« Libraの利用受付について | トップページ | スプリングスクール初日 »

2015年3月31日 (火)

卒業

今年度も終わりです。3月1日、南山城支援学校生の「卒業を祝う会」をしました(学校の卒業式はこの後、3月10日と16日に行なわれました)。

支援学校生の卒業を祝う場であるとともに、「そら」学生4回生スタッフの卒業を祝う場でもあります。以下、写真とともにお伝えします。

P11108661

卒業生を祝う会は、「そら」の主催ではなく、支援学校生親の会の企画となっており、「そら」はそのお手伝いをさせていただいています。そのため、進行もこの日はお母さんです。

P11108781

場所は地域福祉センターかしのき苑です。交流広間がびっしり埋まります。

P11108831

今年の高等部卒業生は3名。みんな中学部以降から「そら」と関わりのできた生徒たちでした。毎年さまざまな高3生が卒業するのですが、今年はみんな自分の言葉であいさつや抱負を語ってくれました。このような年は珍しく、過去にも記憶がありません。進路を踏まえて、それぞれに立派なあいさつでした。

P11109091

卒業するのは高3だけではありません。小6の彼も、

P11108771

中3の彼も新しいステージへと歩みを進めていきます。なお、小学部の卒業は4名、中学部の卒業は8名でした。みんなおめでとうございます。

P11109171

昼食をとりながら、和室で企画を進めてきたわけですが、ずっと座りっぱなしで人の話を聞くのは限界があります。子どもたちとスタッフは大ホールに移動して、遊びます。

そのあいだ、卒業生のお母さんと在校生のお母さんとでゆっくりお話しをしてもらうことができました。その場にはスタッフの誰も立ち会っていません。あらたまっての場で、大切な話がお互いにできていたらよいなと願っています。

P11109201

子どもたちはキャラクタービンゴをしたり、

P11109541

ようかい体操第一を踊ったり(わかりにくい写真でごめんなさい)、

P11109671

パラバルーンなど、楽しみました。

P11109791

ふたたび交流広間に戻ると、ここからは卒業する学生スタッフを祝います。この日、参加して卒業スタッフは10名。この数年は子ども関係の仕事に就く卒業生が多くなっていました。今年は業種も業態もばらばらです。多様な子どもたちと過ごして学んだことを、今後の仕事に活かしてほしいと思います。

「障害をもつ子ども」と関係ない仕事なんて、ひとつもないのです。

P11109851

子どもたちから感謝のプレゼント。

P11109891

あくまで「大学の卒業」であって、私たちの活動はいつ来てもよいのです。帰ることのできる場所はたくさんあったほうがよいと思います。また少し大きくなった子どもたちの顔を見に来てください。

Cimg0236

集合写真はこのサイズではひとりひとりの顔が判別できないくらいになりました(大きく写りたくない人にはちょうどよいでしょうが…)。新たな門出をこれだけ多くの人で祝えることを誇りに思いたいです。

4月はまた新しい出会いの季節。子どもと保護者にとって、いっそう信頼できる「そら」であれるように頑張ります。

|

« Libraの利用受付について | トップページ | スプリングスクール初日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。