最初の「ウィンタースクール」が行われました。特別支援学校生向けのプログラムです。冬休み中の活動としては、通算3回目。

みんなで海遊館に行ってきました。以下、写真とともにご報告です。

P1040043

学生リーダーは秋元さん(帝塚山2)、サブリーダーは渡邉くん(同志社大2)でした。

Cimg6945

いつもお出かけは新祝園駅や高の原駅に集合することが多いのですが、この日は登美ヶ丘駅に集合。乗り換えなしで大阪港へと向かいます。

Cimg6944

けっこうたくさんの駅に停まりながらの道中。ひとつずつ駅を確認。

Cimg6951

あとどのぐらいで着くのかな。

P1040025

到着しました、大阪港。

Cimg6954_2

おなじみの商店街を抜けて、

Cimg6956

海遊館に到着です。まずは記念撮影。

Cimg6966

次に腹ごしらえ。焼きそば。

P1040008

とんかつ定食。

Cimg6964

お弁当持参。

P1040007

きょうだいも楽しそうに参加できています。

P1040015_2

食後、いよいよ海遊館へ。けっこう人が多くて、チケット購入に苦労したようです。かんじんの海遊館内で子どもが写っている写真はあまり撮れていません。人が多いし、子どもの移動も早いためです。サメ。

P1040010

ペンギン。

P1040013

小魚。

P1040028

ちなみに、海遊館内ではチェックポイントごとにシールを貼っていくようにしました。

P1040018

全部まわってクラゲ前でゴール。

P1040039

帰りはさすがにお疲れの様子。

Img_5336_2

最後はゆるキャラ好きの彼の写真で。子どもが10人、学生スタッフが18人、職員2人、支援学校の先生1人の参加でした。年明け早々の外出ということもあり、いつもよりは少しこじんまりとした活動になりました(とはいっても、全体では30人以上ですが・・・)。

いよいよ次回の活動でウィンタースクールも終わり、学校が再開されます。皆さんくれぐれも体調にはお気をつけてください。

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

年賀状

毎年、年賀状を様々な方から頂戴しています。

ありがとうございます。

楽しく、ときには懐かしく、それらを読ませていただいておりますが、「そら」からは関係機関などを除き、ほとんど年賀状をお出ししていません。子どもたちの家庭やボランティアスタッフに送ると膨大な枚数になってしまうためです。

その代わり、毎年、関係機関向けにお出ししている年賀状をブログ上で公開していますので、興味ある方はご覧くださいませ。

年賀状2013

ただ、子どもの顔写真をふんだんに使った例年と比べ、今年はよりメッセージ性の強いものとなっているので、「面白さ」はないかもしれません。楽しみにされている方たちの期待を裏切ってしまっていたら、申し訳ありません・・・。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

「そら」は5月に設立10周年を迎えます。
10年が経って、いろいろと見えてきました。

地域の課題に、組織の課題。

以前は見えなかったものが見えるようになったのは、私たちが成長したからなのかもしれません。

ただ、解決に向けて動き出せないのならば、そんな成長には大した意味がないこともわかっています。

時代は厳しいです。福祉制度がどうのこうの、ではなく、人々の閉塞感が、より立場の弱い人々への苛立ちや敵意へと転化しつつあるように感じます。「他人に甘えるな」「自分でなんとかしろ」と。

日々の子どもたちや家族との関わりはもちろん大切ですが、「そら」のひとりひとりの支援者が個別に良い支援を志すことだけでは、世の中の流れには抗えないのではないか、と危惧しています。

社会のために人間があるのではなく、人間のために社会があるのだ、ということを「そら」という組織、「精華町」というまち、「日本」という国が感じさせてくれるような大きなうねりを作っていかねばならないのでしょう。

そのためには、みんなで声を上げていかねばなりません。

今年の「そら」は、組織として新拠点の確保に向かいます。今の「こどもスペースわけわけ」がもう使えなくなるからです。

そのための過程と成果が、単なる「事業所のための物件取得」にとどまるのではなく、人々が社会に対して希望を抱けるようなものにしていきたいと思います。まずは「そら」への希望を。次に「精華町」への希望を。さらには、この国で生きていくことへの希望を。

どうぞ本年も皆さまの力をお貸しください。

NPO法人 そら
理事長 地主明広

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »