« かしのき苑あり方検討会議 | トップページ | 「偲ぶ会」に行ってきました »

2014年2月28日 (金)

共同募金の使いみち

今年度も共同募金会様より「発達支援ルームこねっく」に歳末たすけあいの助成金をいただきました。

「催し」に対する助成ということですので、子どもたちにとって有意義な企画に使いたいと毎年考えます。昨年度は「小学校ごっこ」をしました。地元の小学校で使っているのと同じ机・イスを用意して、就学前の年長児さんたちが用具に慣れるための活動ができました。

今年度の企画は「病院ごっこ」にしました。子どもたちの中には、検診や医療受診などの場面で、慣れない環境や見通しのもてない診察に対して不安を抱き、強く拒否したり抵抗したりしてしまう子どもがいます。

病院やお医者さんに対するイメージを子どもたちにもってもらえるように、診察時の環境を疑似体験したり、病院での治療を目で見て理解したりできるように、必要なグッズを購入させていただきました。

1

本物ほどはこわくない聴診器や注射器などのセットや、

3

歯みがきの大事さを学ぶことができる「ロンタくん」。

2

診察や治療の内容を目で見てわかる絵カード。

4

この座椅子は歯医者さんで「リクライニング」に抵抗がある子のため。

5

自分のからだを大切にできるように、子どもたちには病院やお医者さんを信頼できるようになってほしいと思います。そのための「病院ごっこ」でした。京都府共同募金会さん、ありがとうございました。

|

« かしのき苑あり方検討会議 | トップページ | 「偲ぶ会」に行ってきました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。