« 今年一回目① | トップページ | 大和高田にて »

2016年1月 9日 (土)

今年一回目②

1月9日(土)は、ひとり親家庭の子どもたちの「学びの広場」。今年一回目でした。

相変わらず中学生たちがとても真面目に勉強しています。家庭では集中して勉強しにくい環境があることも多く、いつでも「勉強を教えてほしい」ばかりではないので、スタッフも良い「距離感」を探りながらの活動になっています。

小学生たちは勉強の準備をあまり持ってこない子もいるのですが、スタッフがその場で教材を作ったり、工夫もできています。後半の遊び時間には、高学年の子がおやつを配ってくれたり、低学年の子を呼び集めてくれたり、この集団の中だからこそ育っていく自信があるのだなあと感じられます。同じく異年齢集団である学童保育と比べてみても、こちらのほうが小規模だし、良い「おにいさん」「おねえさん」のモデルがたくさんいる気がします。

Libraには小学校高学年ぐらいからの子どもが遊べるものが少ないので、学びの広場用に少しずつ遊べるものを増やしています。期待どおりに遊んでもらえるおもちゃもあれば、全く遊んでもらえないおもちゃもあり、子どもに合わせたおもちゃ選びは奥が深いです。お正月のうちに調達したおもちゃは久しぶりに盛り上がりました。どうか長く遊んでもらえますように。

Dsc_0784

アナログゲームの名作「キャプテン・リノ」です。他の活動でも使えるはず。

Dsc_0789

それから、京都府母子寡婦福祉連合会の会報に「参加者の声」が載りました。子どもなりに気を遣って書いているとは思いますが(クリックすると拡大されます)、大事な場と思ってもらえているようで、やっぱりうれしいものです。

|

« 今年一回目① | トップページ | 大和高田にて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。