« ご寄付に感謝します | トップページ | 「ハロウィン★パーティー」をしました »

2014年10月17日 (金)

国研修に行ってきました

障害をもつ人たちの支援をする事業所には「管理責任者」と呼ばれる人がいます。管理責任者となるには、各都道府県で行われる研修を受けなければいけません。

今年度、京都府では12月に研修が予定されているのですが、「そら」代表がその児童分野の講師をすることになりました。すると、国が行なっている「研修講師をするための研修」を受ける必要があるとのこと。

そのようなわけで、10月1日(水)~3日(金)まで埼玉県所沢市で行われた「指導者養成研修」に参加してきました。

Dsc_0091

講義や演習など盛りだくさんの三日間で、現行制度の内容について復習するとともに、国が導こうとしている方向を確認するのに良い機会でした。相談支援(サービス利用計画)と各事業所(個別支援計画)の連携が強調されるようになっていて、この地域(というか京都府全体)の現状とずいぶん差を感じる部分はありますが、国の考えている理想像はよくわかりました。

全三日のうち二日間はほとんどが児童分野の担当者ばかりで集まっての研修だったので、障害児支援をめぐる全国的な動向もつかめてよかったです。交流できた範囲では、「そら」のような小さな法人からの参加者は少なく、大きな法人で子どもに対して長く実践をされてきた方が多いようで、グループワークやロールプレイの質の高さが印象的でした。また、親睦会などを通じて、国全体の発達支援を良い方向に導こうとしておられる講師の方たちの熱意に触れることもできました。

京都府さんから依頼されて受講にいった研修ではありましたが、とても有意義な三日間でした(もちろん旅費なども京都府さんから出していただけるのです)。自分の実践にも、今冬の府研修にも活かしていきたいと思っています。

|

« ご寄付に感謝します | トップページ | 「ハロウィン★パーティー」をしました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。