« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

28年度レクリエーション事業のお知らせ☆

今日は、精華町内の障害をもつ子どもたちとその家族向けのお知らせです☆

「そら」では、精華町の子育て支援課からの委託を受け、「障害児レクリエーション事業」というものをやっています。

年間5回、幼児から高3までの障害をもつ子どもたちを年齢で午前の部、午後の部に分けて、学生スタッフといっしょに工作、調理、ゲーム、ダンスなど、さまざまな活動を楽しみます。

第1回の日程が決まりましたので、お知らせいたします☆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■日程:5月29日(日)

■時間:午前の部→10時30分~12時30分

             (幼児~小学4年生)

     午後の部→13時~16時30分

             (小学5年生~高校3年生)

■場所:かしのき苑

■内容:こいのぼりの工作&音楽会(&午後の部は餃子の皮ピザ作り)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毎回プログラムは組んでいますが、まだまだ全部に集中して取り組むのは難しい子も多いとおもいます。

入れるところは参加して、入るのが難しそうだったら様子を見ながら無理なく過ごせる、「楽しい遊び場」として参加してもらえたらいいな、と思っておりますので、ご気軽に参加ください☆

参加には、年間登録と毎回の参加申込が必要です。

下に「レクリエーション事業概要」、「第1回の活動案内」、「年間申込」、「参加申込」のファイルを添付しておりますので、ご覧ください。

申込は、電話、メール、ファックスで受け付けております☆

今年度もたくさんの子どもたちに会えるのを、スタッフ一同、楽しみに待っています☆

●レクリエーション事業概要

●第1回レクリエーション案内

●年間登録書

●第1回申込み用紙

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

避難訓練

今日はLibraではじめての避難訓練でした。

Dsc_0983

1階にあるcafeここらくの厨房から出火した、という想定で、行いました。雨のため、外までは逃げませんでしたが、比較的速やかに逃げられたと思います。

初回で、子どもたちもイメージがないため、スケジュールを用意して取り組んでいますが、実際の火災時にこのような用意ができるわけではありません。また、今日は口頭での指示がある程度まで伝わる子どもたちが多い日でもありました。

視覚的なものも含めた「避難」の指示で、すぐに建物を脱出できるように練習していきたいと思います(「避難」を示すカードの活用を定着させていくつもりです)。なお、避難訓練については、水野敦之さんがウェブサイトや書籍で実用的な方法をまとめてくださっているので(参考)、参考にさせていただきました。

精華町消防本部からも2名来てくださり、火災時の通報や対応について詳しいお話をお聞きしています。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

御礼

本日の夕方、熊本地震で被災された方たちへの救援物資を、受け入れ窓口となっている鹿児島の社会福祉法人さんにお送りさせていただきました。明日には届くはずです。

不足物としてリストアップされていたものを中心に、段ボール6箱分になりました。

要請のメールを受けてからすでに2日経っていますので、到着時点でお役に立てるかどうかはわかりませんし(物資受け入れの締切は設定されており、それには間に合わせています)、物資は次第に集まってきているという情報も多くあります。

それでも、個別にはさまざまな状況があるのではないかと想像しており、一般的なルートで行き届かないところに届いてくれれば、と思います(きっと避難所で過ごすのが難しい方もたくさんおられるでしょう)。

ご協力くださった皆さんに心より感謝します。ありがとうございました。

20160422_164917

20160422_164847

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

熊本地震への支援物資提供について(※22日14時まで)

熊本地震について、何かお役に立てることがないかと考えていました。長い目でみれば、いろいろ考えられるのですが、「今すぐに必要」というものもあります。

一方で、相手についてよく知らないまま行なった支援が、迷惑なものになりうることも想定しておかなければいけません(誰に対するどんな支援においても言えることです)。できるだけ具体的な情報が入ってくるのを待っていました。

九州で障害者の地域生活支援に取り組んでいる人たち(九州ネットワークフォーラム)からの情報が届いたのは、20日の夕方のことです。報道等にもあるように、物資が届いているところと届いていないところがあり、今後を考えても物資のストックを作っておいた方がよい、と判断されています。九州では各県で物が不足しており、九州だけで集めるのは厳しい、ともありました。

いま以下のようなものが継続的に必要とされているとのことです。

・食料(さとうのごはん、レトルト、缶詰など)
・離乳食類
・ウェットティッシュ
・おむつ(子ども用、大人用)
・生理用品
・使い捨て食器、割りばし
・紙皿
・使い捨てスプーン

物資は、鹿児島の社会福祉法人が受け入れてくださるそうです。現地からの情報を得ながら、適切な場所に届けてくださると期待できます。

「そら」から、これらの物資を可能な限り、送りたいと思います。

もしこのブログを読まれた方でもご協力いただける方がおられましたら、上に書いたような物資を「そら」の事務所までお持ちください。あわせて送ります。

ただし、必要とされる物資の状況は刻一刻と変わっていきます。この情報もすぐに古びていくでしょう。22日の午後には送りたいので、物資の持ち込みも22日13時まで、と決めさせてください。その時間を過ぎて持ち込まれたものは受け取れませんのでご了承ください。

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

スプリングスクール最終日

4月3日はスプリングスクールの最終日「チャーハンを作ろう&お花見に行こう!」でした。障害をもつ子どもたちと学生スタッフによる活動です。

簡単に様子をご報告しておきます。

Cimg0634

学生リーダーは巽さん(同志社女子大3)、サブリーダーは山岡さん(同志社大3)でした。みんなの名前を呼び、スケジュールを説明し、歌をうたってからプログラムのスタート。

Cimg0637

午前中はチャーハンづくり。

Cimg0640

野菜やウインナーなどの入ったチャーハンを作ります。切るものがたくさん。

Cimg0638

「みじんぎり」って、どこまで切ればよいのか、伝えるのが難しいですね。そして、玉ねぎが目にしみて、子どもたちは大変そうでした。

Dscn1155

この日はきょうだいも2人参加。楽しそうに参加してくれています。

Cimg0647

卵を投入すると、ぐっとチャーハンらしくなります。

Cimg0645

ガス台だけでは足らないので、グリル鍋なども活用。子どもに合わせて、好きな高さに置けるのもよいです。

Cimg0643

本格チャーハンではない「おうちチャーハン」は失敗しにくい調理と思いました。

Cimg0650

チャーハンをお弁当箱などに詰めたら、けいはんな記念公園に出発。歩くスピードがひとりひとり全然違ったり、他の子どもを待てたり待てなかったり、いろいろです。前後に長ーくなりながら進み、

Cimg0651

桜のきれいなけいはんな公園に到着です。さすがお花見シーズン。とても賑わっていました。

Dscn1161

公園での過ごし方について説明も受けて、お弁当タイム。

Dsc_0900

いろんなお話を聞かせてくれる子も多い日でした。

Cimg0655

チャーハンにみんな食欲もりもり。

Cimg0665

食後はみんな公園で遊びます。一部の子どもたちは水景園へ。

Cimg0662

こういう場所を渡っていくのが、子どもたちは好きですよね。

Dscn1166

大きなシャボン玉とか、

Dscn1185

水遊びとか、

Dsc_0907

大型の木製遊具などでも遊びました。しっかり体を動かせてよかったです。

Dscn1196
子どもたちの参加が19人。スタッフ28名。調理活動ということもあり、3人のお母さんがお手伝いしてくださいました。ありがとうございました。

これでスプリングスクールは全日程を終了です。みんな良い新学年を迎えてください。今年度もまた楽しい活動をしていきましょう。

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

最近の学生スタッフ(2)

子どもたちにとって今は春休みです。

学生スタッフは新人生の勧誘をしながら、「スプリングスクール」の活動をやっています。今春は3回の活動予定で、すでに2回を終えています。

終わった活動を振り返りながら、子どもたちの特性や支援などについて少しまとめてみたいと思います。

Cimg0224

3月23日は「ボウリング&カラオケへ行こう」の活動でした。学生リーダーは五島さん(同志社大3)、サブリーダーは河津さん(同志社大2)。新祝園駅前に集合すると、子どもたちには一日の写真入りスケジュールが渡されます。

「今から、どこで、何をするのか」について話し言葉と記憶に頼るのは難しいためです。

Cimg0227

朝からおにいさんにベタベタです。

Cimg0235

子どもと学生は一対一でペアを組んで行動します(スタッフの慣れぐあいや子どもによって2人以上がつくこともあります)。

Cimg0239

ボウリング場についたら、注意事項の説明。画像では見えませんが、イラスト入りのやつです。

Cimg0240

「順番を守って投げる」「ここから投げる」など、一般には「1回ことばで説明したらわかる」ことであっても難しい子どもたちです。目で見てわかりやすくルールを伝える方法をたくさん用意します。

Cimg0260

「あと何回投げたら終わり」もわかりにくいので、台紙にシールを貼りながら確認していくこともあります。

Cimg0254

そもそもボールを投げるのが難しい子もいます。そんな子は転がす台を使いましょう。これはこれで微妙なコントロールが要求されて、なかなか難しいのです。

Cimg0253

「喜びを共有する」のも、スタッフの大事な役割と言えます。「倒れたら『うれしい』と感じられる」というのも、経験と学びの結果です。

Cimg0280

その後、周辺のレストランなどで食事を終えて、カラオケへ。この日は小学生から高校生までいて、うたう歌も様々です。

Cimg0291

自分でタッチパネルを操作できる子もいます。それぞれに得意なことと苦手なことがあり、その落差が大きい子どもが多いです。

Cimg0357

続いて、3月27日は「電車を作って遊ぼう&音楽会をしよう」。屋内での活動です。学生リーダーは柳田さん(佛教大3)、サブリーダーは仲西さん(同志社大2)。参加する子どもたちの名前を呼びながら顔写真をはがしていき、呼名がいつ終わるのかもわかりやすくしています。

Cimg0378

電車づくりの工作。見本があることで、完成品のイメージをもって、活動に入っていけるのです。

Cimg0381

この日はやや参加者少なめで、特に自閉症の子がいつもより少ない日でした。自閉症の子は得意なことや好きなことにすごい集中力を発揮することがあります。

Dsc_0880

Dsc_0878

自分の気に入った文字、アルファベット、形など、目で見たものを写真で撮影したみたいに記憶して描いてくれたりすることもあります。とても面白いです。

Cimg0487

できた電車に乗って、線路を走ってみました。

Cimg0493

みんなで連なると絵になりますね。子どもたちの顔ぶれとプログラムの内容によって、設定した活動に集中できるかどうかも大きく変わります。この日はプログラムに合った子どもたちが多く参加していたようです。

Cimg0584

屋内での活動は「パラバルーン」というカラフルな大きな布で遊んで終えることが多いです。穏やかな音楽をかけながら、子どもたちの上でゆらゆらと波打たせると、とても幻想的でみんな楽しめます。何かを理解して楽しむ、というよりも、感覚的に楽しむ、という子どももいるので、さまざまな種類の遊びが必要です。

スプリングスクールは4月3日で終わり。子どもたちは新学年を迎えます。学生スタッフも同じですね。新年度も子どもたちと学生スタッフとで良い活動を作り上げていきましょう。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »