« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月25日 (月)

反面教師

ネット上で話題になっている記事がとても興味深いものだったので、リンクを貼っておきます。

PTAに関する読者の疑問、組織トップの回答は?

後半のインタビュー。冒頭部分から終盤に至るまで「全員参加をタテマエにしたい組織のトップがこのような考え方をメンバーに強要すると、その組織は支持を失っていく」と学ばせてくれる最高の反面教師になっていると思います。

まとめると、

・自分のことばかり考えずに地域社会のためにも頑張るべきだ。

・私だって忙しいのだから、みんな忙しさを言い訳にはすべきでない。

・活動を嫌がる人間はそれ相応の扱いを受けても仕方がない。

……人は、暮らしも考え方もひとりひとり違います。

政策に意見を寄せられることの代償として、何かを義務的に背負わされるとしたら、それは民主主義から最も遠い姿勢でしょう。戦略的に政治の中に入っていくことはときに必要であっても、誰かから押しつけられるようなものではありません。

気をつけたいものです。

| | コメント (0)

2015年5月22日 (金)

12歳

今日はNPO法人そらの設立記念日です。

12歳になりました。子どもが誕生して小学校を卒業するまでの期間、と考えたら、ひとつの区切りになる数字かもしれません。相変わらず、何も特別な企画は組んでいないため、ブログに記事を更新することが現状を自己評価する大切な機会です。

地域の状況を見れば、12年前と比べて進歩したものがある一方で、何も変わっていないと思えるものもあります。逆に後退してしまったように思えるものもあります。この数日は自分たちの事業所以外の場所に足を運ぶ機会が多かったのですが、そこで見聞きしたものの中には、上から下までものすごい落差がありました。この距離はどうやったら埋まるのだろうかと、頭を抱えています。

子どもや家族にとってベストと思える教育や福祉を実現しようと謙虚に学び続けられている支援者や先生と出会えるか否かは、まだまだ「運」に左右されているような時代です。

ぼんやりしていると、目の前にある支援や事務でどんどん時間が過ぎ去っていきますが、それが結果的に支援を停滞させ、行き詰らせることにもなるのでしょう。子どもと家族の生活全体を高めていくには、理解者を増やしていくことが欠かせません。自分たちも学び続けながら、地域全体の支援力を向上させていくために何ができるか、を考えていけたらと思っています。

子どもならば13歳や14歳はとても難しい年頃です。法人として、思春期をこじらせることなく、誰からもとっつきやすい存在であれるように、頑張ります。

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

土曜の夜は

Dsc_0357

1月からスタートした「Libra -りぶら- 」ですが、学校の終わった後や土曜日、長期休暇などに、障害をもつ子どもたちが通ってきています。

裏を返せば、それ以外の時間帯は特に誰が使っているわけでもありません。私たちが大事にしたいと思っている地域の子どもたち(や家族)のためにもっとうまく使っていけたら・・・。

そう思っていたところ、先月から急に話が進み、これから土曜日の夜は「ひとり親家庭のこどもの居場所づくり事業」のために使ってもらえることになりました。京都府からの補助を受けて「学びの広場」としてこの事業を行うのは「精華町むつみ会」さんです。「そら」も微力ながら少しお手伝いができたら、と思っています。

むつみ会さんは昨年度もかしのき苑で、ひとり親家庭の子どもたちが集まって勉強する場を開いておられたのですが、活動を継続・拡大していくために新たな場所を探して「そら」を訪れてくれました。

近年「子どもの貧困」が話題になっています(まだまだ関係者の間で、かもしれません)。統計的には、子どものおよそ6人に1人が「貧困」の定義にあてはまる状態だとされます。

親ひとりで子どもを育てていこうとすれば、経済的にも時間的にも環境的にも、たくさんの制約が避けられません。多くの課題がある中でも、「学習」のための適切な環境を求める声は大きいです。この国は、公教育にお金をかけないため(国家予算のうちに教育が占める割合は先進国中で最低です)、勉強することにひどくお金がかかります。進学するにもお金がかかります。

親もまたあわただしい暮らしの中で、支えあいや分かち合いの場を求めていて、むつみ会さんが昨年度から進めてきた活動を聞いていると、20年前のこの地域で障害をもつ子どもの親たちと重なる姿がありました(子どもたちのために学生のスタッフを集めてきたところも似ています)。

昨日、5月2日が最初の活動でした。「そら」にどんなお手伝いができるか、まだ手探りですが、私たちの掲げる「すべての子どもたちが輝けるまち」へとまた一歩近づけるように頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

おわび

このホームページ(ブログ)の「連絡先」に掲載していた法人本部(およびLibra)のFAX番号に誤りがありました。

1月の事務所移転時に番号を変えることになり、ホームページにも新しいものを掲載したのですが、数字をひとつ打ち間違えていました。正しくは0774-93-3826です。掲載していたものも先ほど修正しています。

間違って掲載していた番号に送られたファックスは個人のお宅に送られていました。私たちのような事業所は個人情報のやりとりをファックスで行うこともあり、あってはならないミスです。ご迷惑をおかけした方々に心からお詫び申し上げます。

誤って送られてしまった書類に関係する利用者の皆さま(4名ほどおられます)には、また改めて説明とお詫びをさせていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

新入生歓迎会をしました☆

4月25日(土)に、南山城支援学校の新入生歓迎会が催されました。

精華町支援学校生親の会による企画です。

そらもお手伝いしてきましたので、以下写真とともにご報告します。

P1120199

場所はかしのき苑☆

今日はお母さんたちが企画、司会進行をしてくださいました。

親の会会長によるあいさつからはじまります♪

P1120193

今日の予定!

お祝いの会なので、いつもよりボードが飾りで華やかです♪

P1120202

最初は体を動かして遊ぶ「体を動かそう」をしました。

このときだけ司会は親の会からそらにバトンタッチ♪

P1120208

玉入れやしっぽとりをして、体を動かして遊びます♪

今日は、「アナと雪の女王」が大好きだという新入生のために・・

P1120212

学生スタッフオリジナル♪アナ&エルサ&オラフの登場です!

P1120216

アナ雪の曲に合わせてダンス♪ダンスはスタッフの創作ダンス☆

水曜日の学生ミーティングの時に、みんなで考えました♪

P1120222

次は「ようかい体操第一♪」のダンス。ジバニャンのおめんをみんなでつけて、踊ります♪

P1120226

アナ雪とようかいウォッチの流行りのおかげで、新入生にとってはドキドキの活動でも「知っている曲」「好きな曲」を支えに取り組むことができました。

P1120230

パラバルーンをして、「体を動かそう」はおしまいです。

P1120237

パラバルーンの中に入るのも楽しいですが、外でバルーンを持つのも楽しいです♪

P1120247

部屋を移動して、新入生の紹介などをしました。司会は親の会♪

P1120255

今年は小学部の新入生が3名、高等部の新入生が2名、参加してくれました☆

P1120252

自己紹介カードに書かれた質問を見ながら、名前や好きな食べ物など、ひとりずつお話しをしてくれました。

P1120256

新入生の紹介のあとは、在校生の紹介や、そらスタッフの紹介もしてくださいました。

それと、写真には残っていなかったのですが、それぞれの机には画用紙で作られたお花が置いてあったり、とても華やかできれいでした。

P11202631

子ども24名、保護者24名、そらスタッフ14名、そら職員4名、南山城支援学校の先生4名の計70名の参加でした♪

ありがとうございました。

子どもたち、家族、先生、スタッフみんなで協力しながら、このような活動を続けていけるようにまた今年度も気持ち新たにがんばっていこうと思いました♪

学生スタッフも、次回の活動から新しいスタッフが加わります☆(かわもと)

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »