« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

サマースクール2017、開幕しました!

7月23日、今年も精華町サマースクールが開幕しました!

障害をもつ子どもたちと学生ボランティアスタッフによる夏休みの活動です。1995年からはじまり、今年で23回目を数えます。

夏休みに全10回の開催で、ほとんどが8月の予定ですが(大学生の夏休みが少しずつ遅くなっているため)、第一回目だけは夏休みに入って間もない7月23日(日)に行われました。

Dscn4905

場所はむくのきセンター@精華町です。親の会のお母さんによるあいさつからのスタート。

Dscn4951

学生リーダーは鈴木くん(同志社大2)、サブリーダーは中村さん(同志社女子大4)でした。スケジュールを子どもたちに説明してから、移動します。

Dscn4909

午前のプログラムはカレンダーづくりの工作です。夏休みの予定をかきこめる8月のカレンダーを作ります。

P72300172

ただ「絵を描きましょう」では、難しい子どもたちも多いので、お手本を用意しつつも、自由に描ける部分もあるように工夫されていました。

P7230030

完成品1。

P72300212

完成品2。

P72300272

完成品3。

P7230029

完成品4。テレビドラマ『コードブルー』のマークが入っています。

P7230052

お弁当を食べてから、おもちゃなどで遊び、

P7230057

午後からは大きなスクリーンでアニメ映画を見ました。今はまだ映画館で映画を見るのが難しい子どもたちも、だんだんこうした環境から慣れていってくれればうれしい、という思いからです。

P7230064

子どもたちが19名、ボランティアスタッフ18名、そら職員4名の参加でした。たくさんの参加、ありがとうございました。

この春に卒業した学生スタッフもひさしぶりに顔を見せてくれました。夏休みのあいだには、これからも卒業生が顔を出してくれることがある予定です。そんな再会もまた楽しんでもらえたら、うれしいです。

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

かき氷機

夏も近づいてきたので、かき氷機を準備しました。少し準備をすれば、ふわとろ食感のかき氷も作れるものです。

学びの広場でさっそく使ったところ、好評でした。夏休みの間にさまざまな活動で活用できたらいいなと思います。

Dsc_1897

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

七夕企画をしました&サマースクールスタッフ募集中

子どもたちの夏休みが近づいてきました。サマースクールの開校も間もなくです。

7月9日(日)に、七夕企画「ほしにねがいを♪ 笹飾りづくり」を行いました。精華町の子育て支援課から委託を受けている事業の今年度2回目です。学生たちと障害をもつ子どもたちがいっしょに活動します。今回はその報告をご覧ください。

P70900102

午前の部は小学4年生までの参加。場所はむくのきセンター。学生リーダーは池田さん(同志社女子大3)、サブリーダーは上野さん(同志社女子大2)でした。一日の予定を見やすくわかりやすく説明してからの活動開始です。

P70900262

毎年この時期は梅雨や七夕にちなんだ工作をしています。手順書を見ながら、工程を進めていく子どもたち。

P70900162

小学生よりもさらにひとまわり小さなきょうだいも参加していました。

P7090061

できあがった作品を持ってダブルピース。

P70900462

裏返ってはいますが、作品を見せてくれました。

P7090083

おやつをはさんで、もう少し遊びます。

P7090090

休憩時間にはおもちゃで遊ぶ姿も。

P70901072

体を動かしてする遊びにも、今回は少し変化をつけていました。ブロックの上を渡ってみたり、

P70901212

エビカニクスを踊ってみたり。

Dscn48032

最後はパラバルーンで締めます。午前は子ども5名の参加とやや少なめでした。

Dscn4809

午後の部は、小学5年から高校3年まで。学生リーダーは松本さん(同志社大3)、サブリーダーは田中さん(同志社女子大2)です。

Dscn4811

午後は少し活動時間が長くなっていますが、こちらもまずは七夕にちなんだ工作です。笹飾りづくり。

Dscn4837

天の川に願い事をかけていきます。

Dscn4835

みんなの願いがかないますように。

Dscn4856

工作の後は、調理室に移動して調理活動です。

Dscn4860_3

こんなデザートを作りました(このブログを更新しているパソコンが壊れて、新しいものに変わったのですが、そのためか画像が縦になってくれません…)。

Dscn4851

暑い季節のおやつは、ひんやりしたものがうれしいですね。おいしくいただきました。

Dscn4861

午後の部は子ども13名、学生スタッフ22名、職員2名の参加でした。

これで夏休み前に学生と子どもたちで行う活動はすべて終わり。次は、いよいよサマースクールです。とはいえ、学生の試験期間が年々遅くなっているので、7月は1回のみ。ほとんどが8月の活動です。

参加したい学生はまだまだ受付をしていますので、そら事務局(nposora2003@yahoo.co.jp)まで、どうぞ連絡ください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

7月の学生たち

7月に入り、障害をもつ子どもたちの支援をする学生スタッフたちもいっそう頑張っています。少しだけ活動外の様子もお伝えしておきましょう。

0709

7月2日はサマースクールに向けて、中心となるスタッフたちが各自の「目標設定」のワークをしました。夏休みを終えたときに具体的に振り返って評価のできる目標を立てられるように、みんな頭を絞っていました。この日は朝から子どもたちと活動した後だったのですが、みんな遅くまで熱意にあふれています。

0712

翌週の7月12日は定例ミーティングの時間を使って、研修班より外部研修の報告がありました。5月20日に京都市内で発達障害者支援センター「かがやき」主催の講演会があり、そこで学生たちが神戸金史さんのお話を聞いてきました。神戸さんは新聞記者で、自閉症のお子さんをもち、昨年の相模原の事件のときにSNSを通じて大切なメッセージを発信された方です。その講演の内容を聞き、お子さんが映っているDVDなども観ました。

ふだん明るく楽しく子どもたちと活動している学生たちにとって、少し「重い」話ではあったのでしょうが、「障害」が一般社会からはどのように理解され、受け止められているのか、自分たちには何ができるのか、を考えるのに、良い機会だったのではないかと思います。

Dsc_1884

研修報告の時間が長引いたため、学生たちの一部は終了後、近隣の商業施設のフードコートでミーティングを続けておりました。子どもたちのために本当にありがとう。そして、おつかれさま。

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

6月はカレー(2)&サマースクール学生スタッフ募集中

6月25日に、学生スタッフと障害をもつ子どもたちで「カレー作り&工作」の活動をしました。サマースクールのスタッフを募集中ですので、「活動はこんな雰囲気ですよ」と知ってもらうためにも報告しておきます。

P6250001

この日の活動場所は地域福祉センターかしのき苑(新祝園駅からコミュニティバスで8分)でした。まだ新しいスタッフが多いので、朝のうちにアイスブレークをして、打ち解けてから子どもたちを迎え入れます。

Dscn4616

学生リーダーは池田さん(同志社女子大3)、サブリーダーは曾田くん(同志社大2)でした。子どもたちは12名、学生スタッフは21名での活動。南山城支援学校から、先生も5名協力してくださいました。ありがとうございます。

P6250028

子どもたちにもスタッフにも取り組みやすいカレーづくりです。

P6250022

写真入りの手順書を見ながら、できるだけ自分の力で、難しいところはスタッフにサポートされながら調理をしていきます。

Dscn4485

おいしそうにできてきました。

Dscn4491

持参した白ごはんにアツアツのカレーをかけて、完成です。

P62500962

子どもといっしょに作ったカレーはスタッフもいただきます。

P62501012

子どもたちのきょうだいの参加もありました。いっしょに楽しんでもらえるとうれしいです。

P62501372

食後は、工作。季節感をいつも大事にしています。今回は「梅雨」らしい内容。

P6250151

こんなかたつむりや、

P6250156

こんなあじさいができました。

Dscn4588

かたつむりのほうはおもちゃにもなるのです。

Dscn4607

写真のネット上での掲載はご家族によってさまざまな思いがあるので、許可をいただいている子どものみ載せています。本当はもっともっとたくさんの子どもたちの笑顔があるので、夏休みに新しい体験をしたいと考えている学生は、どうぞ「サマースクール」に参加してみてください。個性豊かな子どもたちと、その個性を楽しんでいる学生スタッフたちが待っています。

| | コメント (0)

学生スタッフ研修をしました&サマースクールスタッフ募集中

7月2日(日)は、障害をもつ子どもたちの支援をしている学生スタッフで研修を行いました。

もうすぐサマースクール。子どもたちのためにもっとスキルアップしたいと思う学生たちが「遊び」について、自分たちで調べて、発表する形での研修をしました。「自主ゼミ」みたいな感じでしょうか。

「研修班」の3人がずいぶん前から本を読んだり、職員に質問したりしながら、計画を立てていました。

19599016_1425894980836167_272592954

Libraのプレイルームで行いました。参加者は1回生から4回生までの15名。まずは、子どもの発達段階に応じた「遊び」の変化について、担当学生からの発表です(参考文献はこちらでした)。

19598538_1425895207502811_367499388

それを踏まえて、体を動かしてする遊びや、

19554320_1425895424169456_353761958

いつも使っているパラバルーンのさらなる展開、

19554277_1425895717502760_379809152

そして、子どもたちの中に楽しめる子どもがいそうなカードゲームなどを実際に試しながら学びました。感覚、運動、社会性など、「遊び」を通じて、子どもたちのことをもっと深く知る研修になっていたと思います。

研修班の皆さん、準備おつかれさまでした。来週は、外部で受けてきた研修の報告もあるようです。本当に頑張ってますね。大学の専門、専攻とは関係なしに、みんな子どもへの理解を深めてくれています。

なお、サマースクールは現在もスタッフ募集中です。ほとんどの活動は8月なので、学生の試験が終わるくらいの時期から、夏休みにしかできない体験ができます。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »