« 国研修に行ってきました | トップページ | 「サービス利用計画」のゆくえ »

2014年10月26日 (日)

「ハロウィン★パーティー」をしました

さる10月12日(日)、障害をもつ子どもたち向けのレクリエーション「ハロウィン★パーティー」をしました。町の子育て支援課から委託を受けている事業の今年度4回目です。

すっかり日本の秋行事として根づきつつあるハロウィン(その経済効果はすでにバレンタインデーを超えているのだとか)。今年もたくさんの子どもたちが今回も参加してくれました。以下、写真とともにご報告していきます。

場所はむくのきセンターでした。なお、カメラが一台壊れていることに当日まで気づかなかったため、いつもより写真が少なめです。

Cimg2645

午前は幼児~小学3年生までのグループ。学生リーダーは小森さん(同志社大2)、サブリーダーは相原さん(同志社大2)でした。2回生がどんどん中心を担えるようになっていきます。頼もしいことです。

Cimg2589

ハロウィンにちなんだ工作をします。かぼちゃ。

Cimg2592

黒いポリ袋にテープやビニールひもで加工をして、

Cimg2612

魔法使い風のコスプレができました。魔法の杖も。

Cimg2614_2

写真への写り方に個性がよく出ています。

Cimg2615

Vサイン。

Cimg2616

何があったのか、うなだれ気味の魔法使い。

Cimg2634

低学年グループとはいえ、集中して取り組める子が増えています。作品の数々。

Cimg26362

工作を終えた子はおやつを食べ、それから音楽会で「アナ雪(『ありのままで』)」を歌ったり、しっぽとり、玉入れなどのゲームをして過ごしました。子ども16人、学生スタッフ29人、職員2人の参加でした。

午前の活動を無事に終えられてほっとするのもつかの間、昼休みをはさんで、今度は午後グループの子どもたちがやってきます。

Cimg2646

午後は小学4年生から高校3年生までのグループです。学生リーダーは吉田くん(同志社大2)、サブリーダーは岩本くん(同志社大2)でした。遠くのホワイトボード前に写っているのがリーダーたちです(これしか写真がありませんでした・・・)。

Cimg2682

子どもの人数が多いため、全体を2グループに分けて工作と調理を入れ替わるように行いました。工作の場所だけでもこの人数。

Cimg2651

工作は午前グループと基本的に同じ内容なのですが、

Cimg2650

子どもたちが自分でする工程を増やすなどしています。

さまざまな子どもがいるので、どこからどこまでを子ども自身に取り組んでもらうのがよいのか、試行錯誤が続きます(突き詰めれば、「全員違う」のはわかっているのですが・・・)。

Cimg2699

できましたー。

Cimg2692

ドラえもんを発見。

Cimg2668

決めポーズがみんなかっこいい午後グループでした。

Kimg00762

調理の方は白玉だんごづくり。スタッフがスマホで撮影した写真が少しだけ残っていました。実際には、白玉と黄玉ですね。

Img_34622

こねて、まるめて、ゆがくだけで完成します。
Img_6064

味つけは「みたらし」と「きなこ」の2種類を用意して選んでもらいました。

Kimg00722

独特の食感がある「きなこ」もちゃんと選ばれていました。ごちそうさまでした。

Cimg2647

午後は子どもが30人、学生スタッフ34人、職員2人の参加でした。なかなか大変な規模になってきているので、次年度に向けて課題は多そうです。なお、次回のレクリエーションは12月を予定していますので、どうぞお楽しみに・・・。

|

« 国研修に行ってきました | トップページ | 「サービス利用計画」のゆくえ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。