カテゴリー「 週末活動」の136件の記事

2018年3月24日 (土)

卒業

3月11日は南山城支援学校生の「卒業生を祝う会」でした。

高等部の卒業式が3月9日で、小中学部の卒業式が3月14日でしたので、その間に行なわれました。場所はかしのき苑です。

簡単にご報告しておきます。

Dscn6761

子ども、保護者、支援学校生など計120名ほどの参加でした。この数年は100名以上の参加が続いていましたが、その中でも最多と思います。

Dscn66202

お弁当を食べながら、高等部を卒業する子を祝いました。堂々とみんなの前で話してくれる子の姿も見られて、支援学校での長い月日を思い起こさせてくれます。学齢期のあいだにはみんないろいろありました。何事もなく、この日を迎えられた親子なんていません。

子どもたちでの活動に参加できるのは3月末までとなりますが、外出支援や生活全般にわたる相談などの支援はこれからも「そら」として続けていきますので、よろしくお願いします。

Dscn6723

さて、卒業生のお祝いと昼食を終えたら、ホールでビンゴなどして遊びます。

P3110090

今年は、子どもの顔写真ビンゴにしてみました。自分の顔や友達の顔が並んでいます。

Dscn6669

手をつないで輪になると、ホールの外周いっぱいになる規模。

Dscn6748

最後はおなじみのパラバルーンです。

写真はありませんが、子どもたちがホールで遊ぶあいだ、保護者は広間に残り、進路のことなど情報交換をしていました。

卒業後の選択肢は数として増えたものの、子どもと家族の暮らしの多様化にはまだまだついていけていないようです。あるいは、「この条件に合わせられないならば、ほかに行けばよい」と、事業所の立場が強くなったのかもしれません。時代の変化、で済ませてばかりはいられないとも思いました。

P3110116

午後からは大学を卒業するスタッフのお祝いです。今年の卒業生の進路は、小学校教諭、支援学校教諭、保育士、福祉施設職員、ゲームメーカー、大学院進学などでした。学部や学科はばらばらなのですが、子どもたちとの活動は少なからず進路選択に影響しただろうと思います。

Dscn6798

子どもたちからお祝いのプレゼントが渡され、

Dscn6808

スタッフからは「これからの活動に使ってください」と、キーボードやおもちゃなどがプレゼントされました。

春からの新生活をみんなが穏やかに迎えられることを願っています。社会人になってからも、気軽にまた活動に来てください(この日も、社会人スタッフがたくさん来ていました)。

ひとまずの節目として、在学中にたくさん力を貸してくれて、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

【お知らせ】

学生スタッフによるTwitterがはじまりました。フォローよろしくお願いします。

https://twitter.com/kids_sora

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

遅ればせながら、節分

2月18日に行なった節分企画の模様を、今さらですが報告しておきます。画像中心でお楽しみください。

Dscn6429

午前の部。学生リーダーは田中さん(同志社女子大 子ども学2)、サブリーダーは西田さん(同志社大 理工2)です。

P2180022

幼児~小4までの参加する午前は、節分にちなんだ工作が中心。

P2180024

Dscn6445

Dscn6456

Dscn6467

Dscn6470

P2180070

工作とおやつの後は、体を動かして遊びました。

P2180079

子ども7人(きょうだい含む)、スタッフ12人の参加でした。

Dscn6492

お昼をはさんで、午後の部。学生リーダーは岩佐さん(同志社大 文化情報2)、サブリーダーはプラットさん(同志社大 心理1)。考えてみれば、外国人の学生がリーダーをするのは長い「そら」の活動史上、はじめてだと思います。

P2180115

午後の参加は小5から高3まで。

P2180113

工作は、午前の部と同じです。

P2180121

Dscn6522

P2180129

P2180168

P2180137

Dsc_0520

午後のプログラムは少し時間も長め。ミニピザづくりもします。

Dscn6540

P2180171

Dscn65542

P2180206

最後はやっぱりパラバルーン。午後は、子どもが16名、スタッフが24名とにぎやかでした。

明日(9日)は、支援学校高等部の卒業式。小中学部は14日です。みんな、またひとつ、階段を上がります。

| | コメント (0)

2018年1月17日 (水)

冬の子どもたちギャラリー(1)

障害をもつ子どもたちと学生たちの活動記事をしばらく更新できていないので、せめて写真だけでもみんなの楽しそうな様子をお伝えておきます。

12月10日(日)「あわてんぼうのクリスマス会」の様子をどうぞ。午前と午後の二部制です。

Dscn6936

Pc100034

Pc100051

Pc100049

Dscn6891

Dscn6896

Pc100031

Pc100072

Dscn6923

Dscn6935

Dscn6938

Pc1001062

Pc100130

Pc100159

Pc100125

Dscn7015

Dscn7025

Dscn7023

Pc100200

Pc100225

Pc100233

Pc100227

Dsc_0104

Pc100289

Pc100293

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

どこでやろうかBBQ

10月15日に竜王子どもの王国にて、支援学校生とBBQをしました!と報告をしたいところだったのですが、数日前から雨の予報。前日の時点で、もう確実に雨。

子どもの王国の調理場には屋根があるものの、食事をとる場所には屋根がないのです。50人以上が参加する企画のため、調理場で全員が食事するのも難しく、野外BBQは断念せざるを得ませんでした。

数年前なら企画自体を中止にするところですが、今の「そら」には拠点である「ほうその共生ビル」があります。1~3階までの全フロアを使って、食事だけでも楽しむことにしました。

Pa150040

大幅な予定変更にも対応した学生リーダーは松本さん(同志社大3)、サブリーダーは安野さん(同志社大2)でした。朝の会は、ほうその共生ビル3階にて。

Pa150091

事務所前の何もないスペースが役に立ちました。

インスタ映えするぐらいの写真でBBQの様子を報告したいのですが、あまり写真が残っていません。撮影する余裕がなかったことに加えて、ウェブ掲載不許可の子も多く、かなり断片的になります(以下には載ってませんが、ちょっとしたゲームやパラバルーンもしたのです…)。

Dscn6637

彼は2階のLibra内でカレーづくりのお手伝い。

Pa150057

できたカレーとBBQを3階で食べる子どもたち。

Dsc_00122

書き忘れていましたが、この日は親子参加です。一家そろって参加してくれたところもありました。パパの参加はとてもうれしい。

Dsc_00072

幼児さんには焼きとうもろこしが大きく見えます。

Dsc_00082

キャンプ場とはまったく違う雰囲気ですが、これはこれで非日常の体験を楽しめているのかもしれません。

Dsc_00032

彼はLibraの食堂スペースでの食事。なかなかよい表情です。

Pa150053

もちろん1階のCafeここらくも貸していただきました。キッズスペースも役立ちます。

Pa150064

カフェスペースで紙皿を使ってBBQを食べているのは少し不思議な感じもします。

Pa150081

調理はお母さんたちが頑張ってくださいました。感謝をこめて1。

Pa150083

感謝をこめて2。

Dscn6653

13家族28人と学生スタッフ22人、職員2人、支援学校の先生1人の参加でした。1回生スタッフが4人参加してくれたのもうれしかったです。

急な活動場所の変更や不足した調理器具の持参にも皆さん快く応じてくださってありがとうございました。来年は天候のよいときに青空の下でできるとよいですね。

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

十五夜企画

9月24日(日)に「ぺったんぺったん♪おもちつき」という活動をしました。そうはいっても、実際におもちをつくわけではなく、十五夜にちなんだ企画です。精華町の子育て支援課から委託を受けているレクリエーション活動の今年度3回目になります。

実施から1か月近くも経過してしまい、とても間が抜けていますが、様子をご報告させてください。

P9240046

学生リーダーは岩佐さん(同志社大2)、サブリーダーは神谷くん(同志社大3)でした。場所はむくのきセンターです。

Dscn6442

午前の部は、幼児~小学4年生の参加。まずは工作から。

Dscn6450

紙皿を使って、うさぎが交互にお餅つきをするおもちゃを作ります。

Dscn6464

画像では伝わりにくいですね。半分に切った紙皿が互い違いに動くことで、うさぎが餅をつくのです。

P9240039

幼児のきょうだいの参加が多い午前の部でした。なかなかの完成度。

Dscn6476

工作の後、おやつを食べ、体を動かします。バランスボール。

P9240051

エビカニクス。

Dscn6492

カニによる攻撃。

Dscn6502

十五夜にちなんだ読み聞かせもありました。

Dscn6509

イスが高すぎますが、みんなよく集中できています。

P9240066

最後はいつものパラバルーン。午前の部は、子ども7名、学生スタッフ11名、職員2名でした。

P9240088
午後の部は、学生リーダー池田さん(同志社女子大3)、サブリーダー早川さん(同志社大2)でした。参加者は小学5年から高校3年までです。

P9240102

午後の部は調理活動を含みます。今回はクッキーづくり。

P9240108

材料を混ぜて生地をつくり、型を抜いて、クッキングシートを敷いたフライパンで焼きます。

P9240111

相変わらず縦向きの画像が掲載できずにごめんなさい……。

P9240135

かわいいクッキーがたくさんできました。

P9240137

すっきりした笑顔が撮れています。

Dscn6521

工作もしています。

Dscn6514

内容は午前と同じものなのですが、そこは高学年。

Dscn6556

創意工夫の幅が広がります。2色に塗り分けました。

Dscn6559

一方、彼は見本を忠実に再現。

Dscn6548

そして、工作が大得意の彼はエビカニクス用のグッズを自作していました。

P9240143

午後は子どもの参加が18人、学生スタッフ19人、職員2名でした。学校祭や運動会が前後にあって、調子を崩す子どもが出やすい時期でもありましたが、みんな楽しい日曜日を過ごせたようです。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

七夕企画をしました&サマースクールスタッフ募集中

子どもたちの夏休みが近づいてきました。サマースクールの開校も間もなくです。

7月9日(日)に、七夕企画「ほしにねがいを♪ 笹飾りづくり」を行いました。精華町の子育て支援課から委託を受けている事業の今年度2回目です。学生たちと障害をもつ子どもたちがいっしょに活動します。今回はその報告をご覧ください。

P70900102

午前の部は小学4年生までの参加。場所はむくのきセンター。学生リーダーは池田さん(同志社女子大3)、サブリーダーは上野さん(同志社女子大2)でした。一日の予定を見やすくわかりやすく説明してからの活動開始です。

P70900262

毎年この時期は梅雨や七夕にちなんだ工作をしています。手順書を見ながら、工程を進めていく子どもたち。

P70900162

小学生よりもさらにひとまわり小さなきょうだいも参加していました。

P7090061

できあがった作品を持ってダブルピース。

P70900462

裏返ってはいますが、作品を見せてくれました。

P7090083

おやつをはさんで、もう少し遊びます。

P7090090

休憩時間にはおもちゃで遊ぶ姿も。

P70901072

体を動かしてする遊びにも、今回は少し変化をつけていました。ブロックの上を渡ってみたり、

P70901212

エビカニクスを踊ってみたり。

Dscn48032

最後はパラバルーンで締めます。午前は子ども5名の参加とやや少なめでした。

Dscn4809

午後の部は、小学5年から高校3年まで。学生リーダーは松本さん(同志社大3)、サブリーダーは田中さん(同志社女子大2)です。

Dscn4811

午後は少し活動時間が長くなっていますが、こちらもまずは七夕にちなんだ工作です。笹飾りづくり。

Dscn4837

天の川に願い事をかけていきます。

Dscn4835

みんなの願いがかないますように。

Dscn4856

工作の後は、調理室に移動して調理活動です。

Dscn4860_3

こんなデザートを作りました(このブログを更新しているパソコンが壊れて、新しいものに変わったのですが、そのためか画像が縦になってくれません…)。

Dscn4851

暑い季節のおやつは、ひんやりしたものがうれしいですね。おいしくいただきました。

Dscn4861

午後の部は子ども13名、学生スタッフ22名、職員2名の参加でした。

これで夏休み前に学生と子どもたちで行う活動はすべて終わり。次は、いよいよサマースクールです。とはいえ、学生の試験期間が年々遅くなっているので、7月は1回のみ。ほとんどが8月の活動です。

参加したい学生はまだまだ受付をしていますので、そら事務局(nposora2003@yahoo.co.jp)まで、どうぞ連絡ください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

6月はカレー(2)&サマースクール学生スタッフ募集中

6月25日に、学生スタッフと障害をもつ子どもたちで「カレー作り&工作」の活動をしました。サマースクールのスタッフを募集中ですので、「活動はこんな雰囲気ですよ」と知ってもらうためにも報告しておきます。

P6250001

この日の活動場所は地域福祉センターかしのき苑(新祝園駅からコミュニティバスで8分)でした。まだ新しいスタッフが多いので、朝のうちにアイスブレークをして、打ち解けてから子どもたちを迎え入れます。

Dscn4616

学生リーダーは池田さん(同志社女子大3)、サブリーダーは曾田くん(同志社大2)でした。子どもたちは12名、学生スタッフは21名での活動。南山城支援学校から、先生も5名協力してくださいました。ありがとうございます。

P6250028

子どもたちにもスタッフにも取り組みやすいカレーづくりです。

P6250022

写真入りの手順書を見ながら、できるだけ自分の力で、難しいところはスタッフにサポートされながら調理をしていきます。

Dscn4485

おいしそうにできてきました。

Dscn4491

持参した白ごはんにアツアツのカレーをかけて、完成です。

P62500962

子どもといっしょに作ったカレーはスタッフもいただきます。

P62501012

子どもたちのきょうだいの参加もありました。いっしょに楽しんでもらえるとうれしいです。

P62501372

食後は、工作。季節感をいつも大事にしています。今回は「梅雨」らしい内容。

P6250151

こんなかたつむりや、

P6250156

こんなあじさいができました。

Dscn4588

かたつむりのほうはおもちゃにもなるのです。

Dscn4607

写真のネット上での掲載はご家族によってさまざまな思いがあるので、許可をいただいている子どものみ載せています。本当はもっともっとたくさんの子どもたちの笑顔があるので、夏休みに新しい体験をしたいと考えている学生は、どうぞ「サマースクール」に参加してみてください。個性豊かな子どもたちと、その個性を楽しんでいる学生スタッフたちが待っています。

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

新入生歓迎会をしました

4月23日は、支援学校生親の会による「新入生歓迎会」でした。

小学部の新入生3名と高等部の新入生1名(と在校生たくさん)が参加してくれました。場所は地域福祉センターかしのき苑です。

今年も京都教育大付属高校の合唱部の皆さんが来てくださり、子どもたちの注目を引き付ける歌声を披露してくださいました。ありがとうございました。

新人学生スタッフの参加は、次回のレクリエーションからになります。お楽しみに。

Dscn4007

Dsc_1754

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

卒業生を祝う会をしました

3月5日(日)に、南山城支援学校の卒業生を祝う会をしました。場所は地域福祉センターかしのき苑で、主催は支援学校生親の会です。

Cimg3327

子どもと保護者、スタッフを合わせると、102名。交流広間がいっぱいになりました。

Cimg3324

全体に「人の話を聞く」時間が長くなるため、子どもたちの集中を保つのは大変です。お弁当やおやつを食べながら企画を進めていきます。

Cimg3334

今年の卒業生(高等部)は4名。それぞれ支援学校の在籍期間も「そら」との関わりもいろいろで、12年間を通じた子どもの成長や暮らしの変化が感じられます。

Dscn3603

彼女も、

Dscn3608

彼女も、12年間を駆け抜けました。おめでとうございます。

Cimg3352

第一部を終えると、子どもたちはお母さんたちから離れて、遊びます。

Cimg3354

音楽に合わせて踊ったり、

Cimg3358

簡単なゲームをして部屋をまわったり、

Cimg3364

チェキで記念撮影をして、

Cimg3369

それを飾り付けたりしました。

Dscn3562

かしのき苑のホールが改修工事中なので、できる活動が限られます。どうにか工夫して過ごせました。

Dscn3574

第二部の開始。大学を卒業する学生スタッフのお祝いに移ります。

Dscn3580

たくさんの時間をいっしょに過ごした子どもたちからのプレゼント。

Dscn3592

みんな4年を振り返って、思いのこもったスピーチをしてくれました。それぞれに進む道は違いますが、子どもたちと過ごし、活動をみんなで作ってきた経験がこれからの人生に活かされることを願っています。

親の会の皆さんからも学生たちにあたたかい言葉をたくさんいただきました。ありがとうございました。

Dscn3617

企画の終了後は、新年度の学生スタッフ募集のためにポスター作成です。4月からの活動に向けて、もう動き出しています。

Dsc_1670

そして、夜は学生ばかりの追いコン。40名くらいの参加でした。新たな出発とはいえ、姿が見られなくなることへの寂しさはあります。大学は卒業ですが、いつでもまた子どもたちの成長を見に来てほしいです。みんな待っています。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

たなばた企画をしました

7月3日(日)は「キラキラたなばた☆おもいでづくり」と題して、障害をもつ子どもたち向けのレクリエーション事業を行いました。町の子育て支援課から委託を受けている事業の今年度2回目です。

以下、写真とともにご報告です。場所はむくのきセンター。

Cimg1320

午前の部は、小学4年生までの参加。学生リーダーは柳田さん(佛教大3)、サブリーダーは神谷くん(同志社大2)でした。

Cimg1330

今年の工作はアルバムづくりです。

Dscn1636

しっかりとカメラ目線で作品といっしょにおさまりました。

Dscn1663

午前の部は工作とおやつの後、体を動かして遊びます。

Cimg1338

ちいさなきょうだいも楽しく参加していました。

Dscn1666

子どもたちの参加が6名、学生スタッフ15名、職員2名のこじんまりとした活動でした。低学年と高学年の人数にばらつきがあるため、午前の参加者が最近は少なくなっています。パラバルーンもゆったりです。

Dscn1718

午後からは小学5年生から高校3年生までの参加。学生リーダーは南さん(同志社大4)、サブリーダーは松本さん(同志社大2)でした。

Dscn1682

午後も工作はアルバムづくりです。

Dscn1701

Tシャツの殺せんせーも見守ってくれています。

Dscn1697

完成!

Dscn1695

デジカメとパソコンの時代になって、アルバムをあまり見なくなった気がします。手元で紙をめくりながら見るアルバムも良いものです。

Cimg1372

午後は少し時間が長めの設定。工作に加えて、パフェづくりもします。

Cimg1384

さすがは高学年の安定した手さばき。

Cimg1376

小さくしか見えていませんが、果物やアイスがちゃんと層になっています。

Cimg1368

おいしくいただきました。

Cimg1378

皿洗いだってきちんとするのが高学年。

午前とはうってかわって、午後は子ども20名、学生スタッフ25名、職員2名と多くの参加がありました。ありがとうございました。夏休み前の集団での活動はこれで最後。次はいよいよサマースクールです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧