« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

サマースクール最終日(夏祭り)

8月30日、今夏のサマースクールもついに最終日となりました。

毎年恒例の夏祭りは親子参加で、子どもたちと学生スタッフの活動を保護者の方々に見てもらいながら、いっしょに楽しんでもらえます。そして、きょうだいの参加もたくさんでした。様子をご報告します。

P8300010

学生リーダーは松本さん(同志社大3)、サブリーダーは上野さん(同志社女子大2)でした。場所はかしのき苑。お祭りですから、活動開始も遅めの15時から。

P8300021

はじまりのつどいを終えたら、たくさんの部屋をまわって縁日風のゲームを楽しみます。福笑い。

Dscn6203

祭りと言えば、風船釣り。

P8300052

手製のもぐら叩き。

Dscn6213

スーパーボールすくい。

Dscn6175

こちらはゲームではなく、軽運動室の一角を工夫して、

P8300068

少しだけ幻想的な光の空間を作り出してみました。寝転がってリラックスするのによいです。

P8300044

こちらは工作コーナー。

Dscn6210

できあがるのは、お祭りならではのグッズ。すぐにわかりますね。

Dscn6229

子どものハッピ姿は、大人のそれよりも「お祭り感」が強く醸し出される気がします。

Dscn6205

子どもたちは縁日をまわりながら台紙にシールを貼っていき、

P8300041

コンプリートすると景品に交換していました。

Dscn6251

夏祭りらしく盆踊りを踊ってみようということで、いくつかアニメにちなんだ盆踊りをやってみました。前日にはスタッフのLINEに「アラレちゃん音頭」などの動画リンクが貼られ、みんな勉強してきたはずです。でも、写真では内容があまりわかりませんね…。

Dscn6226

代わりに、今夏も頑張ってくれたたくさんの学生スタッフたちに感謝を示すため、学生代表のワンショットを載せておきます。今夏に参加してくれた50名以上の学生たち全員に、ありがとう。

P8300081

閑話休題。いつもはお昼ごはんを食べるサマースクールですが、この日だけは晩ごはん。

Dscn6239

食後にはかき氷が待っています。

Dscn6237

さまざまなフレーバーのカルピス原液が、かき氷用シロップの牙城を崩しつつある昨今です。

Dscn6240

用意した「とろふわ」かき氷機が役に立ちました。ガリガリと手回しで削るのが難しい子どもには、これもアリですね。

P8300073

かき氷を楽しんだ後はお待ちかねの・・・、

Dsc_1964

小さな花火大会@相楽作業所駐車場です。相楽福祉会さん、いつも場所を貸していただき、ありがとうございます。

Dscn6300

まずは手持ち花火を。

Dsc_1973

振り回したり、高く掲げたい子どももいて、ちょっとだけヒヤヒヤしました。

Dscn6353

噴出すタイプの花火はみんなで離れたところからじっくりと鑑賞。思っていた以上に高くまで火花が飛び散るものや大きな音のするもの。歓声があがったり、幼児さんが泣き出したり、夏祭りの最後にふさわしい盛り上がりでした。子どものパパさんが、風が吹いても火種の消えにくい仕掛けを用意してくれていたのもうれしかったです。

P8300046

子どもたち21名、保護者15名、学生スタッフや職員など26名の参加でした。子どもの病欠も相次いだのですが、それでも全体で60名以上。夏の終わりにふさわしい活動となりました。

全10回のサマースクールを無事に終えることができたのは、学生スタッフ、保護者、支援学校の先生、後援団体など協力してくださったすべての皆さんのおかげです。心より感謝します。

そして、何よりも参加してくれた子どもたちに。

本当にありがとうございました。子どもたちのためのプログラムを通じて、スタッフもまた元気づけられています。9月からも他では決して得られないような経験をしてもらえるように頑張るので、たくさん活動に来てください。みんな待っています。

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

サマースクール9日目(お好み焼き&写真立て)

子どもたちの夏休みも終わりに近づいています。8月27日のサマースクールはみんな大好きな調理プログラムでした。様子をご報告します。

Dscn6048

学生リーダーは岩佐さん(同志社大2)、サブリーダーは鈴木くん(同志社大2)でした。場所はむくのきセンターです。

Dscn6053

朝の会を終えたら、部屋を移動して、調理モードへ。

P8270014

お好み焼きを作ります。まずは、キャベツ。

P8270027

大量に刻んでいきます。少しぐらい切り方が荒っぽくてもちゃんと美味しく食べられるのがお好み焼きのよいところ。

Dscn6057

玉子をきれいに割るには、絶妙の力加減が求められますが、

1503826264509

結局はかき混ぜるのですから、あまり神経質になる必要もありません。

Dscn6061

ホットプレートに流し込みます。

Dscn6081

形が崩れるとちょっと悔しいですが、これから上手になっていけると思うと、それもまた楽しみ。

Dscn6076

焼き色のおいしそうなお好み焼き。ふんわりと仕上がっています。

Dscn60872

ソースとマヨネーズをかけて、いただきます。

Dscn6088

良い笑顔の写真がたくさん撮れました。

P8270084

学生スタッフから「この箸、なんて言うんだっけ?」という声が聞かれていたので書いておきます。通称「エジソン箸」です(登録商標としては「エジソンのお箸」)。箸の持ち方が練習できます。

Dscn6099

午後は工作。写真入りの手順書を見ながら。

P82700802

何か顔の書かれたものを切っています。何ができるのでしょう。

P8270062

こちらはチェキで写真撮影中。

P8270071

カメラの上から写真が出てくるので、みんな気になります。だんだん画像が映ってくるので余計に気になります。

Dscn6125

撮影した写真を台紙に貼ったり、飾り付けたりして、

Dsc_04282

こんな写真立てができました。カメ型。

Dscn6123

見本どおりに作る子が多かったですかね。

P8270087

でも、こちらは裏にピカチュウがいました。

Dscn6134

工作後は、体を動かすプログラム。写真をきれいに撮るのが難しい。

P8270103

ダンスは、彼女たちみたいにうまく踊れなくても、音楽を聞くだけで楽しめるのがよいところ。

Dscn6157

巨大な「なべなべ底抜け」の一体感。

Dscn6162

いつものパラバルーンで、活動終了です。きれいに膨らませるコツは、スタッフが外に広がりすぎないこと。

1503826270800

子どもたちが19名、学生スタッフや職員等が26名の参加でした。南山城支援学校の先生も3名、協力してくださいました。また、調理プログラムということもあり、保護者の方も3名が手伝ってくれました。ありがとうございました。

次回で、今夏のサマースクールも最終回。夏祭りです。

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

サマースクール8日目(海遊館)

暦の上では処暑を過ぎ、暑さがやわらぐ時期らしいのですが、「どこがやねん」と思える真夏の一日でした。サマースクールはそんな日にぴったりの内容。「海遊館」に行ってきました。

P8250001

いつもとは違い、学研奈良登美ヶ丘駅に集合したのは、海遊館まで電車一本で行けるからです。

P8250006

朝の会を終えて、コスモスクエア行きに乗車。

どのくらい電車に乗っていなければいけないのかわかりにくい子のために、途中の駅名をすべて書いたものを渡していました。何がわかりやすいのかは、子どもそれぞれですが、ひとつずつ駅名を消していくと、目的地に近づいていくワクワク感もだんだん高まるはず。

P8250008

大阪港駅で降りて、5分ほど歩くと、

Dscn5981

関西人にはおなじみの建物が姿を現します。海遊館です。

P8250016

到着したのは11時くらいだったのですが、隣のマーケットプレイスが混雑しないうちにお昼ごはんです。

P8250023

お弁当持参の子もいます。

Dsc_1925

マーケットプレイス内の「食いしんぼ横丁」に行った彼は、まぐろ丼でした。

Dscn6003

食後に再集合して、いよいよ海遊館に入場です。学生リーダーの神谷くん(同志社大3)とサブリーダー田中さん(同志社女子大2)が写っている画像がようやくここに。

海遊館の中は、かなりの混雑でした。序盤の水槽の前には、人の壁。なかなか移動もせず、魚が見えません(ただでさえ、注目するのが得意でなく、さらに長時間は待てない子が多いです)。それでも、歩いていくうちにだんだん人も少なくなり、楽しめるものが増えていきました。

P8250028

水位が低い水槽で、いっしょに低くなる。

P8250043

ジンベイザメなどの大物がたくさんいる大水槽が一番の見どころです。

Dsc_1942

エイが、

Dsc_1943

上へ。

Dscn60212

いろいろな生き物を見つけてシールを貼りながら進める台紙もリーダーたちが用意してくれていました(それも2種類)。目的がはっきりしたほうが活動しやすい子には、こういうのが助かります。

P8250053

海遊館と言えば、世界最大級の大観覧車も。

Dscn6031

数名の子が地上112.5mから大阪の街並みを眺められました。夜にはライトアップもあるらしいです。

全部で3時間ほどの滞在。みんなでいっしょに動く時間とばらばらに動く時間。どちらもあるおかげで、集団のもつ力を活かしながら、ひとりひとりの好きなこと楽しめることも大切にできます。

Dscn6040

力いっぱい遊んだことがよくわかる帰路でした。

P8250043_2

子ども11名、学生スタッフや職員など22名、支援学校の先生2名の参加でした。また、初参加の学生スタッフが2名いて、子どもとよく向き合ってくれていました。ありがとうございました。

子どもの欠席が4名と多かったです。そろそろ夏の疲れが出始めるころなのかもしれません。どうぞ体調に気をつけて、残りの夏休みを過ごしてください。サマースクールはあと2回です。

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

サマースクール7日目(焼きそば&PAZ MUSICA)

子どもたちの夏休みも残すところ1週間余りとなりました。サマースクールは8月22日で7回目(全10回)。いつもスタッフが悩んでいる「音楽」プログラムにゲストをお招きして、充実した活動となりました。様子をご報告します。

Dscn5750

学生リーダーは曾田くん(同志社大2)、サブリーダーは松本さん(同志社大3)でした。いきなり朝の会の写真からですが、この前には調理プログラムのための煮沸消毒や各部屋の準備など、子どもたちからは見えていない努力があります。

Dscn5760

午前の調理プログラムはみんな大好き「ソース焼きそば」づくりです。手順書を見ながら、進めていきます。

Dscn5764

野菜たっぷりの焼きそば。まずはニンジンの皮むきからです。真剣なまなざし。

Dscn5771

スタッフとたくさん言葉でやりとりできる子は、おしゃべりを楽しみながら調理を進めていく余裕もあります。

Dscn5795

玉ねぎは目にしみやすいので(そのために水中メガネを用意してきた子どももいましたが…)、今日はキャベツと小松菜が用意されました。焼きそばになぜ小松菜・・・と思ったのは大人だけで、子どもはあまり気にしていなかったようです。

Dscn5826

今日の最年少はこちら。好奇心も不安もいっぱいのかわいい幼児(きょうだい)が調理室をかけまわり、場を和ませます。でも、ガスコンロに近づくたび、ドキドキしました…。

Dscn5794

さて、野菜を炒め終わったら、中華麺を投入。

Dscn5834

さらに、焼きそばソースを投入。

Dscn5843_2

スパイシーな香りがあたりを包みます。

Dscn5828

調理をいつも手早く終わらせられる彼は、安定のドヤ顔。

Dscn5850

焼きそばは完成品も手順もイメージが持ちやすく、全体に余裕をもって取り組めていた子が多かった印象です。

Dscn5851

低学年の子が持ち上げるとすごくボリュームがあるように見えます。上目づかいで見上げられる焼きそば。

Dscn5865

どこからどう見ても美味そう。間違いない。

Dscn5869

もちろんおいしくいただきました。

Dscn5855_2

育ちざかりの気持ちのいい食べっぷりその1。

Dscn5844

育ちざかりの気持ちのいい食べっぷりその2。

Dscn5863_2

彼女は表情がいいので、ついたくさん掲載してしまいます。

Dscn5861_2

これも表情がよいので。

Dscn5879

昼食を終えたら、自由に遊びます。ブロックで遊ぶ子あり(なぜか片づけながら爆笑中)、

Dscn5894

カードゲーム「にじいろのへび」で遊ぶ子あり(先日の「遊び」研修が活かされました)、

Dscn5873

フローリングのひんやりとした感触を全身で楽しむ子あり。多様性に満ちています。

Img_1632_3

子どもの特性に応じて個別性の高い準備をすることもあります。待ち時間を持て余しやすく、かぶり物好きの彼には工作を。満足してもらえた感が伝わってくる表情(※なぜか写真が縦向きに変換できないときがあります…、パソコンで見ている人は見づらくてごめんなさい)。

1503397475942_2

彼も別の空間を使ったり、時間差をつけたりしての活動。子どもどうしの相性や最近の調子などいろいろあります。「また来たい」と思って活動を終えられることが大切で、「みんなといっしょ」でなくても、その目的は達成できていたように思います。

Dscn5898

午後のプログラムは、改修工事を終えてきれいになった大ホールにて。

Dscn5920

いつものような運動プログラムにも取り組みましたが、それよりも何よりも今日のメインイベントは、

Dscn5963

同志社大学の音楽ボランティアサークル「PAZ MUZICA(パスムシカ)」さん(Twitter)による音楽会です!

Dscn5954

福祉施設や地域行事などで、たくさんの演奏活動を行っておられます。

Dscn5971_2

全部で7曲。こちらからの事前リクエストに応えて、子どもに馴染みのある曲ばかり演奏してくれました。

Dscn5970_2

子どもたちが楽器に触りにいってしまうハプニングも何度かあったのに、イヤな顔ひとつ見せずに対応してくださり、ありがたかったです。

Dscn5969_2

サマースクールのテーマソングも生演奏してもらえました。いつも無伴奏で歌っているので(昔は録音された「カセットテープ」があったのですが、それが壊れて以来、ずっと手拍子だけです)、とても贅沢なテーマソングでした。

Dsc_1929_2

「恋(ダンス)」「恋するフォーチュンクッキー」「GUTS!」なども生演奏をバックに踊りました。ポーズが最高に決まっています。

Dsc_1921_2

踊らせたらいつも彼女の右に出るものはいません。スタッフよりも踊れています・・・。

7曲を終えた後、実は「アンコール」を叫ぼうかどうかで悩みました。何かと「予定にない出来事」「ハプニング」を苦手とする子どもたち。今回は予定通りの終了とさせてもらいましたが、「楽しいハプニング」は問題なく受けとめられる場合もあります。「8曲目にアンコールがあるよ」と書いて示してしまえば、身も蓋もない気がしますし、悩ましいところでした。

Dsc_1934_2

音楽会後はパラバルーンにも加わってくださったPAZ MUSICAさん、最後の最後まで本当にありがとうございました。「音楽」はみんなにとって身近なものですが、「みんなでいっしょに音楽を楽しむ」となると、さまざまな理由でそれがかなわない人が世の中にはたくさんいるはずです。そんな人たちのためにこれからも良い演奏活動を続けてくださることを願っています。

Dscn5805_2

子どもたちが18名、学生スタッフや職員が25名、南山城支援学校の先生が4名の参加でした。3名の保護者の方にも調理活動を中心にご協力を得られました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

紙コップとカタン

火曜日の夜は、むつみ会さんによる「学びの広場」です。

今日も見学者の方があり、保護者の方から切実なニーズをお聞きしながら、地域にあるさまざまな課題に気づかされています。「場」があるだけで、人が集まり、見えてくることがたくさんあります。

ところで、難しい話はさておき、多くの子どもたちは新しいことが大好きです。

Dsc_1937

今日は、大量の紙コップが積み上げられていました(そして豪快にぶち壊されていました)。何でも遊びになるものです。

Dsc_1938_2

そして、こちらでは「カタンの開拓者たち」がついに最後まで遊ばれました。ボードゲームの世界的傑作なのですが、ルールがなかなか理解できず、楽しむことができずにいました(子どもはルールがわかりにくいとすぐに遊びを離れます)。ひとりの子が辛抱強く説明書を読み込み、みんなに教えながら、ついに。

夏休みの宿題の「作文」にひどく苦労していた子もスタッフの懸命な努力によって無事に完成できたようですし、小さな変化がたくさん見られた夜でした。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

サマースクール6日目(レジャープール)

お盆明けの活動。8月18日のサマースクールはたっぷりとレジャープールでした。屋外かつ流水です。

朝からまさかの雨。京都市内や隣の木津川市には警報。でも、だんだんと雨雲は過ぎ去りそうです。行ってみることに決めて、この判断は結果的に大正解でした。ありがとう、Yahoo!天気の雨雲情報。

P8180005

学生リーダーは神谷くん(同志社大3)、サブリーダーは山岡さん(同志社大4)でした。新祝園駅に集合して、近鉄で出発します。

Dscn5643

目的地は「ファミリー公園前」駅。朝はダイヤが乱れていたのですが、子どもたちが集合するころには正常に戻っていました。

Dscn5635

日常は車移動が多く、電車にほとんど乗る機会のない子どももいるので、貴重な機会です。目的地までの駅名をすべて書いたものを見ながら見通しをもてるようにしたり、それぞれに工夫をして、

Dscn5650

ファミリー公園前駅に到着です。駅は少し古いですが、

P8180007

プールは昨年に改修されたところなの、ピカピカです。みんなで記念撮影。

Dscn5656

改修前は「裸足だと立っていられないくらい熱くなる」プールサイドでしたが、改修を終えて「裸足でもなんとか立っていられる」くらいになりました。着替えて、準備体操を終えて、

Dscn5688

待ちに待った流水プールです。朝に雨が降っていた影響もあるのでしょう。まだ人が少なく、ゆったりとしていました。

Dscn56692

プールサイドからでも子どもたちの笑顔がたくさん撮れます(ただ、どうしても被写体が小さくなりがちなので、拡大しています)。

Dscn56802

流水プールは流れに身を任せるだけでよい、というのもよいところ。

P8180039

子ども向けプールには、こんな遊具があって、

P8180042

巨大なバケツから大量の水が降ってきたり、水を人に向けて噴射できたりします。

P8180066

そして、当然に攻撃されるスタッフ。

P81800452

幼児のきょうだいも参加していました。小さなすべり台にもまだまだ不安げでかわいいです。

ファミリープールには大きなスライダーもあるのですが、今日参加の子どもたちはあまり強い興味をもっていませんでした。楽しみ方は人それぞれ。

Dscn5700

お昼ごはん休憩。海でもレジャープールでも、やけに具の少ない焼きそばがあんなに美味しそうに見えるのはなぜでしょう。

P8180079

日よけテントの中で仲良しのふたり。今日はずっといっしょに動いていました(でも、女子更衣室の出口まで行って待ちかまえるのはやりすぎだと思う)。

なお、テントは参加した家庭からお借りすることができました。もしなかったら、プールサイドとはいえ、直射日光がきつかったと思います。ありがとうございます。

Dscn56732

そして、午後からもまたプールへ。

Dscn57312

今春に卒業した元・学生スタッフが今日も来てくれていました。もう8月ですが、がんばれ、新社会人! いや、がんばらなくてもいいので、またリフレッシュに来てください。

Dscn5735

帰りも近鉄電車に揺られたみんなは、ほどよい疲れの中で家路につくのでした。今夜はきっとぐっすり眠れるでしょう。帰るのをしぶった子どもが予定していた電車に乗れないハプニングはありましたが、すぐ次の電車に乗れて、それも問題なしです。

Dscn56852

子どもたちの参加が16名、学生スタッフ・職員などが22名でした。朝のうちの雨はなんだったのだろうというくらいのプール日和でした。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

サマースクール5日目(コロッケ&スーパーボールづくり)

サマースクールも5日目。今日は、新しい取り組みの多い日でした。子どもたちが「コロッケ」づくりや「スーパーボール」づくりにチャレンジです。

P8150005

学生リーダーは田中さん(同志社女子大2)、サブリーダーは野尻くん(同志社大4)でした。場所はかしのき苑。

P8150007

ひとりひとり名前を呼ばれて、名札をもらってのスタートです。1年生にとっては、はじめてのサマースクール。楽しんでもらえるでしょうか。

P8150044

午前はコロッケづくりを中心とした調理活動です。本格的なコロッケづくりは子どもたちにとって少し難しい。やさしくアレンジした手順表を見ながら、進めていきます。

P8150033

ゆがいて皮をむいたじゃがいもをジップロックに投入して、

P8150032

チーズやコーンを混ぜて、

P8150039

ぐにぐにとつぶします。

Dscn55672

それに衣をつけて、表面を焼いていくコロッケです。

P8150054

焼き色がつくのを、じっと見つめる。

P8150055

単なるつけあわせのサラダをおしゃれに飾り付けようとする彼。まるでフレンチのシェフのようではないですか。

Dscn55652

大人が作ると、こんなふうに仕上がるのですが、

P8150059

子どもががんばって作ったものもとても愛らしいです。立体感があって、大きめのお皿に乗せると、ちょっと高級な料理っぽく見えなくもない。

Dscn55632

フルーツヨーグルト(ほとんど混ぜるだけの調理)といっしょにおいしくいただきました。

Dscn5579

午後は「スーパーボール」を作ります。部屋の中で力いっぱい投げると大変なことになる、あのよく跳ねるやつです。

P8150111

洗濯のりを使ってスーパーボールができるとは知りませんでした。ちょっと科学実験っぽくも見えますね。

Dscn5593

丸く成形しようと手のひらでコロコロする様子がなんだかかわいい。

Dscn5591

でも、きれいに丸くするのは、簡単なことじゃなかったようです。そう考えると「ボール」って、よくできてますね・・・。

Dscn5588

午後は時間がたっぷりあるので、プラバンづくりもしました。

P8150131

焼けてきれいに縮むかどうか、オーブントースターの前で緊張と期待を胸に待ち構えます。

Dscn5596

ノンタンの描かれたプラバンが、力学の教科書?をバックに撮影されているところに、サマースクールらしさが感じられました。ノンタンとエルゴード定理の対比。

Dscn5602

工作が終わったら、場所を大ホールに移動して、みんなでいくつかのゲーム。

Dscn56082

イラストを使ってする絵合わせビンゴは、お気に入りのキャラクターが自分の台紙に入っているとテンションが急上昇です。スプラトゥーンとかも加えられていました。このへんのセンスはさすが学生スタッフ。

この他にも巨大なキャタピラリレーや玉入れなど体を動かす遊びをしました。

Dscn5616

最後はいつものパラバルーンで締めて終了です。パラバルーンが宙を舞っていく瞬間を激写。今日のカメラマンの腕前が光る一枚。

P8150028

子どもたちの参加が17名。きょうだいでそれぞれ楽しんでくれているところも多かったです。学生スタッフなどが26名。職員1名でした。

お盆休みということもあって、少し前に大学を卒業した元・学生スタッフもちらほら姿を見せてくれていました。社会に出てからも、子どもたちを大切に思い続けてくれていることに心から感謝します。また、(学生が何かと不慣れな)調理をお手伝いくださった3名のお母さんも、ありがとうございました。

これでサマースクールは半分が終了(全10回)。マラソンで言えば、折り返し地点です。スタッフは気持ちを改めて引き締めつつ、子どもたちの夏休みを密度の濃いものにしていきましょう。子どもたちは体調に気をつけて、また元気な顔を見せてください。待っています。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

サマースクール4日目(プール&金魚釣りづくり)

今日のサマースクールは、待ちに待ったプール! 7月に授業や学校開放で行われるプールは、雷注意報の発令で中止になってしまうことがとても多く、ゆっくりのびのびとプールに入りたい子どもたちは、とても期待していたはずです。

P8130001

場所は、奈良市総合福祉センター。センターに屋内温水プールが併設されていて、「ならやまプール」などと呼ばれています。高の原駅からバスですぐです。

P8130007

学生リーダーは上野さん(同志社女子大2)、サブリーダーは池田さん(同志社女子大3)でした。プールに入る前の諸注意を終えて、

P8130009

準備体操をしたら、入水です。

P8130037

ならやまプールには、小さな子どもにも入りやすい浅めのプールと、

P8130050

通常の25メートルプールがあります。

P8130027

この日は、25メートルプールの半分くらいを貸し切り! 

P8130119

どこのレジャープールも人でごったがえす夏休み。その中でもこのお盆の時期に、周囲を気にせず、ゆったりプールに入れるなんて、とても贅沢ですよね。

P81300202

水の中に入ると子どもたちの表情も自然にほころびます。なぜかプールサイドの水たまりが好きな子。同じような好みを持つ子は他にもちらほらと。

P8130053

聴覚に過敏さがあって、ちょっとうるさくても、プールの心地よさが打ち消してくれているようです。「好きなこと」の持つ力って、すごい。

P81300652

カメラ目線で写真におさまってくれる子どもが多い日でもありました。

P8130078

最初は遊具なしで、子どもたちの遊びが単調になってきたら、面白そうなものをちょっとずつ投入していきます。

P8130099

浅いプールなら浮き板も安心して乗れます。

P8130108

いろいろ遊べるものを貸していただき、最後まで盛り上がりました。

Dscn5439

プールを終えたら、センターの会議室へと場所を移して、昼食です。みんなお弁当がおいしそう。

Dscn5477

午後のプログラムまでは、さらに別室を使い、おもちゃなどで遊びました。

Dscn5474

カメラを嫌がって顔を隠しているわけではなく、音の出る絵本に耳を澄ませているのです。

Dscn5475_2

おもちゃに没頭する子どもから相手にしてもらえなかったかわいそうなスタッフどうしが、おもちゃで遊ぶ姿もありました。こうした様子を見て、普段はあまり遊ばれないおもちゃにも子どもが興味をもってくれたらうれしい。

Dscn5464

そろそろ準備ができました。午後のプログラム開始です。

Dscn5495

午後は工作。「金魚つり」を作ります。

Dscn5493

花紙でマグネットをくるんだ金魚を釣ることのできるおもちゃです。

Dsc_0342

人が多く騒々しいのが苦手な彼には専用の個室を用意。混ざれるところだけ混ざればいいのです。焦らずにやっていきましょう。

Dsc_1915

色とりどりの金魚ができました。

Dscn55122

過去にも「魚釣りゲーム」は作ったことが何度かありますが、これまででいちばん操作がしやすく、子どもたちにとって遊びやすいものができていたように思います。せっかくおもちゃを作ったのに、遊んでもらえないのが一番さびしいですから、とてもうれしいです。

子どもたちの参加がきょうだいも含めて16名。学生スタッフとそら職員が計14名でした。ありがとうございました。次回は明後日です。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

お盆も関係なく

お盆ですが、「そら」は変わらず通常営業です。ヘルパーは外出の支援に出かけ、子どもたちはLibraで過ごし、学生スタッフはサマースクールの準備をしています。

土曜の夜はむつみ会さんが「学びの広場」をやっています。学童や部活を終えた小中学生はもちろん、進学してからも引き続き勉強に来ている高校生もいます(スタッフとして小中学生に勉強を教えてくれている高校生もいます)。また、専門学校等への受験のために勉強が必要な大人が来ていることもあります。

Dsc_1914

今日の学習前の腹ごしらえは、さっぱりした炊き込みご飯と旨みたっぷりの豚汁。

Dsc_1908

炊き込みご飯に入っていた梅干しや豚汁に入っていたじゃがいもは、地域の方から食材の提供を受けたものだそうです。みんなたくさんおかわりして、幸せそうでした。

Dsc_1909

食事を終えてからは勉強です。夏休みの宿題をみんな頑張っており、中学生が作文に悩んでいる様子が印象的でした。でも、今日は早めに切り上げて、ポップコーンづくり。

Dsc_1913

フレーバーにひと工夫して、のり塩、カレー、抹茶、チョコ。カルピスメロン味なんてのもありました。以前にも一度トライしていますが、そのときよりもみんな調理に慣れてきて、美味しく作れたようです。

毎週火曜日と土曜日に開設されていますが、次回の火曜日(15日)はお休みですので、参加者の皆さんはお間違えなく。良いお盆をお過ごしください。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

サマースクール3日目(豚丼&工作&ニコニコビクス)

気がつけば、子どもたちの夏休みは半分近くが過ぎました。でも、大学生の夏休みははじまったばかり。サマースクールはこれからが本番です。

8月9日はサマースクールの3日目「豚丼づくり&工作&ニコニコビクス」の活動日でした。様子をご報告しておきます。

Dscn51762

場所は、かしのき苑です。学生リーダーは神谷くん(同志社大3)、サブリーダーは岩佐さん(同志社大2)でした。

Dscn5180

呼名やテーマソングの合唱、スケジュールの説明などを終えたら、

Dscn5227

調理室に移動して、豚丼づくりの開始です。

P8090014

ものすごい速さで調理を進めて、調理開始からたったの10分後に食べ始めている子もいたりしますが(ゆっくり丁寧に活動する、というのもまた難しいことなのです)、

P8090013_2

玉ねぎを切っていくだけでも時間がかかることがほとんどです。涙だって出ます。

Dscn5247

切った玉ねぎと豚肉をすき焼きのたれで煮込んで、できあがり。

Dscn5219

みんなが取り組みやすく、失敗しにくい一方で、工程が少なく簡単すぎたかもしれません。早めのお昼ごはんになりました。

Dscn5270

それぞれが持参した白ごはんにかけて、完成です。

P8090040

おいしくいただきました。他にも載せたい写真がいっぱいあったのですが、この日はウェブサイトへの掲載NGの子どもが多く(特に小学生)、ややもったいないです…。「やっぱり掲載してもいい」という保護者の方はいつでもお知らせください。

Dscn5304

休憩時間をはさんで、午後のプログラムへ。

Dscn5352

午後はまず工作から。色水の入ったペットボトルがあらかじめ準備されています。

P8090071

その中に、さまざまな素材を入れたり、外側を飾り付けたりしました。ペットボトルをぐっと握ると、水圧の変化によって中の素材が浮き沈みして、楽しいです。

Dscn5397

夏らしく涼しげな工作でした。

P8090083

午後の後半は、大ホールに移動して、はじめての企画「ニコニコビクス」です。

Image2

「保護者も子どももいっしょに体を動かせるような活動がしたい」「一般のダンス教室では内容が難しすぎる」という声が子どもたちの家族から聞かれたため、エアロビクスのインストラクターをされているお母さんにお願いして、みんなに取り組みやすい「ニコニコビクス」を指導していただきました。ニコニコビクスの時間だけ参加する保護者やきょうだいの姿もありました。

Image4

シンプルな動きで内容を組み立てていただき、ステージ上でのお手本にも注目しやすく、多くの子どもがよく模倣して動いていたように思います。

P8090085

カメラの充電が切れて、ほとんど写真が撮れていないのが悔しいですが、「こんなに彼が積極的に参加するのか」とか「ダンス好きの彼女のはずなのに、これはお気に召さないのか」とか、たくさん発見がありました。子どもの強みも弱みもよく見える活動でした。ご指導いただいた浅見さん、ありがとうございました。

P8090067

参加者は、子どもが15名、スタッフが29名。南山城支援学校の先生にもご協力をいただきました。また、調理活動ということもあって、保護者の方も後片付けなどたくさん手伝ってくださっています。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

夏休みの夜

夏休みも週2回、精華町むつみ会さんが「学びの広場」を、Libraとcafeここらくで開設しています。

Dsc_1917

今年度からはじまった食事提供。さまざまなメニューを工夫されており、

Dsc_1913

この日はちらし寿司やそうめんなどで、とても涼しげ。地域の方から食材提供の申し出をいただくこともあるそうです。

Dsc_1914

食事が終わったら学習の時間なのですが、小学生は早めに学習を終えて、工作をしました。

Dsc_1911

写真では何かわかりませんが、底にはビー玉と輪ゴムが仕込まれていて、地面を走るおもちゃです。

Dsc_1912

夏休みらしさを感じられる夜でした。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

サマースクール2日目

今日は台風の接近に伴い、ほとんどの支援が中止になりました。子どもたちもご家族も家でゆっくりと過ごしておられるでしょうか。急な予定の変更に戸惑っている子どもがいないとよいのですが…。

昨日の活動報告です。8月6日(日)は、精華町サマースクールの2日目「ボウリング&カラオケに行こう」の日でした。障害をもつ子どもたちと学生スタッフとで出かけてきました。

P80600052

数日前から台風を心配していたのですが、このときはまだ南の海の上でした。JR祝園駅(近鉄新祝園駅)前のロータリーにみんな集合です。

P80600252

学生リーダーは五島さん(同志社大4)、サブリーダーは曾田くん(同志社大2)でした。スケジュールをみんなで確認してから出発します。

P8060052

近鉄より少しだけ安いJRで、京田辺まで。日常は車移動が多い子どもたちですが、電車でも落ち着いた様子です。

P80600592

みんなで新田辺駅前まで歩いていき、『ステーションボウル』に到着。

P8060062

サイズの合った靴を借りることからはじまります。

P8060067

基本的なルールを説明して、スタート。

P8060092

ボウリングの写真撮影はタイミングが難しいです。

P8060100

ボールがピンを倒すことを期待して注目できる喜び。

P80600912

2投目のために、戻ってくるボールを待つことの楽しさ。

P8060094

あとどれだけ投げたらゲームが終わるのか、を見通せる安心(投げるごとにシールを貼っています)。

多くの人にとっては簡単でも、子どもたちにとっては当たり前じゃないことがたくさんあります。だから、支援の工夫が求められます。

P8060085

ひと昔前はボールを転がす台を持参したりもしましたが、今はお店に用意されているようになりました。ボールを投げるのが難しい人みんなにとって必要でしょう。ボウリングのユニバーサルデザインです。

P80601172

ボウリングが終わったところからお昼ごはん。アルプラザやジョイフルで、それぞれ好きなものを。

P80601252

空き時間にLaQ。

P8060128

午後は『カラオケジョイ』へ。カラオケの活動のときは、高校生の参加が多い気がします。

Img_20170806_135913

順番に好きな歌を歌う(人の歌を聞く)というのも、なかなか難しいことです。スタッフがわかりやすく順番を示したり、好きな曲を事前にリサーチしておいたり。

Img_20170806_134924

デンモクが使える子もいます。画面をタッチして操作することに慣れている子どもたち。

Dscn5141

小学生が持つとマイクが大きいですね。

P80601512

帰りは近鉄電車で新祝園駅まで戻り、サマースクール二日目の終了です。子どもたち14名、学生スタッフなど22名、そら職員2名の参加でした。

南山城支援学校の先生も4名が来てくださり、子どもたちについて教えてくださいました。ご協力ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »